日々生活をする中で、水道光熱費や各種保険料、スマートフォンやインターネットなどの通信料といった様々な固定費がかかります。こうした固定費を見直すことが家計のスリム化に繋がりますが、人々はどのような行動をとっているのでしょうか。

家計の中で高いと感じる固定費も、見直したい固定費も通信費がランクイン

株式会社ALL CONNECTが、新生活のタイミングで見直しを行いたい家計の固定費に関する調査を実施。家計の中で高いと感じる固定費は何か問うと「スマートフォン・携帯電話通信費」が最多で50.6%、「電気代」が46.9%、「インターネット回線通信費」が43%という結果となりました。

また、家計の中で見直したい固定費については「スマートフォン・携帯電話通信費」が47.5%、「インターネット回線通信費」が39.8%という結果に。

「インターネット回線通信費」が、「家計の中で高いと感じる固定費」でランクインしていた「電気代」よりも上位にランクインする結果となり、通信費に対して多くの関心が集まっていることが明らかになりました。

出典:株式会社ALL CONNECT「新生活のタイミングに見直したい家計の固定費に関する調査」

通信費を見直したいものの、8割以上の人が「すぐに行動に移す予定なし」

一方「インターネット回線通信費」の見直しを行いたいと思っている人に対し、行動に起こす予定について質問をしたところ、8割を超える人が「将来的に契約を見直したい」と、すぐには行動を移す予定がないことを伺わせました。

出典:株式会社ALL CONNECT「新生活のタイミングに見直したい家計の固定費に関する調査」

解約金や乗り換えにともなう初期費用など「見えない支出」がネック

インターネット回線を見直したいものの、実際に見直すために行動はしていない人に対し、その理由を質問したところ、4割以上の人が「解約費用の発生」を、3割を超える人が「乗り換えにともなう初期費用の発生」を懸念していることが明らかとなりました。見直すために追加費用が発生するような見えない支出が、見直し行動の足かせになっていることが明らかになりました。

出典:株式会社ALL CONNECT「新生活のタイミングに見直したい家計の固定費に関する調査」

インターネット回線契約のきっかけは「更新のタイミング」

インターネット回線を見直したいと考えている人に対し、回線契約時のきっかけを質問したところ「更新のタイミング」が42.1%と最も多い結果となりました。違約金の発生を避けるために更新のタイミングで再契約をはかる消費者行動と推察でき、業界主導の契約形態によりネット選択時期が限定化されていると考えられます。また、「引っ越しなど生活環境の変化」も33.7%で上位に挙がり、春の新生活に向けてインターネット回線を見直す人が増えそうな結果となりました。

出典:株式会社ALL CONNECT「新生活のタイミングに見直したい家計の固定費に関する調査」

まとめ

コロナ禍により家で過ごす時間が増え、インターネットの通信費が嵩みがちです。経済ジャーナリストの荻原博子氏は「利用者は、目先のキャッシュバックなどに釣られず、必要なオプションを見極める。違約金や初期費用などの見えづらい支出である『隠れ負債』の存在をしっかり把握する。また、悪質な業者も出てきているようなので、業者を見極めることも大切です」と語っています。これを機に、インターネットの通信費に無駄がないか、見直してみてはいかがでしょうか。

【調査概要】
「新生活のタイミングに見直したい家計の固定費に関する調査」
調査対象:日本全国に在住の20~59歳男女で現在インターネット回線新規契約または乗り換え意向者(SCR調査対象者19,054名、本調査1,000名)
調査方法:インターネット定量調査
実施期間:2021年2月18日~2月19日/2月19日~2月21日
実施機関:株式会社ALL CONNECT

ニュース提供元:PRTIMES
情報提供元:株式会社ALL CONNECT

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事