幼稚園や保育所の数など4つの項目を東京都内でランキング化。住みたい街を決める指針にもなるはず!

※「本当に住みやすい街Walker Vol.002」より転載

幼稚園数

区内にある幼稚園の数が一番多いのは世田谷区。日本初の産後ケアセンターを設置するなど子育てサポートも充実し、子どもの数も最も多い(2019年の15歳未満人口が都内1位※1)。6位に入った江戸川区は子どもの数も2位※1で、若いファミリー世代に人気。各種助成制度も手厚く、所得にかかわらず私立幼稚園の入園料・保育料の助成が受けられるのもポイント。

※1東京都総務局統計部「住民基本台帳による東京都の世帯と人口(町丁別・年齢別)」2019年1月1日現在

保育所等数

保育所等の数も世田谷区が1位。一方で幼児の数も多いため、待機児童の数も470人※2と圧倒的に多い。高まる保育需要に対応するため、2019年4月から2020年4月にかけて保育総定員を約1,300人増。8位の江戸川区は2018年に保育定員を1,000人増やしたことで、待機児童数を大幅に減少させた。

※2 東京都福祉保健局「都内の保育サービスの状況について 区市町村別の状況」2019年4月1日現在 
※保育所等とは、保健所または保育機能施設の数

公園面積

江戸川周辺の水辺と緑が豊かな江戸川区が、公園面積の割合で1位(15.38%)。487か所ある公園には、葛西臨海水族園が併設された大型の葛西臨海・海浜公園も。2位には都心ながら、北の丸公園や日比谷公園など皇居周辺に緑が多い千代田区が入り、4位には東京2020オリンピックのアーチェリー会場が整備される夢の島公園がある江東区がランクイン。

小児科医師数

わが子が病気になった際にお世話になる小児科医の数は、248名で世田谷区が最多。病院の数(一般病院と精神科病院の総数。19床以下、またはベッドのない診療所は除く)では5位にあたる26施設※3だが、子どもの数が多い土地柄、小児科医が多く従事しているようだ。2位には、全体の医師数が2位の新宿区、3位には全体の医師数1位の文京区が入った。

※3 総務省統計局「統計でみる市区町村のすがた 2019」より

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。

この記事が気に入ったらシェア

オススメコンテンツ

おすすめ記事