自宅で過ごす時間が増えてきたことで、今までは後回しになりがちだった暮らしを豊かに、便利にするグッズに注目が集まるようになってきました。特別定額給付金の支給も各自治体で始まり、給付金を活用しておうち時間をさらに充実させたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、QOL(クオリティーオブライフ)、つまり「生活の質」がアップする家電や便利グッズなど、おうち時間の充実に役立つアイテムを紹介します。ぜひ毎日の暮らしをワンランクアップするのに役立ててくださいね。

予算1,000円の便利グッズ・商品

まず紹介するのは、税抜き1,000円前後で手に入ってしまうお手頃なグッズ。すぐに手が伸ばせる価格なので、まずはこちらから試してみるのもよさそうですね。

ぶんぶんチョッパー/K&A

ぶんぶんチョッパー/参考価格:955円(税抜き) 画像提供:有限会社ケイ・アンド・エー 

おうち時間が増えたことで、料理をしたり、凝った料理に挑戦したりする人も増えたのではないでしょうか。そんな人向けのお役立ちアイテムがこちら、みじん切りが一気に楽になる「ぶんぶんチョッパー」。まな板と包丁を使うことなく、とても簡単にみじん切りができてしまいます。
使い方は非常に簡単です。食材を入れてふたをして、ハンドルを引っ張るだけでみじん切りができます。電源不要で、仕上がりは好みの3段階で調節することが可能。10回で粗めのみじん切り、20回で少し細かく、30回でより細かくなります。料理に合わせて細かさを調整できるほか、みじん切りした食材が飛び散らないのは魅力的ですね。

トーストスチーマー/マーナ 

トーストスチーマー/1,080円(税抜き) 画像提供:株式会社マーナ 

高級食パンがブームになり、自宅でも高級食パンをよりおいしく味わえる高級トースターもここ数年、普及してきました。とはいえ、高級食パンも高級トースターも高くてなかなか手が出せなかったりしますよね。こちらの「トーストスチーマー」を使えば、いつものパンがまるで高級食パンのように焼き上がります。水に浸したトーストスチーマーをトースターの中に入れていつものパンと一緒に焼くだけで、庫内に蒸気を発生させ、パン内部の水分を保ちつつ、おいしく焼き上げてくれるのです。

パンをスチームしながらトーストするので、外はサクッ、中はふわっとした理想的なトーストに仕上がります。とても手軽なので、毎日の食事に簡単に取り入れることが可能です。

予算1万円の便利グッズ・商品

続いては税抜き1万円以下のグッズを2つご紹介。価格は少々高めですが、一度使うと手放せなくなりそうなものを取り上げました。

mornin’plus(モーニンプラス)/ロビット

mornin’ plus(モーニンプラス)/6,980円(税抜き) 画像提供:株式会社ロビット

朝が得意ではない人をサポートする家電としておすすめなのが「mornin’plus(モーニンプラス)」。

スマホと連動させて、自動的に自宅のカーテンを開閉することが可能。カーテンが開く時間を目覚まし時計感覚で設定することができます。

目覚まし時計の不快な音で起きるのが苦手という人でも、太陽の光の力を借りれば、すっきり起きられるかも。設置はたったの3ステップです。

1.カーテンのフックにmornin’plus(モーニンプラス)を引っかける
2.チュートリアルに沿って、mornin’plus(モーニンプラス)とスマートフォンを接続
3.mornin’plus(モーニンプラス)を覆うように、カーテンを元に戻す

このように、工具は一切不要なので、誰でも簡単に設置することができます。

スタンドビールサーバー(GH-BEERO-BK)/グリーンハウス

スタンドビールサーバー(GH-BEERO-BK)/9,980円(税抜き) 画像提供:株式会社グリーンハウス 

夏といえば、ビールがさらにおいしくなる季節です。おうちでもビアホール気分を味わえたらどんなに素敵なことかと、誰しも一度は考えたことがあるかもしれません。こちらのスタンド型ビールサーバーがあれば、そんなささやかな夢を実現することができます。

特徴はなんといってもきめ細かいクリーミーな泡。超音波の力でまるで生ビールのようなクリーミーな泡を再現してくれます。また、温度をキープできる断熱材が入っているので冷たい状態を保てるのも嬉しいポイントです。

350ミリリットル(330ミリリットル)と500ミリリットルの缶に対応しているので、いつも飲んでいる缶ビールを使って、自宅にいながら本格的なビールを楽しめます。一度使ったらやみつきになるビールサーバーです。

予算7万円の便利グッズ・商品

税抜き7万円以下の商品になると、生活をグッと楽にするものが購入できます。こちらで紹介する2商品は、どちらも料理や家事がラクになるすぐれもの。検討してみる価値はありそうです。

食器洗い乾燥機(SS-M151)/シロカ

食器洗い乾燥機(SS-M151) /70,000円(税抜き) 画像提供:シロカ株式会社 

洗浄だけでなく乾燥機能まで完備した食器洗い乾燥機です。全自動なので食器洗いをする手間が省けて後片付けがとても楽に。水道工事がいらないので、商品を買ったその日から使うことができます。

独自の洗浄技術で360度すべての角度から洗浄してくれるほか、高温で洗浄するため、99.9%という高い除菌率を誇り、衛生面も安心です。

また、1度の皿洗いにかかる水が平均約30リットルも節水できます。時短が叶って衛生的、節水もできる三拍子揃った食器洗い乾燥機です。

クックフォーミー エクスプレス(210レシピ)/ティファール

クックフォーミーエクスプレス(210レシピ)/60,000円(税抜き) 画像提供:ティファール

ビーフストロガノフやローストビーフなどの本格的な料理も圧力調理時間15分以内で作れてしまうティファールの「クックフォーミー エクスプレス(210レシピ)」。料理好きなら、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

圧力をかけて100度以上の高温で調理するので、通常の鍋で調理するよりも時間を大幅に短縮できます。

しかも、材料を入れてボタンを押すだけのおまかせ調理が可能。ほったらかしにしておいても勝手においしい料理を作ってくれるので、重宝しそうですね。

予算35万円の便利グッズ・商品

最後に紹介するのが、長年一緒に付き合っていきたいハイエンドな洗濯乾燥機。家事の負担を一気に軽減してくれる特別感のある商品です。

ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VG1400L/R /パナソニック

ななめドラム洗濯乾燥機(NA-VG1400L/R)/オープン価格(実勢価格31万円前後/税抜き) 画像提供:パナソニック株式会社

液体洗剤と柔軟剤をストックできるタンクを搭載しているので、洗濯のたびに適量を自動で計量して投入できます。忙しいときや疲れているときは洗剤と柔軟剤を入れることすら面倒に感じることもあるので、これは助かりますね。

自宅にいない時間でも、職場や外出先からスマホで洗濯の操作が可能です。洗濯が完了する時間を設定したり、変更したりすることができるので、天気や帰宅時間に合わせて洗濯をすることができます。乾燥機能も持ち合わせているので、帰宅してから干す手間も省けます。天気や時間にとらわれず、洗濯から乾燥まで一気に行うことができるのは、大きなメリットですね。

さらに嬉しいのが、「ナノイー X」で花粉の抑制、除菌、消臭ができること。乾いた状態でケアできるので、水洗いができないコートやスーツなども「ナノイーX」で清潔に保つことが可能です。

まとめ

今回はQOL(クオリティーオブライフ)を向上する観点で、家電や便利グッズをピックアップしてみました。毎日の暮らしをちょっと豊かにしてくれる頼もしい品々たち。気になるアイテムがあればぜひ手にとって、おうち時間を充実するのに役立てください。

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事