「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞」とは、理想ではなく、実際にその地域で“生活する”という視点から、「発展性」「住環境」「交通の利便性」「コストパフォーマンス」「教育・文化環境」の5つの基準を設定し、国内最大手の住宅ローン専門金融機関であるアルヒ株式会社の膨大なデータをもとに、住宅や不動産の専門家が参画する選定委員会による公平な審査のもと「本当に住みやすい街」を選定したランキングです。
今回は2019年12月に実施した「本当に住みやすい街大賞2020」にランクインした街について、それぞれどのような点が評価されているのか詳しく紹介します。

「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2020」結果発表ページはこちら>>

【本当に住みやすい街大賞2020 第9位「ひばりヶ丘」】

総合評価3.51点
<審査基準>  発展性  3.1点
 住環境  4.0点
 交通の利便性  3.1点
 コストパフォーマンス  4.0点
 教育・文化環境  3.2点

※審査基準の詳細はこちら>>

ひばりヶ丘ってどんな街?

成熟したベッドタウンで、西武池袋線沿線のひばりヶ丘。 ひばりヶ丘駅前にはパルコ や西友があるほか、近隣にはイオンモール東久留米など商業施設も整っていて、利便性にすぐれています。ひばりが丘団地や駅前の再開発が始まり、大規模マンションの供給も活発化していることから、さらなる街の発展に期待が膨らみます。

大規模マンションの供給が盛んなひばりヶ丘

【発展性:3.1点】駅周辺の再開発が進む注目エリア

ひばりが丘団地が、「ひばりが丘パークヒルズ」として再開発が進むなど注目されているエリアです。駅前にはひばりが丘パルコ、西友ひばりヶ丘店があります。すでに便利な地域ですが、駅周辺の再開発が始まったことで、さらなる発展が見込まれています。

【街の声】
「最近ひばりが丘団地がひばりが丘パークヒルズとして新しくなりました。息子も住環境の良さに惹かれてここに家を買ったようです」(70代女性)

【住環境:4.0点】都心へのアクセスがよい成熟したベッドタウン

ベッドタウンとして成熟した街です。駅から離れた場所まで住宅地として開発されているため、住環境も良好です。イオンモール東久留米など生活関連施設が整っており、利便性の高い場所となっています。

【街の声】
「昔よりショッピングできる場所が増えました。道が広くきれいなので、運動がてらウォーキングでパルコに行くこともあります」(50代女性)

【交通の利便性:3.1点】池袋まで15分! 西武池袋線急行停車駅

西武池袋線の急行停車駅であるため、池袋まで最短15分で到着できます。また、バスの本数が多く停留所も多いため、バス利用の利便性が高いです。

【街の声】
「池袋に乗り換えなしで行けるので便利ですね。再開発地区は駐車場が豊富で、車を持っている人が多いので、多少駅から離れていても不満はないです」(30代女性)

ひばりヶ丘南口ロータリーに発着するバス

【コストパフォーマンス:4.0点】ファミリー層でも手が届くお手頃物件が多め

大規模マンションの供給が活発化しており、ファミリー層にも手が届く価格帯です。また、駅から遠い物件はかなり価格が抑えられているので穴場。全体的に安定したコストパフォーマンスだといえそうです。

本場の味を味わえるタイ料理店ロスオーチャー

【教育・文化環境:3.2点】公益施設の整った子育てのしやすい街

公園や図書館など公益施設が充実しており、子育てのしやすい街です。住宅地としての歴史が古く、伝統ある公立小中学校が多く教育環境は良好。また、ひばりが丘2丁目にある「中原小学校」では、老朽化の影響で建て直しが進行しているなど、よりよい環境整備に取り組んでいます。

「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2020」結果発表ページはこちら>>

ひばりヶ丘の地域レポーター記事はこちら
【ひばりヶ丘】無料BBQも! ゆったり時間が流れる「西東京いこいの森公園」
【ひばりが丘】絶品カステラパンケーキも! 地元民が集う「ひばりテラス118」

この記事が気に入ったらシェア

オススメコンテンツ

おすすめ記事