「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞」とは、理想ではなく、実際にその地域で“生活する”という視点から、「発展性」「住環境」「交通の利便性」「コストパフォーマンス」「教育・文化環境」の5つの基準を設定し、国内最大手の住宅ローン専門金融機関であるアルヒ株式会社の膨大なデータをもとに、住宅や不動産の専門家が参画する選定委員会による公平な審査のもと「本当に住みやすい街」を選定したランキングです。
今回は2020年12月に実施した「本当に住みやすい街大賞2021」にランクインした街について、それぞれどのような点が評価されているのか詳しく紹介します。

「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2021」結果発表ページはこちら>>

【本当に住みやすい街大賞2021 第1位「川口」】

 

総合評価4.40点
<審査基準>  発展性  5.0点
 住環境  4.0点
 交通の利便性  4.0点
 コストパフォーマンス  5.0点
 教育・文化環境  4.0点

※審査基準の詳細はこちら>>

川口ってどんな街?

埼玉県の南端に位置する川口市の中心に川口駅はあります。 JR京浜東北線が通り、東京駅まで約30分と都心へのアクセスに優れています。ベッドタウンとしての住みやすさがありつつ、近年の東口エリアの再開発に伴い、分譲マンションなどの居住区画や医療モール、飲食店などが拡充され、さらなる発展が見込まれるエリアです。

親子3代で川口に住む、川口をこよなく愛する白井慎一さん

川口で生まれ育った、川口銀座商店街振興組合理事長の白井慎一さんのお話とともに街の魅力を紹介します。

【白井さん】川口は商業施設が集まる東口、落ち着いた住宅街の西口と二つの側面を持ちます。のどかななかにも生活基盤が整っていて「田舎のなかの都会」であるところが魅力ですね。

【発展性:5.0点】川口銀座商店街エリアの再開発でさらに便利に

川口駅東口を出て徒歩5分ほどの距離にある川口銀座商店街(樹モール)内の区画では、2023年の完成を目指して再開発が行われています。総戸数400を超える大規模タワーマンションが建ち、低層階には飲食店や医療モール、保育施設などが入居予定。衣・食・住を支える総合的な生活の場として期待が高まります。

【白井さん】商店街のなかにある区画の再開発でここまで大規模なものはめずらしいのではないでしょうか。再開発に合わせて周囲の駐輪場や駐車場も整備される予定のため、より住みやすい街へ進化していくと思います。

手前には川口銀座商店街のシンボル「ドンキホーテ像」が。奥にある白い囲いが再開発の区画です

【住環境:4.0点】繁華街と閑静な住宅街とのバランスが取れている

川口駅の東口はマルエツや無印良品などが入る「キュポ・ラ」やスーパーの「コモディイイダ」、「西友」と商業施設が連なり、買い物には事欠かないエリアです。一方西口は駅を出てすぐに川口西公園(リリアパーク)があり、自然豊かで落ち着いた環境の住宅エリアとなっています。また東口と西口はペデストリアンデッキで行き来できるため、駅周辺で買い物をコンパクトに済ませることができます。

【白井さん】東口には川口銀座商店街(樹モール)やふじの市商店街など複数の商店街があり、チェーン店から地元の店まで幅広く集まっています。川口銀座商店街の中央にある公園「コミュニティプラザ」など憩いの場もたくさんありますよ。

駅から徒歩8分に位置する「アリオ川口」には「イトーヨーカドー」や映画館「MOVIX川口」などが入り、日常の買い物から娯楽まで幅広く利用することができます

【交通の利便性:4.0点】東京駅まで約30分と都心へも好アクセス

電車はJR京浜東北線が通り、上野駅まで約20分、東京駅までは約30分と都心へのアクセスに優れているのが最大のメリットです。横浜駅へも約1時間で乗り換えなしで行くことができます。

【白井さん】乗り入れ路線は京浜東北線のみですが、東京方面や神奈川方面へもアクセスできるためあまり不便は感じません。国道122号線を経由して東京外環自動車道や東北自動車道などの高速道路に出ることができ、車を使った遠出にも便利ですよ。

【コストパフォーマンス:5.0点】大宮や浦和と比較して住宅価格は比較的リーズナブル

再開発に伴い完成予定の高層マンションをはじめ、駅周辺はタワーマンションの建設が積極的に進められてきました。近年、物件価格は上昇傾向にありますが、近隣の浦和や大宮と比較すると抑えられているようです。また一つ隣の赤羽駅よりも中古マンションの価格は2〜3割程度安いといわれています。都心へのアクセスの良さを考えるとコストパフォーマンスの高いエリアです。

【白井さん】若いファミリー層にはタワーマンションが立ち並ぶ西口が人気のようです。駅周辺の物件価格は近年上昇傾向にありますが、利便性を重視する比較的所得に余裕がある高齢者の方々から好まれていると感じます。

【教育・文化環境:4.0点】駅のすぐ近くに図書館や公園があり、利用しやすい

駅周辺のタワーマンションの増加と並行し、ファミリー層の転入も増えてきました。東口からすぐの「キュポ・ラ」には「川口市立中央図書館」、西口には「川口総合文化センター・リリア」や「川口西公園(リリアパーク) 」と、駅の両サイドに子どもと過ごせる施設が点在しています。最新のICT環境を整備した「川口市立高等学校」など教育に熱心な学校も多いです。

【白井さん】西口から約6分の距離には「川口駅西口医療モール」もあり、小児科や皮膚科、整形外科が入っていて子どもや高齢者も利用しやすいと思います。医療施設をはじめ、図書館や公園などが駅周辺にまとまっているので、移動もスムーズです。

川口のおすすめスポット:太郎焼本舗

東口を出てすぐの場所にある「太郎焼本舗」は川口名物の太郎焼を販売する老舗です。食券を買ってから店頭に並ぶテイクアウトスタイルの店で、できたての太郎焼を求めて行列になることもあります。モチモチの生地のなかにはほどよい甘さの粒あんがたっぷり。カスタード味や甘さを抑えた「新太郎焼」もおすすめです。

1953(昭和28)年の創業以来変わらない味の「太郎焼」。小豆の自然な甘さが詰まっています
店舗の入り口は1階と3階にあります。甘さ控えめの「新太郎焼」は1階のみで販売

 

太郎焼本舗 
住所:埼玉県川口市栄町3-7-1 かわぐちキャスティ1・3階
営業時間:10:00~20:00(1階)、10:00~21:00(3階)
定休日:火曜 (祝日除く)
公式ホームページ: https://www.tarouyaki.com/
※2020年11月10日時点の情報です

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事