コロナ禍に入り、在宅時間が増えたことで、各家庭から出るごみの量も増えているのではないでしょうか。自治体によっては、家庭用のゴミの量が増えすぎて回収に時間がかかっていたり、持ち込みの粗大ごみが増えていたりするところもあるようです。

コロナ禍に入り、半数以上の家庭でごみが増加

そこで、日本トレンドリサーチが「ごみ」に関するアンケートを実施。家庭ごみを減らすために、全国の皆さんがどのようなことをしているか聞きました。まず、コロナ禍に入って在宅時間が増えたか問うと、「とても増えた」が28.3%、「やや増えた」が37.2%という結果で、合計すると65.5%の人の在宅時間が「増えた」ことが分かりました。

出典:日本トレンドリサーチ「ごみに関するアンケート」

在宅時間の増加にともない、家庭ごみの量はどのように変化したのでしょうか。

出典:日本トレンドリサーチ「ごみに関するアンケート」

家庭ごみの量が「とても増えた」人が10.8%、「やや増えた」人が39.5%で、合計すると50.3%の人が、家庭ごみの量が「増えた」と回答しています。

家庭ごみが増えた理由もさまざま

「増えた」人と「減った」人、それぞれの回答理由についても聞きました。

「とても増えた」「やや増えた」理由としては

・なるべく出掛けないように、食料品を買いだめしていた。(40代・女性)
・家での食事が多くなって外食が減ったから。ストレスでお菓子を沢山食べるようになったから。(10代・女性)
・空き缶が増えた。ビールをよく飲むようになった。(40代・男性)
・テイクアウトやデリバリーの食事で出たパッケージゴミ、ネットショッピングの包装・梱包ゴミが増えたから。(50代・男性)
・テイクアウトで食事する際の、容器などのゴミが増えた。(30代・女性)

といった飲食がらみのごみが圧倒的に多く

・マスクや消毒剤の空き瓶が増えた。(80代・男性)
・家にいることでティッシュの使用量が増えた。部屋の掃除を小まめにすることでごみが増えた。(20代・女性)

といった回答もありました。

「とても減った」「やや減った」理由としては

・買物に行くのを減らしているので、あるもので何とか生活しています。結果、新しいものを購入する機会が減ってゴミの削減とお金の節約両方ができているように思えます。(50代・女性)
・コロナ禍によって、買い物を最低限にしているため、余分なものを買わなくなり、ごみも減りました。(50代・男性)
・ボトル類を買う機会が減ったから。(40代・男性)
・節約しているため。(50代・女性)

と買い物する機会の減少による結果とする声が多く

・お友達が遊びに来なくなり、ホームパーティーもしなくなってしまったから。(50代・女性)
・時間にゆとりが出来て自炊でまとめて料理を作る機会が増えた結果、弁当や惣菜やペット
ごみの管理が行き届くようになった。(60代・男性)

といった回答もありました。

家庭ごみを減らすため、ごみはできるだけ出さず包装は最小限に

最後に「家庭ごみを減らすためにおこなっていること」についても聞いてみました。

・かさ張るお菓子の中のプラスチックトレイなどをハサミで切って小さくして捨てたり、ペットボトルは足で踏み圧縮したりしてレジ袋に集めておく。(50代・男性)
・卵パックを捨てる時に、熱湯をかけて縮める。(20代・女性)
・ゴミを小さくちぎって、かさばらないように捨てる。(30代・女性)
・生ごみの水切りをするようになった。(60代・女性)

など、ごみをできるだけコンパクトにまとめる工夫や

・残飯を出さない。(30代・女性)
・数年前から、生ごみを極力堆肥化して家庭菜園畑に持っていっている。(70代・男性)
・野菜類、果物の皮も料理法を工夫してつくだ煮やふりかけ、ジャムなどに加工してなるだけ
食べられる量だけ作り、材料は多めに買わない。(50代・女性)

など、そもそもごみを出さないようにするという声

・お店で購入する際、エコバック持参したり、過剰包装してもらわずお買い上げシールを貼ってもらうだけにしたりしている。(40代・女性)
・過剰包装されているようなものを買わないか、個別包装を断るようにしている。(40代・男性)
・トレーやペットボトルなど、スーパーのリサイクル回収ボックスを利用する。(30代・女性)
・シャンプーなどは詰め替えのものを買う。(10代・女性)

といった、包装に関するごみを減らす工夫も多く挙がりました。

まとめ

今回の調査結果では、コロナ禍による在宅時間の増加で家庭ごみが増加している家庭が多いことが分かるとともに、家庭ごみを減らすために様々な工夫をしていることも明らかになりました。一人ひとりが小さな心がけを積み重ね、家庭ごみを減らせるよう、心がけたいものですね。

【調査概要】
「ごみに関するアンケート」
調査対象:全国の男女計2,800名
調査方法:インターネットでのアンケート
実施期間:2021年2月10日~2月18日
実施機関:日本トレンドリサーチ

ニュース提供元:PRTIMES
情報提供元:日本トレンドリサーチ

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事