夫婦共働きの家庭が増えていますが、仕事をしながら家事や子育てを両立するのは大変です。「できれば専業主婦になりたい」「出産・育児が落ち着くまでは夫1人の収入でやりくりしたい」と考えている女性も多いでしょう。夫の年収がどの程度あれば、妻の収入がなくても無理なく生活することができるのでしょうか。

夫に500~800万円程度の年収があれば、専業主婦でも安心?

女性向けアンケート掲示板「OKGIRL」が、「専業主婦と年収」について調査を実施。OKGIRL読者に、専業主婦になるなら夫の年収はいくら必要だと思うか質問したところ、「600万円」が最も多く21.8%、「500万円」が19%、「700万円」が15%、「800万円」が14%という結果に。約7割の女性が「500~800万円」程度必要と考えていることがわかりました。厚生労働省が発表している「2019年 国民生活基礎調査(Ⅱ各種世帯の所得等の状況)」によると、日本の平均所得金額は552.3万円です。平均的な金額と同程度か、やや多めがいいと考える人が多いと考えられます。

出典:OKGIRL「専業主婦と年収に関する調査」

500万円に満たなくてもいい? 1,000万円でも足りない? その心とは

「500~800万円」程度必要と考えている女性に、その理由を自由回答で求めたところ

・「600万あれば、子供1人で満足な暮らしができそう」(希望年収600万円)
・「ある程度余裕を持って生活できると思いますが、節約重視で贅沢は厳禁」(希望年収600万円)
・「最低でも500万円ないとしんどい気がする」(希望年収500万円)
・「子供一人、教育費やレジャー費まぁまぁかけるとしたら700万はいる」(希望年収700万円)

など、子育て世帯でも贅沢をしなければ最低500~700万円でなんとかやりくりができると考えている女性の回答が目立ちました。

一方、アンケートでは夫の年収が「1,000~2,000万円」必要と回答した人も2割程度いることがわかりました。夫に高収入を望む理由は、

・「東京で家賃払って、子供を私立に行かせたら、1,000万円じゃ全然足りない」(希望年収2,000万)
・「養育費、住宅ローン払って、車も買って、さらに貯蓄していくとなるとこれくらいあるのが理想。でも旦那だけで1,000万なんて到底無理なので、2馬力で頑張るしかない」(希望年収1,000万)

などの声が聞かれました。一方で、「夫の年収が400万円で専業主婦をしている」という女性からは、

・「年収は多いにこしたことないけど、そもそもの生活基準が低ければ500万なくてもやっていける」
・「特に節約もしてないけど、毎月貯金もできて年に2回は旅行にも行っています」

など、専業主婦の鏡のようなコメントが寄せられました。専業主婦になるために必要な夫の年収は、「住む場所」「子どもの人数」「生活レベル」によっても大きく左右されることが伺えます。

まとめ

世帯ごとに必要な年収は、家族の状況により千差万別です。また、夫婦共働きで合わせて1,000万円の年収がある場合と、単独で1,000万円の年収がある場合の手取り額は大きく異なります。これは稼ぎが増えるほど税率が高くなる「累進課税」が適用されるためで、片働きの方が重い税負担となるためです。自身や家族がこれからどのような生活を送りたいのか、そのためにはどれだけの手取り額が必要なのか、今後のライフプランを考えてみてはいかがでしょうか。

【調査概要】
「専業主婦と年収に関する調査」
調査対象:OKGIRL読者572名
調査方法:インターネット調査
実施期間:2020年8月25日~2020年8月27日
実施機関:OKGIRL

ニュース提供元:PRTIMES
情報提供元:OKGIRL

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事