幼い頃、漫画やアニメ、絵本などの世界観やキャラクターに夢中になった懐かしい思い出を持っていませんか? 子どもだけでなく、大人になった今もなお、多くの人々を魅了し続けているキャラクターがあります。日本や世界で愛されるキャラクターをテーマにしたミュージアムやイベントを取り上げるシリーズ、第4弾はドラえもん。今回はドラえもんをはじめ、多数の人気キャラクターの生みの親である藤子・F・不二雄さんの作品世界やメッセージを広く伝える「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」を訪れました。

愛され続けて50年! ドラえもんは未来からやってきたネコ型ロボット

ミュージアムは作者、藤子・F・不二雄さんが長年住んでいた神奈川県川崎市多摩区にあります

『ドラえもん』は、漫画家藤子・F・不二雄さんによるSF漫画で、作品に登場する主人公、ドラえもん(キャラクター)は未来からやってきたネコ型ロボット。その愛らしい姿は、知らない人はいないほど子どもにも大人にも愛され続けています。初登場は1970年1月号の学年誌で、ドラえもんが始まってから50年を迎えます。1973年にはアニメ化され、一度終了したものの現在も放送が続いている長寿番組です。そんなドラえもんをはじめ、作者が生み出した作品の世界や残したメッセージを伝える場所として、川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムが開設されています。ここは子どもの頃から作品に慣れ親しんできた大人、現役のドラえもんファンの子どもたちと、世代を問わず楽しめる場所になっています。

貴重な原画や映像がたくさん展示されている!

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムは3フロアで構成されていて、1Fと2Fの「展示室」では代表作のカラー原画や作者の作品年表などを展示。ドラえもんなど数々の名作の貴重な原画を間近で見ることができます。作者が残した原画は約5万枚。定期的に入れ替えをしながら常設展示されています。

貴重な原画がずらり。関連アニメも流れています。展示エリア(2F「きこりの泉」を除く)は写真・ビデオ撮影禁止なので注意

受付では、おはなしデンワという音声ガイドを無料で借りることができ、展示物の近くにある番号を押すと、原画や創作活動にまつわるエピソードを聞くことができます。おはなしデンワはキッズ用もあり、子どもでも展示を楽しみやすい工夫がされています。

1Fにある、臨場感あふれる「先生の部屋」は見どころのひとつ。作者が愛用していた机と、膨大な蔵書や資料、秘蔵コレクションアイテムが展示されています

ドラえもん50周年展を期間限定で開催!

ドラえもんの新連載予告ページを立体的に再現

多数の作品を生み出した藤子・F・不二雄さんですが、最も人気が高いのはやっぱりドラえもん。2Fの「展示室Ⅱ」では、登場から50年を迎えるドラえもんの魅力をたっぷり味わえる企画展『ドラえもん50周年展』が開催されています。

(右)藤子・F・不二雄の手のブロンズ像「先生の右手」を展示
(左)『ドラえもん誕生』(「コロコロDX」)1978年11月25日号の原画

企画展は2021年1月末まで3期に分けて開催される予定で、現在は第1期「ぼくドラえもん。」(2020年1月30日まで)を展示中。複数あるドラえもんの第1話を比較したり、同じ年、月に連載された小学1年生〜小学6年生の原画を同時に展示するなど、ドラえもんのはじまりに触れることができる貴重な機会です。

ドラえもん50周年展第1期は現在開催中。2020年1月30日(木)まで
ドラえもん50周年展第2期は2020年2月8日(土)から7月12日(日)まで、第3期は同7月18日(土)から2021年1月31日(日)まで開催予定

2Fには実際に遊べる、体験できるコーナーも

静かに鑑賞する展示エリア以外にも、ミュージアム内には触れたり遊んだりできるコーナーが設けられています。中でも注目なのは「Fシアター」。200インチスクリーンを備えた映像展示室で、このミュージアムでしか観られないオリジナルの短編映像を上映。上映スケジュールが決められており、回によっては早々と満席になる人気ぶりです。現在はドラえもん、のび太、パーマンなどが登場する「ドラえもん&Fキャラオールスターズ『月面レースで大ピンチ!?』を上映中です。

受付で配布される、Fシアター入場キップ。鑑賞は1人1回限りで、写真・ビデオ撮影は禁止です。キップは持ち帰りOK!

藤子・F・不二雄さんの作品を自由に読むことができる2Fの「まんがコーナー」も人気。『ドラえもん』だけでなく『パーマン』『オバケのQ太郎』『キテレツ大百科』『ウメ星デンカ』『エスパー魔美』、またSF短編集などもそろっているので、まだ読んだことがないF作品に触れられる絶好の機会。ここだけで数時間過ごせそうなほど充実しています。

まんがコーナー。どら焼きを食べながら漫画を読んでいるドラえもんと記念撮影するのもおすすめ
まんがコーナーの奥には、未就学児が遊べる「キッズスペース」もあります。ひみつ道具をモチーフにした遊び道具がいっぱいで、地底探検車やガリバートンネルを発見! キッズスペースの隣にはおむつ替え・授乳室も完備
2F展示エリアの奥には、きこりの泉が。作品に登場するひみつ道具、きこりの泉ときれいなジャイアンを見ることができます。ここは撮影OK!

屋上スペースではドラえもんやどこでもドアと記念撮影ができる

3Fはミュージアムカフェや屋上スペースの「はらっぱ」があります。芝生が広がるはらっぱには、ドラえもんの世界観には欠かせない土管やどこでもドア、ピー助などが展示されていて、人気のフォトスポットになっています。

(右)『映画ドラえもん のび太の恐竜』に登場するピー助。2020年3月には『映画ドラえもん のび太の新恐竜』が公開予定
(左)夢のフォトスポット、どこでもドア。土管もどこでもドアも、休日には撮影待ちで行列ができるほど
(左・右)はらっぱではドラえもん以外にも『キテレツ大百科』のコロ助や『パーマン』のパーマン1号やブービーなどを発見

遊び心いっぱいのカフェやミュージアム限定のおみやげもチェック

はらっぱの様子を眺めながら食事できる「ミュージアムカフェ」は、ここでしか楽しめないオリジナルメニューが豊富。キャラクターをモチーフにした食事やデザート、ドリンクが多数そろっています。品数が多く、季節やイベントごとに新メニューも登場するので、何度通っても楽しめそうです。

(右)明るく開放的な店内。至るところにキャラクターの姿が
(左)新メニュー、ドラゲリータ〜ドラえもんピザ〜(税込1,400円)は初登場のドラえもんの姿を表現したマルゲリータピザ。茶色い部分はココアがかかっています
(左・右)四次元ポケットプレート(税込900円)は一見お子様ランチ風ですが、大人もオーダー可能。コロ助の海苔おにぎりの裏側はドラえもんです。プレートは1Fのミュージアムショップでも販売されています
(右)カフェはデザートやドリンクメニューも充実。未来の国からはるばるタルト(税込1,250円)はドラえもん初登場シーンをお皿の上で表現しています。かわいくてなかなか手をつけられない! 
(左)カフェラテ(税込580円)は、人気キャラクターのラテアートが目印。ホットでもアイスでもラテアート付きですが、どの柄になるかはテーブルでのお楽しみ。取材時は期間限定のクリスマスバージョンのドラえもんラテが登場

出口の手前にある「ミュージアムショップ」ではぬいぐるみ、マグカップ、プレート、ステーショナリー、漫画やTシャツなどミュージアム限定のオリジナルグッズが多数販売されています。

(右)性別、年齢問わず使えるふろしき(各税込1,650円)は人気アイテム
(左)タケコプターヘアバンド(各税込1,020円)は、装着しながらミュージアム内を回る子どもや大人の姿も!
(右)デニムドラ(初登場Ver.)(税込2,200円)はスタイリッシュなデザイン
(左)ほぼ日手帳weeks「ドラえもん手帳」第3弾として発売されている2020年の手帳(税込3,850円)は、大長編「ドラえもん のび太の大魔境」がモチーフ。オリジナル付箋付き。人気キャラクター大集合のオールキャラ消しゴム(税込110円)とセットで使いたい

はらっぱの一角にあるギフトコーナー「藤子屋」も見逃せません。どら焼きやアンキパンラスクなど、ミュージアムショップにも売っていない商品も多数取り扱っています。

カード付きのイケメンスナック(右、税込190円)は大人にも子どもにも人気。かわいいプリント入りのドラえもんボーロ(左、税込390円)はベビーのおやつに

「あったらいいな」と幼少の頃に憧れたドラえもんの四次元ポケットから飛び出す多種多様なひみつ道具。ドラえもんのいる不思議な世界に心酔できるミュージアムは何度でも訪れたくなる場所になりそうです。

写真提供/ⒸFujiko-Pro

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
川崎市多摩区長尾2丁目8番1号
アクセス:小田急線・J R南武線登戸駅より川崎市バスの直行便で約9分(駐車場はなし)
0570-055-245(9:30〜18:00)
10:00〜18:00
火曜休館(2019年12月24日は営業、12月30日〜2020年1月3日は休業)
チケットは日時指定制(入館時間は10時、12時、14時、16時)
入館料:一般・大学生 1,000円、中学・高校生 700円、4歳〜小学生 500円

この記事が気に入ったらシェア

オススメコンテンツ
おすすめ記事