自動車は快適で便利な乗り物ですが、事故を起こす危険と常に隣り合わせ。2018年の交通事故発生件数は430,601件で、おおまかに見積もって190人に1人が事故を起こしている計算になります。万が一死亡事故を起こした場合、損害賠償額が自賠責保険(自動車損害賠償保険)の補償上限の3,000万円を超えるケースが多いため、自動車保険(任意保険)に加入しておくことが大切になってきます。今回は、マイボイスコム株式会社の「自動車保険の利用に関するアンケート調査(第18回)」をもとに、自動車保険加入の傾向について考えます。

72.1%の人が自動車保険に加入。WEBからの加入が最多

自動車保険の加入の有無を尋ねたところ、「自分の名前で加入している」が49.3%、「家族の名前で加入している」が22.8%と、7割強が自動車保険に加入していることが分かりました。

自動車保険の利用に関するアンケート調査(第18回)
出典:マイボイスコム株式会社HP

自動車保険に加入していると回答した人を対象に加入経路を複数回答で尋ねたところ、「パソコンからインターネット経由で加入」が加入者の3割強と最も多くなりました。これは、自動車保険のホームページや比較サイトの充実により、それぞれの保険の特徴や料金などを自分で調べることが容易になったことや、WEBで申し込んだ場合に保険料割引がある場合が多いことが理由と考えられます。

自動車保険選びで重視するポイントは?

従来からある大手代理店が提供する自動車保険に加え、テレビCMなどで認知度が高まりつつある通販型自動車保険など、多数ある選択肢の中からどのように自動車保険を選べばよいのでしょうか。

自動車保険の利用に関するアンケート調査(第18回)
出典:マイボイスコム株式会社HP

自動車保険を選ぶ際重視することを複数回答で尋ねたところ、「保険料の安さ」49.3%、続いて「補償内容の充実度」43.8%、「事故時の対応力・サービス」31.1%、「商品内容のわかりやすさ」30.6%の順に高くなりました。

現在加入している自動車保険を選んだ理由については、
・必要な保証がついている保険会社の中で、保険料が最も安かったから。(男性71歳)
・団体扱で大口団体割引があり保険料が割安。会社内の代理店で加入しているので更新手続きや保険金請求の手続きがしやすい。(女性52歳)
・ネットで申し込むと割引がある。自転車運転時の特約補償がある。(女性46歳)

などの回答が寄せられました。料金的にお得かどうかだけではなく、万が一の時に使いやすい保険であるかどうかを冷静に判断して選んでいることがうかがえます。

まとめ

事故や盗難、災害など万が一の時に頼りになる自動車保険。安心できるカーライフのためにも、補償内容や事故時の対応など、いざという時を想定して保険を選ぶのが大切です。比較サイトでは価格の一括見積もりができるだけでなく、口コミ情報が掲載されている場合が多いので、保険選びの手助けになるでしょう。

【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2019年08月01日~08月05日     
回答者数:10,145名

ニュース参照元:PRTIMES
ニュース提供元:マイボイスコム株式会社

この記事が気に入ったらシェア

オススメコンテンツ

おすすめ記事