毎日の暮らしをちょっと幸せにしてくれるおいしいパン。「絶品パンさんぽ」は、「365日、パンのことで頭がいっぱい!」というライター・斎藤若菜さんが、地元の人に愛されるとっておきのベーカリーをめぐる連載です。第5回は世田谷線沿線のパン屋へ。前編となる今回は、若林駅近くにあるベーカリーをめぐります。

世田谷線沿線ってどんなところ?

世田谷線の車両は2両編成。運賃は全区間一律150円ですが、「世田谷線散策きっぷ」を利用すれば、1日340円で何度でも乗り降りできます

今回訪れたのは、「三軒茶屋」駅と「下高井戸」駅を結ぶ、東急世田谷線沿線。世田谷区の東部を横断する、東京都内ではめずらしい路面電車です。三軒茶屋駅と下高井戸駅以外は無人駅で、都心に近いエリアながらものんびりとした雰囲気が魅力です。

運が良ければ、招き猫発祥の地といわれる豪徳寺にちなんだ「幸福の招き猫電車」に乗車できる可能性も。筆者は、行きの電車で乗ることができました。招き猫型のつり革や、猫の足跡が点々とする床にも注目です

落ち着いた住宅街の印象が強い世田谷線沿線ですが、世田谷八幡宮や豪徳寺、松陰神社、世田谷代官屋敷といった散策スポットが点在し、グルメスポットも豊富。「世田谷ボロ市」が行われることでも有名で、多くの人が訪れる街歩きが楽しいエリアです。

世田谷線沿線は「パン激戦区」としても知られ、路面電車に揺られながらパン屋さんをはしごする人が少なくありません。今回は6つのお店を訪問しました。

「ブーランジェリースドウ」「ふぁんぱん」は中編、「コトリベーカリー」「ブーランジェリー レ・リース」は後編で紹介します

夫婦二人三脚で営む「ラ・ブランジェ・ナイーフ」

まずは、若林駅から徒歩2分のパン屋さん「ラ・ブランジェ・ナイーフ」にうかがいました。

世田谷線パンさんぽ
店舗は環七通り沿いにあり、白い壁に映える赤い扉が目印です
シェフの谷上正幸さんは、奥さまのフミエさんと二人三脚で同店を運営しています
世田谷線パンさんぽ
店内には35~40種類程度のパンが並びます。シェフのお気に入りは「ミルクフランス」(220円)とのこと

9割以上のパンに国産小麦を使用

シェフの谷上正幸さんは、恵比寿のメルカト・セブンクォーターや青山の紀ノ国屋ベーカリーなどで経験を積んで独立。中目黒に「ラ・ブランジェ・ナイーフ」をオープンしました。人気店として12年間営業を続けたのち、惜しまれながら閉店。他府県のカフェベーカリーのプロデュースなどを手がけた後、2015年に若林で同店を再開しました。

店名の「ナイーフ」はフランス語で「素朴」を意味します。同店では、バゲットやカンパーニュといったリーンなパン(油分が少ないシンプルな材料で作るパンのこと)から、ブリオッシュや店名を冠した「パン・ド・ナイーフ」のようなリッチなパンまで、幅広いパンを取り揃えています。また、日々進化を続ける中で、9割以上のパンを国産小麦に切り替えたそうです。「小さな子どもからお年寄りまで安心して食べられるパンを提供したい」という志が変わることはありません。

世田谷線パンさんぽ
ミルクフランスを成型中の谷上さん。焼成後、バターとコンデンスミルクで作ったクリームをサンドして仕上げます
世田谷線パンさんぽ
種類豊富な食パンの中でも1番人気の「パン・ド・ミ」740円(1/4 190円、1/2 370円)(画像右)
世田谷線パンさんぽ
「オーガニックぶどうパン」560円(1/2 280円)(画像右)と、「グラハムブレッド」520円(1/2 270円)

ショーケースの上に並ぶ、バラエティ豊かな食パンの数々

食パンは、しっとり・ふんわりとした食感と口どけのよさが特徴の「パン・ド・ミ」や、年齢を問わず支持されている山型の「イギリスパン」740円(1/4 190円、1/2 370円)が人気。高加水(水分量が多い)でしっとりもちもち、押麦・アマニ・ひまわりの種・キヌアといったスーパーフードが入った自家製天然酵母食パン「シリアルブレッド」(画像中央)1,040円(1/4 270円、1/2 520円)は家庭ではなかなか再現できない味わいです。地名を冠した「若林ブレッド」(画像左)490円(1/2 250円)はフランスパンに近い味と香りで、もっちりとした天然酵母パンですが、トーストするとカリカリの食感を楽しめます。

全粒粉の「オーガニックぶどうパン」はもっちりとした食感。オーガニックレーズンの含有量は、何と40%とのこと。同じ生地を使った「グラハムブレッド」は独特のクセを、甘さを加えることで抑えています。取材時は売り切れでしたが、このほかにもしっとりふわふわのブリオッシュ食パン「たまごパン」もあり、豊富なラインナップから選ぶことができます。

世田谷線パンさんぽ
天然酵母・ルヴァン種を使ったパンは食材とマッチングしやすく、やわらかな焼き上がり。年配のお客さんに「食べやすい」と喜ばれているとのこと。筆者は定番の「ホワイトチョコとマカダミアナッツのルバン」410円をチョイス。ヴァローナ社のチョコレートと軽くローストしたナッツ、バターも入ったリッチな味わいです
世田谷線パンさんぽ
「パン・ド・ナイーフ」300円もルバン生地がベース。バターやクリームチーズを練り込み、キャラメリゼしたアーモンドとドライチェリーを混ぜ、ハチミツバターをかけて焼き上げています。軽くトーストして食べると、表面のハチミツバターが焦げて、ますますおいしく!
世田谷線パンさんぽ
自家製サワー種を使用し、ドイツの伝統的な製法で作る「プンパニッケル」1,300円(1/2 650円、1/4 330円)は、低温で15時間蒸し焼きにして仕上げる本格派。ライ麦80%で力強い味わいで、通販でも人気がある商品です
世田谷線パンさんぽ
「パネトーネ」はベーシックなオレンジピールとレーズン味1,300円(1/2 650円、1/4 340円)と期間限定商品がありました。イタリアではクリスマスに食べるパンですが、同店では通年販売。常温で1ヶ月、冷蔵庫に入れれば2ヶ月程度日持ちするため、お土産に最適です。口どけがよく、そのままでも、少し温めてアイスクリームや生クリームと合わせても美味!

人気のルバンシリーズや、ドイツ・イタリアのパンも取り揃え

「ラ・ブランジェ・ナイーフ」では、メロンパン(130円)やあんぱん(160円)など100円台のパンから400円台をメインとしたルバン系のパン、プンパニッケルやパネトーネなど1,000円を超えるパンまで、幅広い価格帯のパンを販売しています。国産小麦のもっちり・しっとりとした味わいのパンが中心ですが、外国産小麦ならではの力強さを活かしたパンも販売しています。
午後には売り切れの商品が増えていきますが、昼ごろに来店すれば、棚にいっぱいのパンが並んでいることが多いとのこと。充実したラインナップの中から商品を選びたければ、昼頃に来店するのが良さそうです。

ラ・ブランジェ・ナイーフ
住所:東京都世田谷区若林3-33-16 第一愛和ビル1階
営業時間: 10:00~18:00
定休日: 火・水曜(臨時休業あり)
公式HP:https://naif.amebaownd.com/

地元の人々に愛される、商店街のパン屋さん「ピーターセン」

続いて、若林駅から徒歩1分の「ピーターセン」へ向かいました。

世田谷線パンさんぽ
若林中央商店会にあり、2013年のオープン以来、地元の人々に愛されています
世田谷線パンさんぽ
ホワイトをベースとした木のぬくもり溢れる店内に、焼き立てのパンが並んでいます
世田谷線パンさんぽ
世田谷線パンさんぽ「お花のジャムパン」(210円)は4種類のジャムがカラフルで目にも楽しいパンです
世田谷線パンさんぽ
「塩パン」(120円)は9:00頃に行くと、焼き立てを購入できるとのこと

100~200円台のリーズナブルなパンが中心

「ピーターセン」という店名は、オーナーの師匠のそのまた師匠であるデンマーク人の名前からとったとのこと。オーナーが1人でパンを製造しています。総菜パンは8:00~9:00、食パン類は11:30頃に行けば、焼き立てを購入できるそうです。
価格は100~200円台が中心。「あんパン」や「塩パン」といった定番商品から、ドイツ版ドーナツ「クラプフェン」まで豊富な品揃え。取材日は残念ながら販売日ではありませんでしたが、土~火曜限定販売の「カンパーニュ」もおすすめだそうです。

定番商品を気に入って定期的に買いに来る常連客も多いとのことで、毎朝揚げているカレーパンも人気のパンのひとつ。子どもでも食べやすい、トマトベースのカレーが入っている「ビーフカレーパン」(180円)と、辛口のチキンカレーが入っている大人向けの「辛口カレーパン」(180円)から選べます。

世田谷線パンさんぽ
バーガー類の種類が豊富なことも、同店の特徴。200円台と手頃な価格で楽しめます
世田谷線パンさんぽ
テーブル席が2卓用意されているイートインスペース
世田谷線パンさんぽ
筆者も、イートインスペースでパンとコーヒーを楽しむことに。自家製のローストポークと野菜を挟んだ「ローストポークサンド」250円はラー油がアクセント。オニオンドレッシングで仕上げてあり、しっかりとした味付けでした。別のスタッフが食べた「エビカツバーガー」250円も人気メニューです

イートインスペースではコーヒーサービスを利用可能

ピーターセンには、イートインスペースとしてテーブルが2つ用意されています。パンを購入した人にコーヒーの無料サービスを行っていることも、うれしいポイント! 朝8:00から営業していることもあり、パンとコーヒーで朝食をとりに来る人もいるとのこと。地元の人がうらやましいですね。

ピーターセン
住所:東京都世田谷区若林4-6-1
営業時間:8:00~18:00
定休日:木曜
公式HP:https://www.facebook.com/petersen0211/
Twitter:https://twitter.com/petersen0211

次回、中編では行列のできる有名店や絵本から飛び出したようなパン屋さんをめぐります。お楽しみに!

※営業時間や税込み価格、パンの焼き時間など、記事内の情報は取材時点(2020年2月)のものです
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、お出かけの際は各自治体が発する要請への協力をお願いします。また、緊急事態宣言により、紹介しているスポットを平常通りに利用できない場合もあります。必ずホームページや電話などで事前に確認をお願いします

過去のパンさんぽ記事はこちら
【新高円寺】パンさんぽ前編・うさぎ尽くしの本格派ベーカリーを訪問! 
「えび寿ベーグル」「ブーランジェリー エクラン」は新高円寺でマストバイの絶品パン 
【国立パンさんぽ】添加物・卵不使用。こだわりの食パン専門店エスプリ 
「ユニコーンベーカリー」「アカリベーカリー」国立で通いたいパン屋さん!焼き菓子も絶品 
「ショーマッカー」「ヒンメル」は大岡山でマストバイのパン屋さん 
【大岡山パンさんぽ】デリ風サンドが充実のイトキトと新店ベーカリーコントラスト
【清澄白河パンさんぽ】ワンコインで大満足の街のパン屋「コトリパン」
【清澄白河パンさんぽ】「パンタレイ」と「野菜のちから」へ 

(最終更新日:2021.03.29)
※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。
~こんな記事も読まれています~

この記事が気に入ったらシェア

おすすめ記事