築20年の我が家が…!一括査定で最高価格をチェック!【PR】

「楽しみながら生活を豊かに」をコンセプトのウェブマガジン『REISM STYLE』より、ライフスタイルをもっともっと豊かにしてくれるような、素敵な街の一部をご紹介します。

隅田川や月島川、朝潮運河など水の潤いに囲まれた小さな島のような街「勝どき」。旧京橋区で、月島地域に位置する。墨田川の河口に位置し、多数の埋め立て島の中の2島(ほぼ正方形の形をした島全域と、その南西にある島の北・東区域)にまたがる。晴海埠頭や豊洲も身近な場所にあり、古くから都会的なウォーターフロントエリアとして人気を得てきた。近年では、「勝どきビュータワー」や「THE TOKYO TOWERS」などといった東京の高層ランキングでも1・2を争うタワーマンションが林立しているので、全国的に有名な場所となっている。

2020年の東京オリンピックでは選手村の設置が予定されており、現在も街の至るところで再開発と整備が行われている。勝どきから月島にかけての一帯は東京名物「もんじゃ焼き」の名店がひしめき合っている。銀座に続く隅田川にかかる「勝鬨橋」は国の文化財に指定。日本に現存する数少ない跳開橋の一つだったが、現在は開かずの橋となっている。新たな都市計画の中心地として人気が高まり、家賃相場は高め。それでも、アクセスの良さとこれからの発展性を考えると大注目の街と言える。

解放感のあるロケーションで、心地よい風に吹かれて過ごす毎日。

都営地下鉄大江戸線の「勝どき」駅周辺

比較的新しい駅ではあるものの、駅周りの充実ぶりはなかなか。駅から直結した「勝どきビュータワー」内にはたくさんの店舗があり、生鮮が手に入るスーパーまであり重宝。さらに24時間開店しているスーパーも駅近にあるため、夜勤後や残業後でも買い物ができるため、大変便利だ。

郵便局も入っている「勝どきサンスクエア」内には昔懐かしい八百屋やパン屋などが立ち並び、充実の店舗ラインナップ。ちょっとした商店街のような風情だ。惣菜パンが豊富に並ぶパン屋で美味しそうなものをみつくろい、風が心地よい墨田川沿いの公園でランチ…など、日常の中でちょっとした孤独に浸れ、気分転換できる場所がたくさんあるのがなんともうらやましい。

月島や晴海、築地、銀座までも徒歩圏内のため、上質なショッピングやグルメが楽しめるスポットもとても多い。新宿や渋谷までも約25分でアクセス可能。

「本当に住みやすい街大賞2017」で2位を獲得している。駅周りにはバスの停留所が3箇所あり、銀座、新橋、東京など主要ビジネス街へもラクにアクセスが可能。交通の便が良いうえ、川と橋が織りなす開放的で快適なロケーションの中で暮らせるなんて、まさに極上の街である。

本当に住みやすい街大賞の最新情報はこちら

新しいモノの中に、レトロなスパイス。絶妙なバランスの場面に魅かれて。

近代的な街並みの中に、ぽつぽつと混ざっているレトロな雰囲気の場所

昔懐かしい長屋作りの家並みや、古い長屋を今風にリノベーションしてお洒落な雰囲気になった飲食店など、高層マンションやビルの中にあるとなんだかホッとするよう。バッチリインスタ映えする、タイムスリップしたような店ではここでしか味わえない下町グルメを楽しめる。長くこの地で営業している駄菓子屋は、今も昔も子供たちに大人気のスポット。店頭で「毎日ここでパンを食べるのが日課なんだよ!」と熱く語る中学生の少年に出会えるほど、息の長いファンが多い。

墨田川には掘りごたつ仕様の豪華屋形船が浮かび、船内では天ぷらをメインに和食の達人が手間暇かけて作る会席料理と夜景を満喫できる。月島へ足を運べば月島のメインストリートである「月島西仲通り商店街」。下町情緒あふれる全長500メートルとその周辺には60軒以上のもんじゃ焼きのお店が並んでいる。

「晴海トリトンスクエア」は、運河の流れるウォーターフロントに面した複合施設。先進のオフィスとにぎわいあふれるショッピング施設や保育所などがあり、近代的な都市と豊かな自然の調和されたハンセンスなスポット。広大で美しい庭もあり、ピクニック気分で楽しめる。勝どきは新旧の良いところが心地よく織り交ざった、不思議な魅力のある街だ。

勝どきはちょっとした「島」だから、あちこちに行動範囲を広げたくなる。

イギリスのアンティークショップ「THE PENNY WISE」、駅周辺の「中央区コミュニティサイクル」(自転車のレンタル)施設、月島第二児童公園、ショップ&ギャラリーイベントスペース「btf shop」

イギリスのアンティークショップ「THE PENNY WISE」は、大きな倉庫がそのまま店舗になっているのでとても広く、品揃えも圧巻。こだわりぬいた逸品揃いで、必ずお気に入りが見つかるはず。

「住吉神社」の例大祭・佃祭(水かけ祭り)も有名で、担ぎ手から沿道にまで豪快に水がかけられる様がなんとも楽しい。駅周辺には「中央区コミュニティサイクル」(自転車のレンタル)施設があり、専用ICカードで手軽にレンタルが可能なので手持ちの自転車がなくても安心。川に囲まれた勝どきは、東西南北の橋を渡るだけでも立派なプチトリップ。ラクに移動できる電動アシストタイプを借りれば、運河や海を眺めながらのサイクリングが楽しめる。

月島第二児童公園で行われる「太陽のマルシェ」は、日本最大級の規模のマルシェで毎月第二週末に開催。地産地消の農作物販売やワークショップなどもあり大人から子供まで大人気。さらにこの街には面白い会社もたくさん。

広告企画制作会バタフライ・ストロークが手がけるショップ&ギャラリーイベントスペース「btf shop」では、さまざまなジャンルのクリエイター・アーティストが自由なアプローチでクリエイションを発信。個性的なイベントを定期的に開催している。(現在休館中。詳細はHPで)あちこちで歩きたくなる勝どきが、今アツい。

(この記事はREISM株式会社が運営するREISM Styleからの転載です)

この記事が気に入ったらシェア

オススメコンテンツ

おすすめ記事