毎日の暮らしをちょっと幸せにしてくれるおいしいパン。「絶品パンさんぽ」は、「365日、パンのことで頭がいっぱい!」というライター・斎藤若菜さんが、地元の人に愛されるとっておきのベーカリーをめぐる連載です。第5回は世田谷線沿線のパン屋へ。中編となる今回は、松陰神社駅近くにあるベーカリーを訪ねました。

前編はこちら:【世田谷線パンさんぽ】「ラ・ブランジェ・ナイーフ」と「ピーターセン」へ

松陰神社駅ってどんなところ?

幕末の教育者・思想家として有名な吉田松陰がまつられている「松陰神社」。春は桜スポットのひとつとしても知られています(4月28日現在、新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、境内への立ち入りが禁止となっています。最新情報は松陰神社のHPで確認を)

松陰神社駅は、三軒茶屋駅から東急世田谷線で3駅の立地。その名の通り、「松陰神社」の最寄り駅として知られています。松陰神社と駅前から神社まで続く「松陰神社通り商店街」では、幕末の衣装を身にまとった人々が歩く奇兵隊パレードが有名な「幕末維新祭り」が開催され、毎年多くの人で賑わいます(2020年は開催中止)。

「コトリベーカリー」「ブーランジェリー レ・リース」は後編で紹介します

松陰神社駅のホームに立った瞬間、焼き立てパンの香りが漂ってきました。それもそのはず、駅の目の前に「ニコラス精養堂」、そしてこれから向かう「ブーランジェリー スドウ」があるという、パン好きには最高の立地なのです。自然と期待に胸が高鳴ります。

開店前から行列のできる「ブーランジェリー スドウ (Boulangerie Sudo)」

まずは、松陰神社駅を出てすぐ、線路沿いにある「ブーランジェリー スドウ」へ。平日にもかかわらず、開店前からパンを求める人が集まっていました。

世田谷線パンさんぽ
開店前から行列ができる同店には、徒歩や自転車で訪れる地元民はもちろん、評判を見聞きしたパン好きも数多く訪れています
世田谷線パンさんぽ
オーナーシェフの須藤さん。ブーランジェ(パン職人)であるとともにパティシエとしても研鑽を積んだ経験を生かし、店内にはさまざまな焼き菓子も並んでいます
世田谷線パンさんぽ
須藤さんのお気に入りは、世田谷食パン(後述)にバターとはちみつをたっぷりとしみ込ませて焼き上げた「ハニートースト」(280円)。開店時からよく売れる人気商品とのこと
世田谷線パンさんぽ
「ショコラフランボワーズ」(450円)をはじめ季節のフルーツをふんだんに使ったデニッシュ系のパンは、ナイフとフォークで食べたくなるようなビジュアルと上品な味わいが特徴

見た目が美しく、口どけの良いパンづくりにこだわり

オーナーシェフの須藤さんは、調理や製菓の専門学校を卒業後、「メゾン・ド・プティ・フール」や「ブーランジェリーブルディガラ」、そして奥さまも修業をしていた「ペルティエ」「タイユバン・ロブション」「マリアージュ ドゥ ファリーヌ」といった名店で修業を積んだ後、2009年に同店をオープンしました。夫婦の名字を冠した店名は、「シンプルで覚えてもらいやすい名前にしたい」と考えて名付けたそうです。

パンに関するさまざまなコンテストで優勝した経歴も持つ、須藤さんが作るパンの特徴は、「おいしそうなビジュアルと、口どけの良さ」。フルーツをたっぷりとのせたデニッシュ系のパンや、表面はパリッと、口に含めばバターとはちみつがジュワッと広がる人気商品「ハニートースト」など、目で見て、味わって楽しめるパンが並んでいます。

世田谷線パンさんぽ
素朴なパンからリッチなパンまで、80種類前後のパンを販売。100円台から700円台まで、幅広い価格帯で取り揃えています
世田谷線パンさんぽ
小麦から起こした天然酵母・自家製ルヴァン種を使用したカンパーニュ「Sルヴァン」を成型中の須藤さん

大人気の食パンは、1ヶ月前に予約を!

「ブーランジェリー スドウ」を代表するパンのひとつが、角食の「世田谷食パン」と、山型の「世田山食パン」。どちらも、水分含有量が高く、ホップ種の自家製天然酵母を使用した生地を使用。滑らかな口どけの食パンに仕上げています。食パン型のフタをして焼き上げる「世田谷食パン」はややもっちりとした食感に、フタをせずに焼く「世田山食パン」は生地が縦に伸びるため、ふんわりと焼き上がります。

大人気の食パンを手に入れるには、毎週1回(月曜、もしくは火曜)の予約受付日に電話で事前予約が必要です。予約受付日は店頭の掲示、もしくは公式のFacebookやInstagramを確認してください。1ヶ月後の受け取り予約が基本です。

世田谷線パンさんぽ
写真左から、世田谷食パン(1斤350円/1本700円)と世田山食パン(1斤350円/1本700円)
世田谷線パンさんぽ
型を外す前の世田山食パン。上蓋を閉めた状態で焼き上げれば、世田谷食パンとなります
世田谷線パンさんぽ
焼き上がった食パンは、パン棚に並べて冷まします

クロワッサンやハニートースト目当てなら、早めに来店がおすすめ

「ブーランジェリー スドウ」ではパンの種類によってさまざまな粉を使い分けていますが、いずれも新しい粉を使うことを心がけているとのこと。りんごやじゃがいも、米麹を主原料とする「ホップ種」や、レーズンでつくる「ぶどう種」、小麦由来の「ルヴァン種」といった自家製天然酵母で発酵させています。

同店では時間帯により、販売しているパンのラインナップが異なります。例えば、予約でほとんど完売してしまう食パンは、朝9時50分と夕方17時50分に、合計80斤焼き上げます。クロワッサンは開店して間もなく完売してしまいますし、ハニートーストは1人につき5点までの販売に限定していますが、それでも午前中に完売してしまうとのこと。

そのほか、甘いパンは午前中に数多く並び、12:30からは総菜系のパンが充実。16:00からは、フランスパンのバゲットサンドを販売しています。中でもピーナツ、あんバター、チョコバター、明太フランスが人気を集めているそうです。今回は開店時間に合わせての訪問でしたが「時間を変えて何度も訪ねてみたい」と思わずにはいられませんでした。

世田谷線パンさんぽ
北海道産発酵バターを折り込んだ「クロワッサン」(270円)。外はサクッと、中はしっとりとした食感が魅力
世田谷線パンさんぽ
取材時は開店直後でしたが、デニッシュ系やピザ系のパンが充実していました

ブーランジェリー スドウ
住所:東京都世田谷区世田谷4-3-14
営業時間: 10:00~19:00
定休日: 日曜・月曜・火曜(不定休)
公式HP:https://www.facebook.com/BoulangerieSudo/
Instagram:https://www.instagram.com/boulangerie.sudo/

松陰神社前にメルヘンな世界が広がる「ふぁんぱん」

2019年5月にオープンした「ふぁんぱん」は、松陰神社の真向いにあります。松陰神社に隣接する「若林公園」は、子どもの遊び場としてぴったり。散策ついでに立ち寄りやすい立地です。

世田谷線パンさんぽ
メルヘンチックな外観は、「森の中のパン屋さん」をイメージしているそう。オーナーである藤田さんの「都会の喧騒を忘れてホッと一息つける、かわいらしいパン屋さんにしたい」という思いが込められています
世田谷線パンさんぽ
ハード系のパンから菓子パンまで、常時50種類ほどのパンが並びます
世田谷線パンさんぽ
店内には絵本を並べたスペースもあり、小さな子どもの読書スペースに
世田谷線パンさんぽ
森の動物たちが描かれた壁面が印象的な店内。絵描き職人に依頼し、絵本の中にいるようなイメージで仕上げてもらったとのこと

食べておいしいだけでなく「楽しめる」パン屋に

オーナーの藤田さんは、品川のベーカリーで10年ほど修業を積んだ後、独立しました。「ふぁんぱん」という店名の由来は、「FUN=楽しい」。「食べるだけでなく、楽しんでほしい」という思いが込められています。
メルヘンな世界観の内外装も、パンを買うひとときを楽しんでほしいという思いから。店内には絵本をディスプレイしたスペースもあり、ベビーカーを押して来店するママや、小さな子ども連れの家族が日々来店しています。

世田谷線パンさんぽ
一押し「豆乳フランス」(330円)はやわらかくもっちりとした食感。購入した翌朝に食べてみましたが、やわらかさはそのままで、フランスパンの食感が苦手な人にもおすすめできます。そのままでも、具材を挟んでもよく合う、オールマイティなパンという印象です
世田谷線パンさんぽ
吉田松陰先生の顔をイメージしたという「しょういんチョコバナナ」(200円)。中にはさっぱりとしたバナナジャムが入っています
世田谷線パンさんぽ
「メッセージキャラクターパン」(550円)は前日までに予約をすれば、希望する名前やメッセージを入れてもらえます
世田谷線パンさんぽ
「しろくま食パン」(160円)「くまショコラ」(180円)は小さな子どもに人気

小ぶりなサイズで手頃な価格に。焼き立てのパンを買う楽しみ

「ふぁんぱん」のパンは、パンの種類に合わせて国内外の小麦粉を使い分け、食パンなど一部のパンには天然酵母を使用しています。中でもおすすめは、やわらかい食感のフランスパン「豆乳フランス」と、同じ生地を使い、紅茶とホワイトチョコを練り込んだ「紅茶フランス」。牛乳や卵を使用していないことも特徴です。

できるだけ手頃な価格で販売するため、小さなパンは80円前後、通常のパンも200円程度で販売。商品が一番多く揃っているのは11:00頃ですが、7:00のオープン時からパンを焼き続け、常に焼き立てのパンがある状態を維持しているそうです。散歩がてらふらりと訪れて焼き立てのパンを買える、地元の人が羨ましくなりました。

ふぁんぱん
住所:東京都世田谷区若林4-27-9
営業時間:7:00~18:00 ※2020年5/6(水)まで8:00~17:00
定休日:月曜
公式HP:https://twitter.com/fanpan_info

後編では、2018年末にオープンしたパン屋さん、フレンチレストランから派生したベーカリーをめぐります。お楽しみに!

前編はこちら:【世田谷線パンさんぽ】「ラ・ブランジェ・ナイーフ」と「ピーターセン」へ

※営業時間や税抜き価格、パンの焼き時間など、記事内の情報は取材時点(2020年2月)のものです
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、お出かけの際は各自治体が発する要請への協力をお願いします。また、緊急事態宣言により、紹介しているスポットを平常通りに利用できない場合もあります。必ずホームページや電話などで事前に確認をお願いします

過去のパンさんぽ記事はこちら
【新高円寺】パンさんぽ前編・うさぎ尽くしの本格派ベーカリーを訪問! 
「えび寿ベーグル」「ブーランジェリー エクラン」は新高円寺でマストバイの絶品パン 
【国立パンさんぽ】添加物・卵不使用。こだわりの食パン専門店エスプリ 
「ユニコーンベーカリー」「アカリベーカリー」国立で通いたいパン屋さん!焼き菓子も絶品 
「ショーマッカー」「ヒンメル」は大岡山でマストバイのパン屋さん 
【大岡山パンさんぽ】デリ風サンドが充実のイトキトと新店ベーカリーコントラスト
【清澄白河パンさんぽ】ワンコインで大満足の街のパン屋「コトリパン」
【清澄白河パンさんぽ】「パンタレイ」と「野菜のちから」へ 
【世田谷線パンさんぽ】「ラ・ブランジェ・ナイーフ」と「ピーターセン」へ

(最終更新日:2021.03.29)
※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事