この記事は、約5分で読めます

「楽しみながら生活を豊かに」をコンセプトのウェブマガジン『REISM STYLE』より、生活の中のさりげないワンシーンやアイテムを通して自己表現できる、とっておきの楽しみ方をご紹介いたします。

進学や就職、転勤、転職など、引越しをする理由はさまざま。中には「心機一転したい!」という理由で引越しを考える人もいるだろう。そんなとき、少なからず「運気を上げる部屋」を期待する人も多いはず。

そこで今回は、新しい部屋で新生活を始める人はもちろん、今住んでいる部屋でも「運気を上げる」暮らしができる方法を紹介しよう。中国を起源とする陰陽五行を用いた整体院を営む一方、住宅にもその考え方を引用してアドバイスを行っている金利明さんに指南してもらった。

ポイントは玄関。運気を上げるために最低限心掛けたいこととは?

引っ越す際に気を付けたいこととして、部屋の方角や玄関の位置が吉方にあることなどがよくいわれるが、なかなか完璧な条件の部屋を見つけることは難しいのが現実だ。しかし、ご安心を。金さんによると、基本的には「どこに住んでも都になる」という。ただし、「都」になるかどうかは、住む人の暮らし方次第。その第一条件として金さんが挙げるのが、「部屋をきれいに保つこと」だ。

「私の経験上、何をやってもうだつが上がらないという人は、ほぼ間違いなく部屋が汚いです。床が見える範囲が少なければ少ないほど運気は下がっていくので、部屋を選ぶ際は、収納があるか、きれいに使いたいと思える部屋かどうかというのは重要だと思います」

中でも特に清潔さを保ちたいのが、玄関。金さん曰く、運気の良し悪しは「玄関で9割決まる」という。

「『気』というのは玄関から入ってくるんです。なので、玄関が汚い時点で、もうアウト。汚い以外にも、暗かったりくさかったりするのもNGですね。そして、できれば靴を出しっぱなしにしたり、傘立てを置いたりすることも避けてほしいです。

理想は『何もない』こと。もし、位置的にどうしても玄関が暗いという場合は、24時間、もしくは夜のあいだだけでも電気をつけておくと、良い気を呼び込むことができます。それと同じ理由で、ドアに鈴など鳴り物をつけるのもおすすめです」

気になる「金運」「恋愛運」「仕事運」を上げるには?

全体の運気を上げるコツがわかったところで、次に教えてもらったのは「恋愛運」「金運」「仕事運」の上げ方。意外だったのは、金運と恋愛運はセットで考えたほうがいいということ。

「陰陽五行に基づく風水では、金運と恋愛運は相乗していくと考えるんです。お金が生まれるのも、愛が生まれるのも同じ。そして、それらに影響するのが『水回り』です。なので、金運と恋愛運を上げたかったら、トイレ、バスルーム、台所のシンクをとにかくきれいにしてください。

中には、トイレに本などの紙類を置いている方もいらっしゃるかもしれませんが、これもやめていただきたいですね。なぜなら、紙は気を吸いやすいから。トイレというのは基本的に邪気しか出ないんです。この邪気も気なので、そこに紙類や、気を吸いやすいドライフラワー、布類があると、それらが邪気を吸い込んでしまいます。なので、できればトイレットペーパーのストックもトイレの中には置かないことが理想。水回りはとにかくシンプルにするように心掛けてください」

一方、仕事運を上げるカギは「寝室」だ。

「ベストなのは、寝室が北にあること、それから北枕で寝ることです。とはいえ、一人暮らしの方だと居室と寝室が分けられないワンルームであることも多いと思うので、その場合は北枕で寝るだけでも変わってくると思います。それからもうひとつ、枕回りがすっきりしていることもポイントです。

というのも、玄関から入って空気中に漂っている気は、寝ているときに『百会』という脳天にある部分から体内に入ってくると陰陽五行では考えられているんです。先程お話ししたとおり、気は紙類や布類のほか、水にも吸い込まれやすいので、もし枕元に本や着替え、加湿器などを置いている場合は、ご自身が持っているポテンシャル以下の仕事しかできていない可能性がありますから、すぐに取り除いてくださいね」

また、仕事運ではさらに「採光」「窓」「カーテン」もポイントになるという。

「実は、光も気のひとつなので、部屋に光が差し込むことはとても重要です。そして、光が差し込むのは窓、窓にはカーテンということで、その3つにこだわっている方は、やはり仕事がうまくいっていることが多いです。

たまに、カーテンを一度も洗ったことがないという話を聞きますが、それは絶対にいけません。カーテンというのは、実際にハウスダストがついて意外と汚れているということもあるほか、外の邪気が中に入らないようにカーテンで食い止めるという意味合いもあるんです。なので、定期的に洗ったり、仕事の流れを変えたいといった場合には、買い替えたりするのがいいでしょう。

もちろん、日中、家にいるあいだはカーテンを開けて光をとり込んでください。もし、位置的に採光が難しいようでしたら、照明で光を当てるだけでもカバーできます」

小さい部分にこそこだわりを。微差が大差を生む!

金さん曰く、「仕事運が上がるということは、結果的に金運が上がるということで、金運が上がるということは恋愛運も上がっていくということ」。つまり、すべてはつながっているといえる。

「不思議なことに、部屋に良い気があると、その人自身にも、良い気をまとっている雰囲気が表れるんですよ。そうすると、人から丁寧に扱ってもらえるようになります。例えば、着物を着て出掛けたりすると、店員さんも優しく接してくれたりしますよね(笑)。良い気をまとうと、それと同じことが起こるんです。

もしかしたら、それほど大きな差じゃないかもしれません。でも、微差は大差につながっていくので、微差にこだわるというのはすごく大事なことだと思いますよ」

「そういう意味では、部屋を借りるときにREISMさんの物件を選んだ時点で運気は上がっていると思います」という金さん。

リノベーション賃貸「REISM」

「住環境にこだわれる人は高収入で、生活に余裕があるからとよく思われがちなんですけど、それは逆なんです。住環境にこだわっている人は、収入が上がっていくんです。そう考えると、REISMさんの物件を選ぶ方は、『住めればいいや』っていうのではなく、『こういう部屋に住みたい』というこだわりをお持ちだと思うんですよね。

なので、ご縁があってREISMさんのお部屋に住むことになった方は、ぜひきれいに使って、きれいなまま退去してもらえたらと思います。そうすれば、次に引っ越すときに、もっといい場所に行けますよ!」

<PROFILE>
金 利明(きむ としあき)さん

10代のころから人の心の問題に向き合うカウンセラーとして活動。その中で、心をほぐすためには体からアプローチしたほうが早く解消することに気付き、整体師の道へ。ボディフィールドセラピストのまゆん氏に師事して、現在は東京・中野で「中野オルカ整体院」を運営。整体の技術に加え、陰陽五行の知識なども用いて人の心と体を整える整体師として活躍している。
中野オルカ整体院

(この記事はREISM株式会社が運営するREISM Styleからの転載です)

おすすめ記事