築30年の家が1000万円も高く売れた!?その秘密は?【PR】

「楽しみながら生活を豊かに」をコンセプトのウェブマガジン『REISM STYLE』より、生活の中のさりげないワンシーンやアイテムを通して自己表現できる、とっておきの楽しみ方をご紹介いたします。

部屋選びの際に考慮すべき条件としては、家賃や間取り、周辺環境などさまざまなポイントがある。どの条件を優先するかは人それぞれだが、部屋の方角を重視したいという人もいるのではないだろうか。

一般的には、日あたりの良さから「南向きの部屋がいい」とされているが、希望する家賃やほかの条件をクリアした上で、必ず南向きの部屋が見つかるとも限らない。
そこで、東西南北の方角について、どのようなメリット・デメリットがあるのか見ていこう。

南向きの部屋がベストというのは本当?

冒頭でも述べた理由から、南向きの部屋は人気が高い。賃貸住宅は「南向き>東向き>西向き>北向き」の順で人気があり、人気の高さに比例して家賃も高くなっている。

ただし、当然南向きの部屋にもデメリットはあり、北向きの部屋にもメリットがあるため、南向きの部屋が誰にとってもベストとは言い切れない。ライフスタイルによっておすすめの部屋の方角は変わってくるため、それぞれの方角の特徴を踏まえて、部屋選びをしていくことが大切だ。

部屋の方角別メリット・デメリット

東西南北それぞれの方角別に、メリットとデメリットを紹介していこう。

南向きの部屋
南向きの部屋は日照時間が長く、一日を通して室内に日光が入りやすいという点が最大のメリット。日中は明るい部屋で過ごせる上、洗濯物も乾きやすい。

メリット
・日照時間が長く、部屋が明るい
・冬でも室温が下がりにくい
・洗濯物が乾きやすい

デメリットとしては、部屋が暑くなりやすいことと、壁紙や家具などが日焼けしやすいこと。また、人気の高さゆえに、ほかの方角よりも家賃が高い傾向がある。

デメリット
・夏場は室温が上がりやすい
・壁紙や家具が日焼けしやすい
・家賃が高い傾向がある

東向きの部屋
南向きに次いで人気がある東向きの部屋は、朝日が南向きの部屋よりも差し込みやすいという特徴が。
部屋の奥まで日光が差し込むため、気持ちの良い目覚めを迎えられるだろう。また、午後は南向きの部屋ほど暑くはならないため、夏場でも比較的過ごしやすい点が魅力。

メリット
・朝日が差し込む
・午後は夏場でも室温が上がりにくい

午後は部屋が冷えやすいため、寒い時期は対策が必要。また、東向きの部屋の場合は朝から洗濯物を干して、午後までに乾かす必要があるだろう。

デメリット
・午後は暗くなりがちで、部屋も冷えやすい
・洗濯物は朝から干す必要がある
・南向きに次いで家賃が高い傾向に

西向きの部屋
西向きの部屋は、西日が部屋の奥まで差し込むため、午後の日中に部屋で過ごしたい人におすすめ。午後であれば洗濯物が乾きやすく、室内も暖まりやすい点がメリットだ。

メリット
・午後は洗濯物が乾きやすい
・冬場の午後は室内が暖まりやすい

東向きの部屋とは反対に、朝日が入りにくく、朝は暗くなりがちなのがデメリット。また、西日で室温が上がりやすいため、夏場の午後は暑さ対策が必須といえるだろう。

デメリット
・午前中は暗い
・夏の午後は室温が上がりやすい
・壁紙や家具が日焼けしやすい

北向きの部屋
最も人気が低い北向きの部屋だが、ライフスタイルによっては、安い家賃で快適に過ごすことができる
全体的に部屋に差し込む光がやわらかいため、屋内作業や勉強に向いているのが北向きの部屋のメリットだ。テレビやパソコンの画面に日があたって見づらいこともないだろう。

メリット
・家賃が安い傾向
・部屋に入る光がやわらかく、落ち着いて過ごせる
・テレビやパソコンの画面に光が反射しにくい

北向きの部屋はほかの方角よりも日あたりが悪いため、一日を通して部屋が薄暗く、室温も下がりやすいことがデメリット。冬場は外との寒暖差によって結露が起きやすい点にも注意したい。

デメリット
・一日を通して日あたりが悪い
・室温が下がりやすい
・外気との寒暖差で結露が発生しがち

方角別・こんなライフスタイルの人におすすめ!

各方角の特徴を踏まえて、それぞれの部屋がどのようなライフスタイルの人におすすめなのかを見ていこう。

南向きの部屋
日照時間の長い南向きの部屋は、在宅ワーカーや専業主婦のように、家にいる時間が長い人に向いている。洗濯物が乾きやすいため、洗濯の回数が多い人や人数の多い家庭にもおすすめだ。

東向きの部屋
朝日がしっかりと差し込む東向きの部屋は、朝の生活リズムを整えたい一人暮らしの人が◎。午前中のうちに洗濯を済ませたい朝型の人にも、東向きの部屋は重宝されるだろう。

西向きの部屋
午後から夕方にかけて西日が差し込む西向きの部屋は、出勤時間が遅めの人や夜勤が多い人など、午後に部屋で過ごす時間が長い人におすすめ
また、南向きや東向きの部屋よりも家賃を抑えられるため、できれば家賃を節約したいという人も選択肢に入れるといいだろう。

北向きの部屋
部屋選びの条件で家賃の安さを最も重視したいのであれば、北向きの部屋を探してみよう。
また、一日のうちのほとんどを会社や学校で過ごすため家にいる時間が短かったり、休日もほとんど外出していたりという人なら、北向き特有の日あたりの悪さはそこまで気にならないはず。

自分のライフスタイルに合わせて部屋の方角を決めよう

部屋の方角は南向きが絶対にいいというわけではなく、部屋での過ごし方や家で過ごす時間の長さが大きく関係してくる。
そのため、まずは「仕事は何時出勤か」「午前と午後、家にいる時間が長いのはどちらか」「休日はゆっくり家で過ごしたいのか」など自分のライフスタイルを振り返り、ぴったり合う方角を選ぶようにしよう。

(この記事はREISM株式会社が運営するREISM Styleの記事を一部編集、転載しています)

この記事が気に入ったらシェア

オススメコンテンツ

おすすめ記事