親が高齢になってくると、不安になるのが健康や介護、そしてお金の問題です。医療費や介護費のほか、「親の老後生活費が足りない」といった問題を抱える可能性もあります。自身の老後資金も不安な中、親への援助が必要になるかもしれません。老後の生活費にはいったいいくら必要なのか、親の老後資金をどう調達するか、など、親の老後資金に関するポイントをご紹介していきます。

公的年金だけでは足りない?!老後の生活費

総務省の平成28年家計調査年報によると、高齢夫婦無職世帯の生活費は、1ヶ月あたり「約26万8000円」となっています。
それに対して、シニア世代の収入面はどのようになっているのでしょうか。国民年金の場合、40年間国民年金のみに加入して満額の給付資格を得ている人は、老齢基礎年金が月額約6万5000円(夫婦の場合約13万円)、厚生年金加入者の平均的な年金支給額は月額約22万1000円です(※1)。

いずれにしろ、1ヶ月あたり約26万円かかる老後の生活費には、公的年金だけでは不足が生じます。この不足分を、退職金や預貯金、その他何かしらの収入で補てんして生活をしているということです。親が自身で不足分を賄えない場合、生活費の援助が必要になるかもしれません。

ゆとりある老後のために必要な資金は?

これまで退職後は「隠居」という考え方が一般的でしたが、平均寿命・健康寿命ともに延び、『人生100年時代』という長寿社会を迎えて退職後のセカンドライフをより充実したものにしようとするシニア世代が増えています。自分の親にも老後生活を楽しんで、ゆとりある毎日を過ごしてもらいたいものです。

シニア世代が「旅行」にかける費用の平均は年間32万4000円(月2万7000円)、「グルメ」にかける費用の平均は年間14万4000円(月1万2000円)という調査データがあります(※2)。
また、旅行やグルメといった趣味を満喫して楽しみながら、充実した老後を過ごすためには、1ヶ月あたり「約34万9000円」が必要ともいわれています(※3)。

月々の生活費は公的年金と預貯金等で賄えている場合、さらに月々数万円の資金がプラスされれば、ゆとりある充実した老後を送ってもらうことができるといえるでしょう。

親の老後資金を確保する「リバースモーゲージ」

親の老後生活費が心配、親にゆとりある老後を過ごしてもらうための資金をつくりたい、そんな働き世代から注目されているのが「リバースモーゲージ」です。

リバースモーゲージは、実家を担保にして金融機関から融資を受けることができる金融商品のこと。親は自己名義のまま自宅に住み続けながら老後資金を得ることができます。さらに、融資の使い途は基本的に自由で、さまざまな用途に利用できるのも特長。毎月の生活費が足りない場合はその補てんに充てたり、年金や預貯金で生活費を賄えている場合は、リバースモーゲージで得た資金で趣味の旅行を楽しんだり、自宅をリフォームして快適な暮らしを実現するなど、お金の不安のない、充実した老後を過ごしてもらえるようになります。

月々の返済は不要、もしくは利息分のみで、契約終了時に担保としている自宅を売却して一括返済、というケースが多いため、自分で自宅を購入しており実家の継ぎ手がいない、という働き世代の方にとっては、親が生きている間に実家を「資産」として有効活用できるメリット豊富な商品といえるのではないでしょうか。

まとめ:親の老後の「お金」と向き合うことから始めてみよう

住宅ローンや教育費、さらに自身の老後資金の不安も抱えながら親の老後資金を援助しなければならなくなった場合や、親にもっと充実した楽しい老後を過ごしてもらいたいと望まれる場合、「リバースモーゲージ」を活用して資金確保するのもひとつの有効な手段です。「援助が必要と言われていないけど、親の生活がなんとなく不安」ということもあると思います。まずは一度ご家族で話し合ってみてはいかがでしょうか。

【出典元】
※1 厚生労働省:平成29年度新規裁定者の年金額の例
※2 ソニー生命保険株式会社:「シニアの生活意識調査2017」
※3 生命保険文化センター:平成28年度「生活保障に関する調査」

この記事が気に入ったらシェア

オススメコンテンツ

おすすめ記事