2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちの暮らしが大きく変化しました。新しい生活様式が求められる中で、休暇にどこで、何をして過ごすべきか、考えさせられた人が多いのではないでしょうか。

日本人が有休休暇を十分に取らない理由は「緊急時のために温存」

エクスペディアが「有給休暇の国際比較調査」を、世界16地域を対象に実施。2020年の有給休暇取得日数を調査したところ、世界的に例年と比較して少ないことが明らかになりました。その理由として、世界的には「新型コロナウイルスの影響でどこにも旅行できない」という回答が最も多く33%を占めました。

出典:エクスペディア「有給休暇の国際比較調査」

一方で、日本では「緊急時のために取っておく」と回答した人が30%と最も多く、次いで「人手不足など仕事の都合上難しい」が22%という結果に。これは2019年と同様の結果でした。

出典:エクスペディア「有給休暇の国際比較調査」

日本人の4人に3人が直近の休暇で外出を自粛

2020年、コロナ禍に取得した有給休暇は、どのように過ごしているのでしょうか。直近で取得した休暇の際、「どこにも行かずに家で過ごした」という人の割合を各国で調べたところ、その割合が最も高かったのは日本で、75%を占める結果に。次いで香港が58%、ドイツが52%、フランスが52%、メキシコが48%と続き、直近の休暇におけるステイホーム率は、日本が世界で最も高い結果となりました。日本人の休暇取得日数は例年とあまり変わらないものの、多くの人が感染しないように外出を控えていたことがうかがえます。

出典:エクスペディア「有給休暇の国際比較調査」

休暇を自宅で過ごした日本人が多かったことが分かりましたが、休暇中には何をしていたのでしょうか。調査した結果「動画配信サービスの番組や映画を見る」という人が32%と最も多く、以下「ゲームをする」「料理をする」「読書をする」といった回答が挙がりました。家の中でできる楽しみを見つけることで、2020年の休暇を楽しんでいた様子がうかがえます。

出典:エクスペディア「有給休暇の国際比較調査」

まとめ

今回の調査結果により、日本人の多くが休暇中であっても遠出をせずに家で過ごし、新型コロナウイルスの感染拡大に配慮していたことが分かりました。2021年もステイホームを心がける日々が続いていますが、自宅で過ごす楽しみを見出しつつ、この局面を乗り切りたいですね。

【調査概要】
「有給休暇の国際比較調査」
調査対象:日本、アメリカ、カナダ、メキシコ、フランス、ドイツ、イタリア、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、香港、マレーシア、シンガポール、韓国、タイ、台湾の計9,200名
調査方法:インターネットリサーチ
実施期間:2020年11月18日~12月9日
実施機関:エクスペディア(Expedia)

ニュース提供元:PRTIMES
情報提供元:エクスペディア(Expedia)

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事