テレワークという働き方が急速に広まり、在宅勤務に切り替える人、オフィス勤務とテレワーク・リモートワークを使い分ける「ハイブリッドワーク」を実行する人、個人作業は在宅で行うようになった人など、個々の状況に応じた働き方をする人が増えています。
一方、在宅勤務で問題になりがちなのが、自宅のインターネット回線。環境によってはテレビ会議の最中にフリーズしたり、ファイルの送信中に切断してしまったりといった問題も起きているようです。

半数以上の人が「光回線+Wi-Fi」を利用

株式会社LASSICが運営するWEBメディア「テレワーク・リモートワーク総合研究所(テレリモ総研)」が、テレワークの「インターネット環境」に関するアンケート結果を公表。現在テレワーク中の人に、利用中のインターネット回線を聞きました。

出典:テレリモ総研「テレワークのインターネット環境に関する調査」

利用者が圧倒的に多かったのは「光回線+Wi-Fi」で、50.79%を占めました。家庭用の光回線は一軒家に向けたサービスはもちろんのこと「マンションタイプ」と呼ばれる集合住宅向けサービスも含め、家電量販店などで簡単に契約することができます。また、Wi-Fiを飛ばすためのルーターがセットになっている場合も多いことから今回の結果につながっていると思われます。

使い方によってはスマートフォンの通信量を節約できたり、タブレットやノートパソコンを接続して家庭内のどこからでもインターネットが利用できたりとメリットも多いため、在宅勤務を始める前から導入していたという人も多いのではないでしょうか。

高速回線を安定的に利用しやすい「光回線+LANケーブル」

続いて利用者が多かったのが「光回線+LANケーブル」。在宅勤務にかかわらず、すでにパソコンを所持している場合は家庭用に回線を引いていることが多いのではないでしょうか。前述したようにWi-Fi用のルーターがサービスに含まれていることがある一方、あえてLANケーブルをパソコンにつないで作業をするという人も多いようです。

LANケーブルをつなぐ場合、Wi-Fiと比較して行動範囲がどうしても狭くなってしまいますが「電波の混線が少ない」「データのやりとりが安定する」などといったメリットがあり、高速回線を安定的に利用したいという人から支持されているようです。

「Wi-Fiルーター」はデータ量の制限に注意

在宅勤務になってインターネット回線が必要になったけれども、「回線工事の日程調整や立ち合いが面倒」という声も聞かれます。その点、工事なしで使用できる手軽さからか、ドコモやau、ソフトバンクなどの「Wi-Fiルーター」を使用している人が約2割にのぼりました。

携帯電話と同じキャリアのサービスを契約することで割引が受けられるなど、お得なプランが用意されていることも特徴ですが、1日に使用できるデータ量に制限がついている場合もあるため、業務上インターネット回線の利用頻度が高い人は注意が必要です。

一部地域では重宝されている「ADSL」

「ADSL」とは、光回線とは異なり、電話回線を利用した高速インターネット回線のことを指します。前述の光回線や、Wi-Fiルーターをはじめとしたモバイル回線の普及により、存在を耳にすることは少なくなりましたが、光回線の届かない地域もあります。そういった地域においては広いエリアで使えるADSLが重宝されていることもあるようです。

インターネット回線を引いていなければ「スマートフォン(4G)」

家庭にインターネット回線を引いていない場合「スマートフォン(4G)」の利用が便利です。パソコンを使用せずにスマホアプリを用いてテレビ会議を行えますし、パソコンを使う場合も、スマートフォンやタブレットをルーターとして利用する「テザリング」で4G回線に接続できます。普段から使用している回線を使うため、最もお手軽な方法と言えますが、データ通信量が多くなってしまうと、通信制限までの容量(いわゆる「ギガ」)をあっという間に消費してしまう場合もあるようです。

これから需要が増えそうな「スマートフォン(5G)」

いよいよサービスを開始した第5世代移動通信システム「スマートフォン(5G)」。モバイル通信用回線でありながら、家庭用の通信速度に迫る高速回線ということで、様々な可能性が期待されています。5Gのサービスは始まったばかりのため、今回の調査では1%未満でしたが、数年後には割合が大きく変動している可能性もあるかもしれません。

まとめ

多くの人にとって、オフィスで行っていた業務を自宅で行うにあたり、インターネット環境の整備が欠かせません。業務効率を上げ、快適に仕事を最大化したいのであれば、高速回線の導入が現実的でしょう。「回線が遅い」と感じている人は、これを機にインターネット回線を見直してみてはいかがでしょうか。

【調査概要】
「テレワークのインターネット環境に関する調査」
調査対象:全国20歳〜65歳のテレワーク/リモートワークを経験したことがあるワーキングパーソン男女1,077名
調査方法:インターネット調査
実施期間:2020年9月1日~2020年9月4日
実施機関:株式会社LASSIC

ニュース提供元:PRTIMES
情報提供元:テレワーク・リモートワーク総合研究所(テレリモ総研)

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事