築20年の我が家が…!一括査定で最高価格をチェック!【PR】

首都圏の空の玄関口である羽田空港は、2020年のオリンピック・パラリンピック開催までに、国際線増便に対応できるよう、取り組みが進められています。具体的には、飛行経路の見直しと新たな空路の設定を検討しています。国土交通省によれば、早朝時間帯以外の国際線について、最大で年間約3.9万回、現行の約1.7倍の発着回数の増加が可能となる予定です。このことで、都心のマンション価格が下落するのではないかといわれています。なぜなのでしょうか。

都内屈指の高級住宅街の上を飛行機が飛ぶ

国土交通省のホームページによると、羽田空港では、南風と北風が多く見られます。そのために、風向きに合わせ2通りの滑走路の使い方をした場合、どのように滑走路を使えばよいのか、また、最も適している飛行ルートはどこなのかを検証しました。

1.南風が吹いている場合の従来の滑走路の使い方を変更

南風が吹いている場合は、都心側から着陸し海側へ離陸することが最も効率的だということが、調査の結果分かりました。従来は逆の方向から離着陸していた便があったので、これを変更することになりました。

北風に関しては、海側から着陸し、都心側へ離陸することが最も効率的です。現在も同じ向きで離着陸を行っているので、特に変更はありません。

2.新ルートは、東京都心上空を飛行

新ルートを飛行機が飛行した場合、天候にもよりますが、埼玉県上空で機体を左旋回させてから、南北に延びる羽田空港滑走路に着陸することになります。高度を下げながら新宿・渋谷・港・品川・大田区などを低飛行します。

詳しいルートに関しては国土交通省のホームページに掲載されているので参考にしてください。今回、飛行機が上空を通る場所の中には、松濤・青山・代官山・白金・御殿山などの高級住宅が並ぶ閑静な住宅街が多くあり、タワーマンションも建設されています。 

高級住宅街の不動産価格が暴落する!?

飛行機が上空を通ることで懸念される一番の問題は、「騒音」でしょう

同省によると、着陸は15時から19時のうち3時間程度に限定するとしています。しかし、この時間中は、最大90回、2分に1回のハイペースで騒音が発生する試算です。飛行計画はさらに拡大される可能性もあり、早朝・深夜を除いて新ルートを飛行する時間は将来的には延長されるのではないでしょうか。

騒音がマンションや住宅の価値を下げる

一般的に、騒音源の近隣に位置する不動産は、騒音源から遠い物件に比べ、その価値が下がる傾向にあります。そのため、新たに設定されたルート下の不動産価格は、飛行機騒音が大きければ、価格が下がる可能性が高くなります。このことから、新たなルート下に所在する松濤・青山・代官山・白金・御殿山などの高級住宅街にある物件ても、今後不動産価格に影響があるかもしれません。

海外には、1994年に「Booz-Allen & Hamilton, Inc.」というアメリカのコンサルティング会社が発表した「The Effect of Airport Noise on Housing Values(住宅の価値に対する飛行機騒音の影響)」というレポートがあります。英文ですが、ウェブ上で閲覧することができます。

これによると、騒音レベルが高い不動産は、閑静な地域の不動産価格に比べて安価であることが分かります。日本でも同じような現象が起こりうることが予想されます。

タワーマンションの騒音レベルはさらに大きくなる

タワーマンションの場合は、高層階であるほど騒音被害を受けることが考えられます。40階建てのタワーマンションなら、1フロアあたりの高さを3メートルで計算すると最上階はおよそ地上120メートル。品川区で40階建てのマンションの最上階の部屋は、飛行機の高度が約450メートルとすると飛行機との距離が330メートルしかない計算になります。騒音はさらに大きくなるでしょう。

新飛行ルート下の住宅の今後の展望

国土交通省は騒音対策として、「低騒音機導入の促進」「南風時の新しい到着経路の高度引き上げ」「防音工事の実施」などを打ち出していますが、過去の事例や国土交通省が打ち出した飛行機の高度と住宅の高度差などにより、新飛行ルートの下にある住宅の不動産価格の下落は避けられないでしょう。国に残された課題はまだ少なくありません。

参考:南風時の新飛行経路について

この記事が気に入ったらシェア

オススメコンテンツ

おすすめ記事