今も昔も、娯楽として根強い人気を誇るスーパー銭湯。週末はお風呂や岩盤浴でゆったりリラックスすれば、日頃の疲れも一気に吹き飛ぶというもの。
そんなスーパー銭湯、近年は多様化が進み、ちょっと変わった施設が続々と登場しているのをご存知でしょうか? 本記事では、今話題の進化系スーパー銭湯を厳選して紹介します。

記事内で紹介させていただいている施設は新型コロナウィルス感染防止のため、営業時間の変更や一部サービスの休止をしている場合がございます、ご利用前に必ずホームページをご確認ください。

1.おふろcafé utatane(埼玉県さいたま市)

(画像提供:おふろcafé utatane)おふろとcaféと北欧ゲストハウスが1つに

「おふろcafé utatane」は、北欧をコンセプトとしたおふろとカフェが融合した新しいスタイルのスーパー銭湯です。お風呂はもちろん、施設内には以下のようなコーナーが併設されています。

・浴室内にある2種類の本格サウナ
・ビーズクッションやハンモックを設けたリラックスコーナー
・タイ古式マッサージやボディケアなどができるトリートメントコーナー
・泥パックやWi-Fi、挽きたてコーヒーなど、無料で利用できるアイテムが充実
・定期的に音楽ライブやワークショップが開催されるイベントスペース
・独自のフィンランド料理やデザート、アルコールなど豊富なメニューが揃ったカフェレストラン
・漫画や雑誌がずらりと並んだ読書コーナー など

どこから楽しんでいいのか迷うほどの充実ぶりです。ハンモックに揺られながら読書をするもよし、カフェレストランでお風呂上がりのお酒を飲むもよしと、楽しみ方は自由。

肝心のお風呂には、関東有数の名湯「白寿の湯」からの運び湯を使用。保温効果の高さに定評があり、湯上がり後も体がポカポカする心地良さを味わえます。

支配人の一推しは、本場フィンランドをイメージした、好きなときにロウリュを楽しめるサウナ小屋「サウナコタ」。広々とした本格サウナも併設されています。

支配人の一推しは、本場フィンランドをイメージした、好きなときにロウリュを楽しめるサウナ小屋「サウナコタ」。広々とした本格サウナも併設されています。

木をモチーフにした館内デザインも特徴の1つ。木のぬくもりを感じながら、まったりとした時間を過ごせます。

埼玉新都市交通ニューシャトルの鉄道博物館駅から徒歩約10分というアクセスの良さも魅力。カップルや友達同士はもちろん、1人で優雅な休日を過ごすのにもぴったりな施設です。

住所:埼玉県さいたま市北区大成町4-179-3
公式HP:https://ofurocafe-utatane.com

2.SPA HERBS 美楽温泉(埼玉県さいたま市)

(画像提供:SPA HERBS 美楽温泉)心も体も美しくなれる、くつろぎの空間

「SPA HERBS 美楽温泉」は、埼玉県最大級の新感覚スパリゾートです。

最大の魅力は、ユニークな仕掛けが満載の新感覚岩盤浴。2018年11月にオープンしたばかりの「桃潤(とうじゅん)」では、ランプ照射によるコラーゲントリートメントを採用しています。天井から降り注ぐ赤色のランプには、コラーゲン生成を促す効果があり、浴びているだけでお肌がツヤツヤになるそう。またクールダウンスペースの「舞氷(まいひょう)」では、天井から雪が降ってくる仕掛けが楽しめます。まさに身も心も癒せる施設です。

大浴場では、地下1,100mから湧き出た天然温泉に浸かることができます。源泉であるアルカリ性単純温泉は、神経痛や関節痛などに効能が期待できると人気。また露天風呂には、空間デザイナーによる優雅な植栽が施されています。木々に囲まれながら浸かる温泉は、まるでリゾート地にいるかのような感覚を味わえるでしょう。

温泉や岩盤浴の後は、エステや食事も楽しめます。大規模な施設なので、丸1日時間が潰せますね。

場所はJR土呂駅より徒歩約9分。JR大宮駅西口近くにある「パレスホテル大宮」の正面付近からシャトルバスも運行しています。

住所:埼玉県さいたま市北区植竹町1-816-8
公式HP:https://spa-herbs.jp

3.スパジャポ(東京都東久留米市)

(画像提供:スパジャポ)遠くからも目をひくスタジアム型の外観

東京都東久留米市にある「スパジャボ(スパジアム ジャポン)」は、一見スーパー銭湯とは思えないスタジアム型の外観が特徴です。

館内には15種類の温泉とサウナを用意。高濃度炭酸泉や芳香湯などの定番のほか、低周波電流で腹筋を刺激する「SIXPACK ELECTRIC JET BATH」や頭皮を刺激する「ヘッドスパ」など、ちょっと変わったお風呂もあります。時間をかけて、いろいろなお風呂をゆっくり楽しむのがおすすめです。

関東最大級の大規模な岩盤浴も魅力。5階エリアはすべて岩盤浴になっており、アロマの香りで癒されながら汗を流せます。森をコンセプトにした岩盤浴専用ラウンジにおいては、約3万冊のコミックと120冊の雑誌が読み放題。森の中にいるかのような気分で、リラックスしながら読書できます。

リラクゼーションエリアには、関東の人気リラクゼーションサロン「Re.Ra.Ku」の店舗が併設されています。タイ古式マッサージやエステ、あかすりなど、さまざまなリラックスメニューを楽しめるのが魅力。

西武池袋線の東久留米駅から西武バスで約7分の東久留米団地を下車してすぐと、アクセス至便。丸1日時間をかけて、ゆっくりと楽しみたい人におすすめのスーパー銭湯です。

住所:東京都東久留米市上の原2-7-7
公式HP:https://spajapo.com

4.らくスパ1010神田(東京都千代田区)

(画像提供:らくスパ1010神田)小さなスーパー銭湯ながら、多様な滞在スタイルが楽しめます

「らくスパ1010神田」では、比較的小さな施設ながら、多様な滞在スタイルが楽しめます。

お風呂は4種類と少なめですが、炭酸湯や日替わり湯などの人気どころを用意。サウナもあるので、じっくり汗を流したいときにも最適です。

お風呂を楽しんだ後は、ハンモックやビーズクッションが用意されたリラックスルームでひと休み。女性専用エリアも用意されているので、女子会のついでに訪れてもいいですね。

施設内にある、様々なメニューが楽しめる食事処「1010 Dining & Pub」も人気です。食事メニューはもちろん、日本酒やイタリアンワインをはじめとするアルコールメニューも豊富。お風呂上がりの格別な1杯を楽しみましょう。

皇居から程近い本施設は、ランニングステーションとしての利用にも対応しています。月極シューズロッカーも用意されているので、定期的な利用にもぴったりです。

御茶ノ水駅や新御茶ノ水駅からおよそ徒歩5分で到着するアクセスの良さも魅力。様々な使い方ができ、何度も訪れたくなるスーパー銭湯です。

住所:東京都千代田区神田淡路町2-9-9
公式HP:https://rakuspa.com/kanda/

5.前野原温泉 さやの湯処(東京都板橋区)

(画像提供:前野原温泉 さやの湯処)温泉と日本庭園とが一つに

板橋区にある「前野原温泉 さやの湯処」は、温泉と日本庭園を融合させた施設です。施設内のさまざまな場所から、四季折々の自然を眺められるのが魅力。貸切風呂を利用する場合は、庭園の中を通ることができます。

庭園の中にある露天風呂も、辺り一面を緑で囲んだ造り。昼と夜でまた違った表情を見せてくれるので、何度訪れても楽しめます。

都内では珍しい、源泉掛け流しの温泉があるのも大きな特徴です。塩分濃度高めのお湯は、全身を保温する効果が期待できます。入浴後も湯冷めせず、長時間ポカポカする心地良さを味わえるでしょう。また半露天檜風呂「燈」は、貸し切りにも対応しています。予約が必要ですが、ゆっくりとお風呂を楽しみたいときにはぴったりです。

食事処でオーダーできる、こだわりの十割蕎麦も人気。季節に応じて国産のそば粉を厳選し、本格的な蕎麦を提供しています。お風呂上りに庭園を眺めながら食べる蕎麦は絶品です。

場所は都営三田線の志村坂上駅から歩いて約8分という好立地。都会の喧騒を忘れ、自然の中でリラックスしたいときに訪れてみましょう。

住所:東京都板橋区前野町3-41-1
公式HP:https://www.sayanoyudokoro.co.jp

6.横浜天然温泉SPA EAS(神奈川県横浜市)

大人限定のスーパー銭湯なので、静かな雰囲気の中でリラックスできます

通常のスーパー銭湯は家族連れも多く、特に週末は何かと騒がしくなりがち。ところが本施設は大人しか入れないため、落ち着いた雰囲気の中でお風呂を楽しめます。お風呂に落ち着いた雰囲気を求める人にはぴったりです。

露天風呂には、地下1,500mから汲み上げた天然温泉を使用。本格的な温泉に浸かることができます。高濃度の炭酸泉も人気。浸かっているだけで気泡が全身を包み込み、肩こりや腰痛、血行障害などを改善する効果が期待できます。

横浜駅からおよそ徒歩5分というアクセスの良さも人気の理由。横浜周辺に住んでいる人はもちろん、都内からでもアクセスしやすくなっています。

都会にいながら、ゆっくりとした時間を過ごしたい人にぴったりのスーパー銭湯です。

住所:神奈川県横浜市西区北幸2-2-1
公式HP:https://spa-eas.com

(最終更新日:2020.06.29)
※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。

この記事が気に入ったらシェア

オススメコンテンツ

おすすめ記事