念願のマイホームで、初めての夏を迎えるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。夏本番になって、予期していなかった家の中の暑さに驚かれてはいませんか? せっかくのマイホームで快適な夏を過ごすために、今回は、部屋の中が暑くなってしまうのを防ぐ対策をご紹介していきます。これからマイホームを購入される方も、ぜひ参考になさってください。

お金をかけずに、すぐにできる! 3つの暑さ対策

(1) 積極的に換気する

暑いときはすぐにエアコンを使いたくなりますが、まず室内の窓をすべて開けて、室内にこもった熱気を排出した後にエアコンをつけるようにしましょう。サーキュレーターや扇風機を併用すると早く室温を下げることができます。また、帰宅直後など室温が高い際には、キッチンや浴室など複数の換気扇を使うことによって、室温より温度の低い外気をより早く取り込めます。

(2) 日光を遮る

遮光カーテンや、遮熱・断熱フィルムを貼って日光を遮りましょう。西日など強い日差しを弱めてくれる上、工事も必要ありません。すだれを使って直射日光を和らげるのも良い方法です。

(3) ベランダの照り返しを防ぐ

ベランダのコンクリートから直射日光が照り返すことで、室内が暑くなることも。サンシェードで覆ったり、ゴーヤなどのつる植物でグリーンカーテンを作ってもよいでしょう。観葉植物などを置くのも手軽でおすすめです。

詳しく読む:マンションはなぜ夜になっても暑い? 特有の構造と3つの対策

マンションの最上階は「断熱性能」がポイント

「マンションの最上階はほかの階よりも暑い」「蒸し風呂状態」という話を聞いたことがあるかもしれません。実際のところはどうなのでしょうか。

真夏の暑い日差しがマンションの屋上を直撃し、屋上部分の熱が最上階の部屋に降りてくることによって、最上階が暑くなるといわれています。

マンションは外気の暑さや寒さを遮断するために断熱材を用いて建てられています。断熱性能は年々向上しており、比較的新しいマンションでは最上階だから必ずしも暑いとは限りません。

断熱性能がしっかりしているマンションを選べば、最上階でも快適な生活を送ることができるでしょう。

詳しく読む:【気になる】マンション最上階は本当に暑い? 住むメリットとデメリット

戸建ての暑さ対策! 注目の「遮熱塗料」

屋根や壁面全体をカバーできる「遮熱塗料」とは、太陽光の中の近赤外線領域の光線を反射することで、屋根や塗膜の温度上昇を防ぐことのできる塗料です。
そのほかに、熱によって劣化が進む屋根や壁面を守る効果も。家の寿命そのものを延ばすことにもつながるため、快適な暮らし以外にもメリットがあるといえるでしょう。

詳しく読む:猛暑で注目したい「遮熱塗料」とは? 使い方やコスト、断熱塗料との違い

まとめ

お気に入りのマイホームで、暑い夏も楽しく快適に過ごしたいもの。夏を迎えて初めてマイホームの暑さに気が付いた方も、今回ご紹介した対策をぜひ実行してみてください。また、これからマイホーム購入を検討されている方は、構造や間取り、開口部の方角など、夏の暑さはどうなるのかをチェックしてみてもよいでしょう。

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事