11月にオープンし、最新おでかけスポットとして話題の商業施設「グランベリーパーク」。場所は、東急田園都市線の「南町田グランベリーパーク」駅直結。駅と公園、ミュージアム、映画館、商業施設が一体になった斬新な複合施設で、アウトレットやグルメ、アウトドア、キッズ、エンターテインメントなどをテーマにした全241店舗が出店しています。今回はファミリーでのお出かけにおすすめのショップや過ごし方を紹介します。

食べて、遊んで、学べるファミリー向けエリアあり! キッズディスカバリー

フードコート、フードピクニックには7店舗が出店。小上がり席やワイドテーブル席ほか、子どもが靴を脱いで遊べるキッズスペースもあります 提供/町田市・東急株式会社

まず、ファミリーでのお出かけでチェックすべきなのは「キッズディスカバリー」エリア。赤ちゃんや子ども連れで訪れやすいフードコートをはじめ、玩具専門店や遊び場などがここに集まっています。パーク内はかなり広いため、子どもが喜ぶスポットが集約されていると過ごしやすいですね。

オリジナルチキンの手づくり調理体験ができるKFCレストラン

(右)料金は平日ランチ(制限時間80分)で大人1,980円+税、小学生980円+税。土日ランチやディナー設定料金もあり。4〜6歳はすべての曜日・時間帯で480円+税
(左)KFCキッズスクールは約70分。小学生から、保護者同伴で参加可能。参加費は無料ですが、同伴の保護者はブッフェ料金の支払いが必要です
※土曜、もしくは日曜に月1〜2回開催予定

キッズディスカバリー内にあるKFCレストランは、関東では初出店となるブッフェスタイルのレストラン。みんなが大好きなオリジナルチキンほか、カーネルクリスピーやリングビスケット、オリジナルチキンと相性抜群の特製スープカリーなどを好きなだけ食べることができます。子ども用の食器なども完用意されています。
このKFCレストランは、キッズ向けのオリジナルチキンの手づくり調理体験プログラムが楽しめるのが大きな特徴。手づくり調理の楽しさや、みんなで食べる食事のおいしさを体験しながら、食の大切さを実感することができそうです。

人気キャラクター大集合の室内遊び場「FUN VILLAGE with NHKキャラクターズ」

(右)大きな滑り台などもあり、思いきり遊び回れる広いスペースになっています
(左)中央のモニターで流れる映像のなかには、ここでしか見ることのできないスペシャルコンテンツも含まれているそう

キッズディスカバリーの2階にある「FUN VILLAGE with NHKキャラクターズ」は、NHK Eテレ人気幼児番組のキャラクターをモチーフにした遊具で遊べる室内アミューズメント施設。ボールプールや滑り台、ボルダリングウォールなどが設置されています。「いないいないばあっ!」のワンワンや「おかあさんといっしょ」のガラピコぷ~、「みいつけた!」のコッシー、サボさんなど番組に登場するキャラクターたちの姿が随所にあって、子どもは大喜びするはず。

(右)ボルダリング体験ができるサボさんのサボテンクライム
(左)ガラピコぷ~との記念撮影も楽しめます。料金は子ども(6ヶ月〜12歳)で30分税込700円、60分税込1,300円、90分税込1,900円、120分税込2,500円で延長は10分ごとに税込200円。大人は一律税込500円

“ほしい”がそろう子育て応援コンビニ「ローソンプラストークス」

キッズディスカバリー1階にあるローソンは、子育てファミリーに特化したおもしろいコンセプトのコンビニ

おむつやミルク、レトルト離乳食はもちろん、お食事エプロン、離乳食用カトラリー、歯固めなど出先で必要になりそうなベビー用品を厳選して取り扱っています。キッズ用のおやつや東急電鉄のオリジナルグッズなども販売。「持参し忘れた!」というときに駆け込めるショップがあるのは大きなポイントです。

クライミング&カヤックのアウトドア体験ができる「モンベルヴィレッジ」

高さ約12メートルのクライミングピナクル。ヘルメットとハーネスをつけて登ります。運動靴の着用が必須。1トライで小学生税込600円、中学生以上税込800円(どちらも装備レンタル料を含む)

アウトレットでのショッピングや映画鑑賞など定番の楽しみ方のほかに、ファミリーでぜひ挑戦してほしいのがプチアウトドア体験。キッズディスカバリーの隣にあるモンベルヴィレッジは、人気アウトドアブランド・モンベルの国内最大級店舗です。ショップ前にはカヤックが体験できる人工池やクライミング体験用ピナクルが常設されています。

 

(右)登山用品、スキーウェア、自転車用品など充実のラインナップ。ベビーサイズからそろっています
(左)人工池ではカヤックの体験ができます。3歳〜小学2年生は保護者と同乗。1トライで3歳以上税込600円(装備レンタル料を含む)

ショッピングの合間に、気軽にアウトドア体験ができるとあって、人気のスポットです。クライミングもカヤックも事前予約は受け付けていないため、11〜16時の開催時間内に早めに訪れるのがよさそう(天候などにより実施時間の変更や中止となる場合もあります)。

緑に囲まれながら食事できる新感覚レストラン「ファーマーズ キッチン」

 

店内のキッズガーデンは食事利用の場合のみ利用できます
さまざまなメイン料理と、約80 種類の農園野菜ブュッフェが自慢のメニュー。体にいいものを、自分のバランスで好きなだけ楽しめます

グリーンリビングエリアにあるファーマーズ キッチンは、店内にグリーンがディスプレイされたリラックスできる空間。三世代で過ごせる場所をイメージしてつくられています。メニューは窯焼きピッツァやパスタなどのイタリアンが中心。キッズガーデンと呼ばれるコーナーもあり、6歳までの子どもが遊ぶことができます。子どもが先に食べ終わっても、遊べるスペースがあれば、大人もゆっくり食事ができますね。

スターバックスは三世代で過ごしやすいバリアフリー設計

グランベリーパークには、ちょっとしたブレイクタイムに欠かせないスターバックスも入店

この店舗はスターバックス初の店内・バックルームともにバリアフリー設計になっているのが大きな特徴です。フロアは広々としていて、ベビーカーでもスイスイ通れます。ベビーカーを横付けできる低めソファ、子どもと一緒に座れる幅広ソファなども導入されているので、これまでは「テイクアウト利用だけだった」というファミリーも、店内でゆっくりコーヒータイムを楽しむことができそう。2020年1月からはオンライン座席予約システムも導入される予定です。

自然豊かな鶴間公園までは遊歩道でつながっている!

グランベリーパークは鶴間公園と隣接

今回のオープンに合わせて整備された遊歩道のおかげで車道を渡らずとも行き来することができるようになりました。2つの芝生広場、里山のような雰囲気のつるまの森、遊具のある3つの遊び場があり、開放的な空間で走り回ったり、ボール遊びをしたり、遊具で遊んだりと家族でのんびり、ゆっくり過ごすことができます。これだけ広いと、ピクニックにもぴったり。ショッピングモールでよくある悩み「食事する場所がない」「レストランで長時間並ぶ」といった問題も、公園でのピクニックが選択肢に加わることで解消されそうです。実際、南町田グランベリーパークにはテイクアウトできるレストランやショップが多数入店しているため、ランチを調達するのに手間はかかりません。

南町田グランベリーパーク駅に最も近いエリア、ステーションコート1階にあるクリスプ・サラダワークス。カスタムサラダ専門店で、合成保存料、着色料不使用のヘルシーなサラダをテイクアウトできます。公式モバイルアプリを使えば事前注文・決済ができるので、混雑していてもスムーズに受け取りが可能。もちろんイートインもできます

ヘルシーなカスタムサラダをテイクアウトできるクリスプ・サラダワークス、セントラルキッチンが南町田にある利点を生かして総菜の量り売りを提供する成城石井、オリジナルレジャーシート付きのピクニックセットが人気のPEANUTS Cafe スヌーピーミュージアムをはじめ、コーヒーやスイーツをテイクアウトできるショップも多数そろっています。

スヌーピーの世界観に入り込めるPEANUTS Cafe スヌーピーミュージアムでは、テイクアウト可能なピーナッツ・ギャング ピクニックセットも提供。オリジナルレジャーシートも付いてくる! ©️Peanuts Worldwide LLC

そのほかベビールームは全6ヶ所、キッズディスカバリーにはキッズトイレがあり、ベビーカーの貸し出しサービスや一時預かり専門の託児所もあるため、1日中家族で快適に過ごせる場所になりそうです。

駅直結で、ショッピングもグルメも遊びも楽しめる場所はとても貴重。この週末のお出かけ候補に、南町田グランベリーパークをぜひ入れてみてくださいね。

取材協力/南町田グランベリーパーク
画像提供/町田市・東急株式会社

※本記事の掲載内容は執筆時点の情報に基づき作成されています。公開後に制度・内容が変更される場合がありますので、それぞれのホームページなどで最新情報の確認をお願いします。

この記事が気に入ったらシェア

オススメコンテンツ

おすすめ記事