鍋料理などの調理用や防災対策、アウトドアでの調理など、さまざまな用途で使用されている「カセットコンロ」。一家に一台あると何かと重宝しますが、いつ頃に購入したカセットコンロか覚えていますか? カセットコンロには耐用年数がありますが、みなさんは何年程度使用しているのでしょうか。

約5人に1人が、購入から10年以上経過したカセットコンロを使用

一般社団法人 日本ガス石油機器工業会が、カセットコンロの使用実態調査を実施。「自宅のカセットコンロの購入時期」を聞いたところ、23%と約5人に1人が「10年以上前」と回答しました。

しかし、カセットコンロは、製造から10年以上が経過すると、経年劣化によりガス漏れなどの事故につながるリスクが高まります。「購入が10年以上前」ということは、必然的に「製造も10年以上前」ということになるため、約5人に1人は事故のリスクが高いカセットコンロを使用していることになります。

特に「50代」および「60~70代」の中高年世代は、31%の人が製造・購入から10年以上が経過した「10年こんろ」を使用。また、16%の人が購入時期は「わからない」と回答しており、知らず知らずのうちに「10年こんろ」を使っている人がいる可能性も示唆されました。

出典:一般社団法人 日本ガス石油機器工業会「『カセットこんろ』使用実態調査」

7割以上の人が、カセットコンロの製造年を確認せず

カセットこんろを「購入した年」と「実際に製造された年」は必ずしも同じとは限りません。「購入」からは10年未満だとしても、「製造」からは10年以上が経過していることも考えられるため、安全に使用するうえでは、カセットコンロの本体側面に貼られている銘板シールで製造年を確認する必要があります。

しかし、自宅のカセットコンロの製造年を確認したことがあるか聞くと、「確認したことがあり製造年を覚えている」人はわずか5%という結果に。73%と大多数の人が「確認したこと自体ない」と答えているほか、確認していても「製造年を覚えていない」人が22%と約5人に1人にのぼりました。

また、「あなたの実家には、製造年から10年以上経過したカセットコンロがありますか?」と聞いた質問でも、30%と約3人に1人が「ある(または、ある可能性が高い)」、35%が「わからない」と回答しています。自分の家のカセットコンロが製造から10年経っていなくても、親が住んでいる実家には「10年こんろ」が残っている人も、少なくないのではないでしょうか。

出典:一般社団法人 日本ガス石油機器工業会「『カセットこんろ』使用実態調査」

カセットコンロは10年で買い替え「知らなかった」ユーザーが約9割

製造から10年以上経過したカセットコンロは、経年劣化により事故につながる危険性が高まります。そのことについて87%の人が「知らなかった」と回答。

また、日本ガス石油機器工業会では、「経年劣化」によるカセットコンロの事故を防ぐために、買い替えの目安を「約10年」と定めていますが、この「買い替えの目安」を知らなかった人も90%にのぼりました。「10年こんろ」の危険性や、買い替えのタイミングを認識しているカセットコンロユーザーは極めて少ないと言えそうです。

出典:一般社団法人 日本ガス石油機器工業会「『カセットこんろ』使用実態調査」

カセットボンベの使用期限は「7年」! 捨てる際に必ず「振って」確認を

カセットコンロを使用する際に欠かせない「カセットボンベ」も、製造年から一定期間が経つと「経年劣化」により事故につながるリスクが高まります。そこで、カセットボンベの製造年を確認しているか問うと、47%の人が「まったく確認していない」、29%が「確認しないことが多い」と回答。合わせて76%の人が、カセットボンベの製造年を確認する習慣がないまま使用しているようです。

また、日本ガス石油機器工業会では「カセットボンベ」の使用期限の目安を「約7年」と定めていますが、この使用期限の目安を「知らなかった」人も87%にのぼりました。なお、カセットボンベの製造年は、缶底の数字で確認することができます。安心して使用するためにも、製造年月日から約7年を目安に使い切るようにしましょう。

さらに、カセットボンべは捨てる際にも注意が必要です。使用して中身の残ったカセットボンベを捨てるときには、必ず振って確認する必要があります。今回、この「使用後のカセットボンベの正しい処理方法」を知っていたかを聞いたところ、ユーザーの46%が「知らなかった」と回答しました。

もしガスが残ったまま捨ててしまうと、ごみ収集車内でガスが漏れ火災の原因になったり、焼却炉で爆発がおきるような事故につながったりする可能性が生じます。「シャカシャカ」音がしたらまだガスが残っている証拠のため、処分をする際には必ず振って確認するようにしましょう。

出典:一般社団法人 日本ガス石油機器工業会「『カセットこんろ』使用実態調査」

まとめ

製造から10年以上経過しているカセットコンロや製造から7年以上経過しているカセットボンベは、経年劣化によりガス漏れなどの事故が発生するリスクが高まります。

カセットコンロは本体側面の銘板シールで、カセットボンベは缶底の数字で製造年が確認できますので、使用前に必ず確認し、経年劣化がないかチェックする習慣をつけましょう。

【調査概要】
「『カセットこんろ』使用実態調査」
調査対象: 20~70代カセットこんろ使用者1,000名
調査方法: インターネット調査
実施期間:2020年9月23日~24日
実施機関:一般社団法人 日本ガス石油機器工業会

ニュース提供元:PRTIMES
情報提供元:一般社団法人 日本ガス石油機器工業会

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事