築20年の我が家が…!一括査定で最高価格をチェック!【PR】

住宅購入は、人生の中でとても大きな買い物です。一度買ってしまうと簡単には住み変えられないので、選ぶ際には多くの悩みを抱える人もいることでしょう。
3D設計を手がける建設コンサルタント会社「株式会社アイプラン」が、年収350万以上で子どもがいる45歳以下の夫婦を対象に実施した「住宅購入に関する調査」によると、住宅の購入を検討する際、情報収集に苦労する人が多い様子が明らかになりました。

家族が増えるタイミングで住宅購入を検討する人が多い

株式会社アイプランが実施した調査によると、住宅購入検討者が「住宅購入を検討したタイミング」は、「出産」39.2%が最も多く、2位は「結婚」23.7%であることが分かりました。結婚や出産によって家族が増えることで従来の住まいが手狭になり、住み替えを検討し始めるケースが多いようです。
また、「昇給や昇格」15.5%、「転職」11.7%という回答も目立ったことから、収入が安定したタイミングで住宅の購入を考える人もいる様子がうかがえました。

出典:株式会社アイプラン「住宅購入に関する調査」

住宅を探す際、最も困るのは「情報収集」

「住宅購入を考え始めてまず大変だったことを教えてください」という質問の回答を見てみると、トップ3は「情報収集」42.9%、「購入資金づくり」30.3%、「不動産屋探し」12.5%という結果でした。一般の人は住宅購入に関するノウハウを持っていないため、施工者や物件、エリアについての情報収集に苦労するようです。
マイホーム購入に際しての情報収集法は、希望する住まいの形態によって異なるようです。2019年4月に国土交通省から発表された、2018年度の「住宅市場動向調査報告書」によると、施工者・物件に関する情報収集方法は、注文住宅取得世帯の場合は「住宅展示場で」、分譲戸建住宅取得世帯場合は「不動産業者で」、分譲マンション取得世帯場合は「インターネットで」行う人が最も多くなっています。

出典:株式会社アイプラン「住宅購入に関する調査」

最近ではVRによる情報収集が可能に!

住宅購入を検討する際には、物件内の様子も重要な決め手になることでしょう。室内の様子を確認するには、現地に足を運んで「内覧」を行うことが理想的です。この内覧について「不便に感じることや大変に思ったことはどのようなことですか?」という質問では、「何度も行くのが面倒」という回答が56.0%と最も多く、次に「悪天候時などに大変」15.0%が続きました。離れた場所に足を運んだり、天気の悪い日に外へ出たりすることに、負担を感じる人は少なくないようです。

出典:株式会社アイプラン「住宅購入に関する調査」

そのため、「現地に行かずに内覧することができるVRがあったら活用したいですか?」という質問では、「活用したい」と答えた人が76.0%に上りました。理由としては、「遠方のモデルハウスに行く手間も省けて便利になりそう」「子どもを連れて行くのが大変なので、ぜひ使ってみたい」などが挙がっています。

出典:株式会社アイプラン「住宅購入に関する調査」

株式会社アイプランでは、不動産向けVR内覧システム『内覧くん』というサービスを提供しています。時間のない人や子育て中の人などは、このようなサービスをうまく利用し、情報収集を進めると良いかもしれませんね。

【調査概要】
■調査期間:2019年10月18日(金)~10月24日(木)
■調査方法:インターネット調査
■調査人数:1,015人
■調査対象:子どもがいる年収350万以上の45歳以下夫婦
■モニター提供元:ゼネラルリサーチ

ニュース提供元:PRTIMES

情報提供元:株式会社アイプラン

この記事が気に入ったらシェア

オススメコンテンツ

おすすめ記事