昨年好評だった「本当に住みやすい街」をもっと楽しむためのフリーマガジン『本当に住みやすい街Walker』の第2弾がまもなく刊行されます(発行・編集=株式会社 KADOKAWA/企画協力=アルヒ株式会社)。

理想ではなく、実際に生活するというリアルな視点で専門家が選出する「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞」。これまでに首都圏、関西、福岡、東海で開催され、ランキング発表のたびに多くのメディアやSNSで話題になるなど、年々注目が高まっています。

※参考:「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2020」結果発表ページはこちら>>

『本当に住みやすい街Walker Vol.002』は、同大賞にランクインした街の「住みやすさ」をさまざまな視点で取り上げることで、住まい選びの参考にしてもらうことを目的に制作された、全28ページのフリーマガジンです。今回の表紙はドラマ・映画で活躍中の国民的女優・有村架純さん。内容も前回からさらに充実し、読み応えがアップしています。そのコンテンツの一部を紹介します。

「本当に住みやすい街大賞」がTokyoWalkerと再タッグ!

表紙は有村架純さん

第2号となる今号では、ベスト10にランクインした川口、たまプラーザ、入谷、王子、武蔵小金井の5つの街の魅力を徹底解説。「街ライフ1Week体験!」というテーマで、1週間のシーンごとにおすすめのお出かけスポットとその街ならではの「住みやすさ」を紹介。実際にその街に住んでいる人たちのリアルな声も要チェックです。

このほか、同大賞と併せて発表された「平均予算4,000円以下で大満足! 本当に美味しいお店大賞2020」の情報も必見。「焼鳥」「焼肉」「居酒屋」のジャンルで、普段使いしやすい「本当に美味しいお店」に選出された全11店を一挙紹介しています。さらに、統計データから子育てしやすい街をひも解く「東京子育てランキング」、住宅購入に関するコラムなど、『本当に住みやすい街Walker』でしか手に入らない情報が満載です。

都内のJR、東京メトロ、都営地下鉄の駅などでラック設置

「本当に住みやすい街Walker」は4/6(月)から、都内のJR、東京メトロ、都営地下鉄など53駅のラックで配布がスタート。このほか、川口市役所、川口市観光物産協会、川口商工会議所、たまプラーザ駅前通り商店街、武蔵小金井駅周辺の商店街でも設置配布されます。限定数配布のため、なくなり次第終了。見かけた人は早めにゲットして、住む街を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

主な配布場所
・JR ※配布開始:4/6(月)
赤羽駅、王子駅、国分寺駅、東京駅、武蔵溝ノ口駅、南浦和駅、吉祥寺駅、三鷹駅、秋葉原駅、錦糸町駅、亀有駅、新宿駅、池袋駅、上野駅

・東京メトロ ※配布開始:4/6(月)
六本木一丁目駅(★)、 飯田橋駅、東京駅、渋谷駅
★配布開始:4/21(火)

・都営地下鉄 ※配布開始:4/6(月)
五反田駅、日本橋駅、浅草駅、西巣鴨駅、巣鴨駅、大手町駅、新宿三丁目駅、市ヶ谷駅、九段下駅、神保町駅、練馬駅、東中野駅、新宿駅、青山一丁目駅、六本木駅、大門駅、月島駅、門前仲町駅、森下駅、新御徒町駅、上野御徒町駅、新宿西口駅

・ゆりかもめ ※配布開始:4/6(月)
新橋駅、汐留駅、竹芝駅、日の出駅、芝浦ふ頭駅、お台場海浜公園駅、台場駅、東京国際クルーズターミナル駅、テレコムセンター駅 青海駅、東京ビックサイト駅、有明駅、豊洲駅

・その他私鉄
つくばエクスプレス 柏の葉キャンパス駅 ※配布開始:4/11(土)
横浜市営地下鉄 あざみ野駅 ※配布開始:4/6(月)

ARUHIマガジンでは、今後、同誌から抜粋した記事を配信予定です。こちらもお楽しみに!

(最終更新日:2020.04.14)
※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。

この記事が気に入ったらシェア

オススメコンテンツ

おすすめ記事