「え、査定額400万円も違うの?」約1分の簡単入力で10社へ一括査定依頼【PR】

感性を刺激する多数のショッピング施設、マリンスポーツが楽しめる開放的な海、観戦もプレイも楽しめるスポーツ施設、優雅な時を演出するホテル群、そして、心躍るイベントの数々。幕張新都心を訪れると、“人生はもっと何倍も楽しめる”という気持ちが膨らみます。「幕張ベイパーク」は、この幕張新都心で20余年ぶりの大規模住宅地区開発。首都圏最大級(※1)・約17.5haもの街づくりへの期待を胸に、竣工を迎えた「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」の棟内モデルルームを見学してきました。

「職・遊・学・住」機能が計画的に整備され、多彩な楽しさを生む「幕張新都心」

外観完成予想図/クロスタワー&レジデンスホームページより

総面積552ha。広大な白いキャンバスに都市の理想を描き出すべく街づくりが進められてきた幕張新都心。豊かな緑に彩られた街並みに「職・遊・学・住」の機能が集結する幕張新都心の街づくりは、時代に先駆け、新しい街の在り方を示し、新しい生活スタイルを創造してきたと言えるでしょう。その実現のために、先進的な都市システムの導入や環境デザインマニュアルの策定など、数々の新たな試みがあったことも、この街づくりの特徴です。

現地周辺空撮写真
現地周辺空撮写真(2017年7月撮影)(※2)。6つの地区で構成される「幕張新都心」。 その最後のピースが「幕張ベイパーク」です/スカイグランドタワーホームページより

現在の街は、6つの地区で構成されています。JR「海浜幕張」駅を中心にする「商業地区」には、「三井アウトレットパーク幕張」や「メッセ・アミューズ・モール」「イオン幕張」など多数の商業施設が並び、賑わいを見せています。海際と街の中心部は「公園地区」。「ZOZOマリンスタジアム」では野球観戦、海辺ではマリンスポーツやランニング、ビーチヨガが楽しめます。その他、大規模なイベントが開催される「幕張メッセ」を擁する「オフィス地区」、進学校として知られる「渋谷教育学園幕張中学校・高等学校」はじめインターナショナルスクールや大学を擁する「文教地区」、成熟を重ねた街並みが美しい「住宅地区(幕張ベイタウン)」など、多彩なエリアがひとつになることで、多世代が集まり、そこに、新しい交流や文化が生まれ、いつも活気にあふれる街が創られてきたのです。

商業施設/沿線随一のショッピング天国!

JR「海浜幕張」駅前の「三井アウトレットパーク幕張」は、海外の有名ブランドや日本初出店の新規ブランド、レストランやカフェなど、127店ものショップが集まる大規模なショッピングモール。授乳室やお子様用トイレもあり、小さなお子様連れでも安心してショッピングが楽しめます。その他、千葉県最大級の規模を誇る「イオンモール幕張新都心」や会員制倉庫型店舗「コストコホールセール」、10スクリーンの映画館を擁する「メッセ・アミューズ・モール」など、多彩な商業施設が集積しています。
4月13日には、「幕張ベイパーク」内に「イオンスタイル 幕張ベイパーク」もオープン。マンションのすぐ足元でも、買い物や食事、カフェタイムが楽しめるようになりました。

三井アウトレットパーク幕張/スカイグランドタワーホームページより
イオンモール幕張/スカイグランドタワーホームページより

<最寄りのスポットまでの距離>
※以下、クロスタワー&レジデンス=C、スカイグランドタワー=S
三井アウトレットパーク幕張:C約850m(徒歩11分)、S約1020m(徒歩13分)
メッセ・アミューズ・モール:C約1020m(徒歩13分)、S約990m(徒歩13分)
イオンスタイル幕張ベイパーク:C約150m(徒歩2分)、S約370m(徒歩5分)

イベント/賑わいを生み、街に活気をもたらすイベントの数々

「幕張新都心」の名を世に知らしめているのが、ビッグイベントの数々。「幕張ビーチ花火フェスタ」や「幕張ビアガーデン」、都市型ロックフェスティバル「サマーソニック」、年越しフェス「カウントダウン ジャパン」の際には、多くの人がこの街を訪れ、街は活気にあふれます。これらイベントに気軽に歩いて行ける点も、ここに住む魅力のひとつです。その一方で、イベント会場が駅を挟んで反対側にあるので、暮らしの穏やかさが守られるポジションであることもチェックしておきたい点です。

幕張ビーチ花火フェスタ/スカイグランドタワーホームページより

教育環境/保育園から大学まで揃う文教エリア。打瀬小学校へ徒歩9分圏

「幕張ベイパーク」の北東側は文教地区。進学校として知られる「渋谷教育学園幕張中学校・高等学校」や「幕張インターナショナルスクール」「千葉県立保健医療大学」「放送大学千葉学習センター」など、多彩な教育機関が集まっています。「この小学校に通わせたいから」という理由で転居してくる方も多いという「打瀬小学校」へは、「クロスタワー&レジデンス」から徒歩8分、「スカイグランドタワー」からは徒歩9分。中学校・高等学校は、「幕張新都心」エリアに、公私立合わせて3校ずつ。インターナショナルスクールもあるので、子どもの教育に関する選択肢も広がります。また、「幕張ベイパーク」には、認可保育所や自宅送迎・習い事付きの学童保育・幼児保育施設もオープン。共働きの方々にも安心して子育てできる環境が整っています。

打瀬小学校/スカイグランドタワーホームページより

<最寄りのスポットまでの距離>
※以下、クロスタワー&レジデンス=C、スカイグランドタワー=S
打瀬小学校:C約610m(徒歩8分)、S約650m(徒歩9分)
打瀬中学校:C約1610m(徒歩21分)、S約1410m(徒歩18分)
渋谷教育学園幕張中学校・高等学校:C約1420m(徒歩18分)、S約1690m(徒歩22分)

アクセス【1】/東京駅へ直通30分。羽田・成田空港への直通高速バスも運行

JR京葉線「海浜幕張」駅からは「東京」駅へ直通30分(通勤時38分)、ダイレクトアクセスがかないます。平日朝7時台は13本、8時台は12本が運行。始発電車もあるので、座って通勤することもできます。また、「幕張ベイパーク」停留所から羽田・成田空港への直通高速バスがあり、羽田空港へ最短で52分、成田空港へ最短で46分でアクセスすることができます。出張や旅行の際の足回りもスムーズです。

所要時間図
所要時間図(※3)/スカイグランドタワーホームページより

アクセス【2】/駅や商業施設へは「幕張ベイパーク線」も便利
「海浜幕張」駅へは「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」から徒歩15分。「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」から徒歩13分。両サイドにお店が並ぶ「イオンスタイル幕張ベイパーク」を通り、「幕張海浜公園」の緑の中を抜ければ、駅が見えてきます。フラットで、朝は散歩気分で歩くのも心地よいアプローチです。雨の日や帰宅が夜遅くなった日には「幕張ベイパーク線」(バス)が便利。「若葉公園」停留所から「海浜幕張駅」停留所まで約5分。平日の朝7時台・8時台は約10分に1本が運行。朝6時台~最終24時台まであるので、通勤・通学の足として使えます。

ライターの注目ポイント
「幕張新都心は、海と緑、生活機能、多彩な楽しさがつまったコンパクトシティ」

「幕張ベイパーク」では、スーパーやカフェ、教育施設などが続々とオープン

幕張新都心を構成する6つの地区のラストピースとなるのが、「幕張ベイパーク」です。「幕張ベイタウン」の大規模住宅地区開発としては実に20余年ぶり、しかも、首都圏最大級のスケールとあって、注目を集めています。「幕張ベイパーク」が目指したのは、「住む」だけでなく「遊ぶ」、「学ぶ」、「食べる」、「買う」の機能が集まる「ミクストユース」の街づくり。「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」が竣工し、いよいよ人が住む街としてスタートした「幕張ベイパーク」には、様々な施設が誕生しています。そして、「ミクストユース」の街づくりが目指した、人々の交流が既に育まれつつあることを体感しました。

マンションミュージアムの模型で「幕張ベイパーク」の全景を確認。10年以上をかけて、住宅、オフィス、商業施設が開発され、約1万人(予定)が暮らす街が創られます/取材時撮影

駅から「幕張ベイパーク」へ入ると、まず迎えてくれるのは、商業施設「イオンスタイル 幕張ベイパーク」。スーパーマーケットをはじめカフェやレストラン、100円ショップ、雑貨店が並んでいます。スーパーマーケットは午後10時まで営業しているので、共働きの方にも便利。また、約100席ものイートインスペースがあり、お子様連れでも気軽に食事を楽しむことができます。中央に広がるのは、ローンパーク(若葉三丁目公園)。多くの子どもたちが遊んでいた広い芝生の公園では、イベントなども計画され、コミュニティの中心としての役割も果たすそうです。

4月13日にオープンした「イオンスタイル幕張ベイパーク」。スーパーマーケットには、クリーニング店や調剤薬局、ATMコーナーも併設されています/スカイグランドタワーホームページより

「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」の街区には、認可保育所と学童保育・幼児保育施設、インターナショナルスクールなどの教育施設と、コンビニエンスストア、そして、コワーキングスペース&シェアキッチン「TENT幕張」がありました。学童保育・幼児保育施設では、自宅までの送迎や習い事が受けられるなど、それぞれの教育施設に新たな試みがあり、新しい子育ての形を提案しています。また、「TENT幕張」では、様々なイベントが開催され、小さなお子様連れのママたちが和やかに集っていました。

認可保育所「HOPPA 幕張ベイパーク」。手づくりの給食を提供/取材時撮影

その他にも、サッカー・フットサル場(※4)やBBQパーク(※4)、クラフトビールが楽しめるブリュワリー(※4)など、楽しい時間を過ごせる施設がオープン。「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」の建設が進む新街区には、アリーナ付スポーツ施設やスポーツバー・レストラン、クリニックモールが計画されています(※5)。「幕張ベイパーク」の街づくりは、まだ初期段階。これからの街の変貌も、ここに住む楽しみのひとつになりそうです。

幕張ネイバーフッドポッド(※4)。クラフトビールが楽しめるブルワリーレストランやカフェ、防音スタジオが併設されています/取材時撮影

「街づくり」「街そだて」をする新しい仕組み「幕張ベイパーク エリアマネジメント」

いつまでも輝き続ける街にするための取り組みとして、「幕張ベイパーク」では、「エリアマネジメント」(通称:B-Pam(ビーパム))を採用しています。複数の管理組合と自治会機能と商店会機能が融合しながら、街に住む人や働く人、テナントなどが主体となって、「街づくり」「街そだて」をする新たな組織・仕組みです。そのひとつの取り組みとして、「TENT幕張」では、ハワイアンキルトやピラティス、ハワイアンマルシェ、サマーキャンプ、プラレールなど、多彩なイベントを開催。人々が出会い、交流する機会を提供しています。

景観と歩行者の安全に配慮した街づくり

街区内では、電線類を地中化。歩道もゆったりとした幅が確保されており、ベビーカーでも、車椅子でもすれ違いを気にせず、歩くことができそうです。また、街区内車道の随所にカーブを作り、車の速度が自然に落ちるようにするなど、安全のための工夫が施されていました。

車の速度が落ちるように、車道の随所に配置されたカーブ/取材時撮影

ライターの注目ポイント
「買い物も外食も仕事も子育てもサッカーもBBQも楽しめる『幕張ベイパーク』」

棟内モデルルームで窓の外に広がる眺望に感動。いますぐ入居可

「幕張ベイパーク」では、現在、「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」と「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」の分譲が行われています。
今回、拝見したのは、竣工を迎えた「クロスタワー&レジデンス」の棟内モデルルーム24階の100Wtタイプです。専有面積100.01㎡というゆとりある広さが魅力。2面にバルコニーを設けた開放的な角住戸です。まず目を奪われるのは、リビング・ダイニングのワイドな窓の外に広がるパノラマビュー。大きな空と緑豊かな街並みが遙か遠くまで見晴らせます。朝日が街を染めていく朝、刻々と空の色が変化する夕刻、街の灯りがきらめく夜…、豊かな移ろいを見せる風景がまるで1枚の絵画のように楽しめます。

クロスタワー&レジデンスの棟内モデルルーム
クロスタワー&レジデンスの棟内モデルルーム。 100Wtタイプ・メニュープラン1 3LDK+WIC+SIC+N  専有面積:100.01㎡ バルコニー面積:14.61㎡  トランクルーム面積:0.82㎡(エレベーターホール前に設置)/クロスタワー&レジデンスのホームページより
コーナーにワイドな窓を配したリビング・ダイニング。約2.6mの天井高と窓の外に広がるダイナミックな眺望が一層の広がりを演出しています。床暖房も標準装備(掲載の室内写真は、クロスタワー&レジデンスの棟内モデルルーム100Wtタイプ24階※販売済み)/以下、室内写真は取材時撮影
キッチンは、調理スペースが広々と使えるL字型カウンター。シンク前に立つと、リビング・ダイニング越しに窓の外の風景が楽しめます。カウンター下が巾木部分まで収納になっており、パントリーも確保されています。ディスポーザや食器洗浄乾燥機も装備され、毎日の家事をサポートしてくれそうです
約8.0畳の広さを確保した洋室(1)も天井高約2.6m。バルコニーに面しており、 ここからも眺望が楽しめます
洋室(1)には4連のクロークが設けられています。ワードローブ類がたっぷりすっきり納められそうです
洗面室は、廊下からも、洋室(2)からもアクセスできる2ウェイ動線。家事効率を高めると同時に、風の通り道という役割も果たしてくれます。デザイン性に優れ、お掃除もしやすいカウンターボウル一体型洗面台を採用。三面鏡裏収納にティッシュスペース&ドライヤーフックが設けられているなど、収納スペースひとつとっても、美しい暮らしのための工夫が施されています

ライターの注目ポイント
「完成済みだから、実物が見られて、安心。角住戸の眺望は一見の価値あり」

優雅な共用空間も実際の建物内で確認。コンシェルジュサービスも用意

水盤が施されたメインエントランスからゆったりとしたロビーラウンジへ。建物へと導くアプローチが邸宅感を演出しています。建物内には、海が望める30階「スカイビューラウンジ」や、ご両親・ご友人が宿泊できる「ゲストルーム」、パーティなどにも使える「コミュニティルーム」、親子の交流の場になる「キッズルーム」などが設けられています。管理は24時間管理体制とし、コンシェルジュサービスも実施されています。また、タワー棟では、各階に食配ステーションを設置。提携のネットスーパーで購入した食品等が、不在時も居住階に届けられます。共働きのご夫婦にもご高齢の方にも嬉しいサービスです。

水景に迎えられるメインエントランス
緑と水景がくつろぎの時間を演出するロビーラウンジ/クロスタワー&レジデンスホームページより
地上30階から開放的な海の眺めが楽しめるスカイビューラウンジ/クロスタワー&レジデンスホームページより

構造/地震の揺れを低減する中間免震構造

「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」のタワー棟と「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」には、中間免震構造が採用されています。建物1階と2階の間に設けた積層ゴムの免震層が揺れを吸収・分散し、地震エネルギーを建物に伝わりにくくします。地震の激しい横揺れを低減し、建物を守るとともに、家具の転倒などによる室内での二次災害防止にも効果を発揮します。

「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」 タワー棟の杭・中間免震構造概念CG/クロスタワー&レジデンスホームページより
幕張ベイパーク マンションミュージアム

<物件概要>
「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」
所在地:千葉県千葉市美浜区若葉三丁目1-18、1-19(地番)
交通:京葉線「海浜幕張」駅徒歩15分
総戸数:497戸
階数:地上37階建
完成時期:2018年12月竣工済
施工会社:株式会社熊谷組
売主:三井不動産レジデンシャル株式会社、野村不動産株式会社、三菱地所レジデンス株式会社、伊藤忠都市開発株式会社、東方地所株式会社、株式会社富士見地所、袖ケ浦興業株式会社
「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」
所在地:千葉県千葉市美浜区若葉三丁目1-1(地番)
交通:京葉線「海浜幕張」駅徒歩13分
総戸数:826戸
階数:地上48階建
完成時期:2020年12月下旬(予定)
施工会社:株式会社熊谷組
売主:三井不動産レジデンシャル株式会社、野村不動産株式会社、三菱地所レジデンス株式会社、伊藤忠都市開発株式会社、東方地所株式会社、株式会社富士見地所、袖ケ浦興業株式会社

取材後記

「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」をひと言で表すと…
「幕張新都心の今の楽しさを手に入れ、新たに生まれる街の未来に夢を膨らませよう!」

東京23区をはじめ広いエリアの方々が購入している「幕張ベイパーク クロスタワー&レジデンス」「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」。ご契約者アンケートには、「街並みがきれい」「とても便利で暮らしやすそう」「海が近く、緑や公園も多い」「街に活気がある」「子どもを安心して育てられる」「教育環境として魅力」など、今の幕張新都心の暮らしやすさや街並みの美しさへの評価とともに、「新しい街づくりを楽しみたい」「開発が進んでいくのが楽しみ」「街が完成するのを見届けたい」など、これから開発が進む「幕張ベイパーク」への期待の声が多く見られました。

もちろん住まいは大切な資産ですから、街の将来性はその価値を左右する重要な要素です。しかし、それ以上にみなさんを惹きつけているのは、「ワクワクする気持ち」や「街づくりへの共感」であると感じました。一方で、「価格と広さのバランスがいい」などの声も多く、価格への評価の高さも、広域から人を集めている大きな要因だと思われます。

これはあくまで私の経験上ですが、多くの大規模開発や再開発の場合、スタート時より完了時の方が物件価格は上昇する傾向にあるように感じています。「幕張ベイパーク」では、まさに“今が買い時”かもしれません。

◆クレジット
取材協力: 幕張ベイパーク
https://www.makuhari-pj.com/
https://www.makuhari-sky.com/

◆注釈
※掲載の情報はモデルルーム訪問時点(2019年7月8日)のものです

※1:1995年以降に販売された分譲マンションの敷地面積では首都圏(1都3県)で最大級となります。対象期間1995年~2016年12月15日までのMRC調査・捕捉分に基づく分譲マンションデータによる(2017年MDM1月号) データ資料:(有)エム・アール・シー 2017年2月現在。
※2:現地周辺の航空写真にCG加工を施したもので、実際とは異なります。「幕張新都心ゾーン分け概念 出典:千葉市ホームページより」
※3:JR「海浜幕張」駅(徒歩13分)より、「東京」駅30分(38分)、JR京葉線利用。「銀座」駅32分(41分)、JR京葉線利用、「東京」駅で丸ノ内線に乗り換え。「八丁堀」駅28分(36分)、JR京葉線利用。「新木場」駅22分(28分)、JR京葉線利用。「舞浜」駅18分(24分)、JR京葉線利用。「南船橋」駅5分(7分)、JR京葉線利用。「西船橋」駅11分(14分)、JR京葉線利用、「南船橋」駅で武蔵野線に乗り換え。「蘇我」駅12分(14分)、JR京葉線利用。※所要時間は日中平常時、( )内は通勤時のもので、時間帯により異なります。また、乗り換え・待ち時間は含まれておりません。
※4:暫定利用となり、施設の運営は将来にわたって保証されるものではありません。
※5:2021年4月開業予定。開業時期は遅れる可能性があります。「幕張ベイパーク スカイグランドタワー」の共用部ではありません。一般の方が利用する可能性があります。

この記事が気に入ったらシェア

オススメコンテンツ

おすすめ記事