絵本やアニメ、漫画などの人気キャラクターには、子どもに限らず大人からも熱い支持を得ているものがたくさんあります。そんなキャラクターたちの世界に入り込めるミュージアムやイベントの体験レポートシリーズとしてお届けする第1弾は、アンパンマン。長年放送されているアニメーションだけでなく全国5ヶ所にはミュージアムがあり、世代を超えて愛される日本有数の国民的存在です。この7月には、横浜アンパンマンこどもミュージアムがリニューアルオープン。新しくなったミュージアムの見どころと、大人も楽しめるポイントをご紹介します。

アンパンマンは勇気と愛の象徴! (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

アンパンマンは漫画家・絵本作家であるやなせたかしさん原作の絵本シリーズ。主役のアンパンマンは子どもから絶大な支持を得ている人気者で、ばいきんまん、しょくぱんまん、カレーパンマン、ドキンちゃんなどの主要な仲間たちのほか、登場する仲間たちはギネス世界記録認定を受けるほど数多いのも大きな特徴です。アンパンマンはただ強いだけのヒーローではなく実は弱点もあるのですが、どんなに強い敵でも恐れず立ち向かい、完全に悪をやっつけることもしない、心優しい正義の味方。東日本大震災のときはアニメの主題歌「アンパンマンのマーチ」に勇気付けられたという人も多かったというのは有名な話です。

全国にあるアンパンマンこどもミュージアムのうち、今回は横浜のミュージアムが移転リニューアルオープン。よりアクセスしやすい場所に移転し、全天候型の完全屋内施設としてパワーアップしました。

最寄り駅はみなとみらい線新高島駅で、徒歩3分。横浜駅東口からも徒歩約10分程度でアクセス可能。ミュージアム正面ではおおきなアンパンマンがお出迎え (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

ミュージアムフロアはアンパンマンの世界感を忠実に再現

横浜アンパンマンこどもミュージアムは1Fがグルメやショッピングを楽しめるフロア、2・3Fが有料のミュージアムフロアになっています。2Fでチケットを購入し、「アンパンマンに会いたい」という子どもたちの夢をかなえるミュージアムがある3Fに上がります。まず見えてくるのはアニメでもおなじみのパンこうじょう。外観や内部の様子など細部まで世界感が再現されています。

アンパンマンやジャムおじさんたちが暮らすパンこうじょう。内部はパン作りごっこを楽しめるようになっています。大きな窯の中にもたくさんのパンが! (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
窯の上の窓には、ばいきんまんが作ったスパイメカ、バイキンクモメカの姿が。パンこうじょうの様子をこっそり盗聴しているそう。こうした細かな設定はコアなファンにうれしいポイント (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
ミュージアムフロアのいたるところにある床のおもしろウィンドウ。以前のミュージアムでもありましたが、リニューアル後も継続して設置されています (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

ミュージアムフロアで絶対見逃せないのがメインステージ。パンこうじょうを舞台に、アンパンマンと仲間たちが登場するステージが毎日開催されます。パンこうじょう前の人工芝が観客席。アンパンマンたちは時折ステージを降りて近くまでやってきてくれます。

ステージは「いっしょにわらうと、いっぱいたのしい。」がテーマ。広さを生かしたダイナミックな内容になっています (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
ミュージアムフロアには、アンパンマンの世界にある街を再現した「みんなのまち」エリアも。80個ものしかけがあるアンパンマンごうをはじめ、カバお君の家、ちびぞう君の家などアニメでおなじみの風景で実際に遊ぶことができます (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
観賞だけでなく、子どもが体を動かせる場所も用意。アスレチック感覚で楽しめるネット遊具(左)や、屋外に広がるひろばにはボールパーク(右写真の奥)があります (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

1Fは無料で入れて買い物や食事を楽しめる

1Fは入場無料のショップ&フード・レストランフロア。14店舗が入っていて、食事や買い物を自由に楽しめるようになっています。短い時間でふらっと立ち寄るだけでも満喫できそう。

ピクニックがテーマの1Fフードコートは180席。フードコートは以前のミュージアムにはなかったので、リニューアルでよりゆったり滞在を楽しめるようになりました。子どもが座りやすい、低めチェアのコーナーもあり (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

フードコートには丼やおむすび、ごはんものをそろえたごはんやさん、手ごねの本格バーガーが自慢のハンバーガーやさん、本場のさぬきうどんを使用しているうどんやさんなど充実のラインナップ。器をお持ち帰りできるメニューもあるので、コレクターはぜひ注文したいところです。

小さな子どもでも手軽に食べられるおむすびやいなり、天丼などパパも満足のガッツリ系メニューをそろえるごはんやさん。わっぱごはん(税込980円、ドリンク別)は横浜限定のアンパンマンが描かれた容器がお持ち帰りできて人気(数量限定) (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
(右)うどんやさんには、どんぶりをお持ち帰りできるお子さまうどん(税込900円)があります。リニューアルオープンの数量限定で今だけれんげもお持ち帰りできる特別セット(税込1,350円)も (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
(左)ハンバーガーやさんの人気メニューはチーズバーガー(税込1,100円、ドリンク別)。ここではアンパンマンにこにこオムライス(税込1,100円)などキッズメニューもそろいます (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

アンパンマンレストランは、フードコートよりゆったり食事したいときに重宝。ロコモコ風ハンバーグ焼きごはんをはじめメニューが豊富で、キッズメニューもカレーやラーメン、スパゲティーなどがあります。また、おやつタイムにうれしいソフトクリームやさんやポップコーンやさんも。

ポップコーンやさんではオリジナルのかわいいポップコーンケースが人気を集めています (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

ミュージアムでしか手に入らない限定アイテムをチェック

せっかく訪れたなら、ここでしか手に入らないアイテムを購入したいところ。横浜アンパンマンこどもミュージアムでは、2Fのミュージアムショップと1Fのショップで関連アイテムが販売されていますが、レア感を求めるならミュージアムショップがおすすめ。ミュージアムに入館しないと手に入らないアイテムを取り扱っていて、なかには横浜限定のものも。

2F、チケット売場からすぐのミュージアムショップ。大人が持っていても違和感のない、洗練されたデザインのアイテムも数多く販売されています (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
アンパンマン大集合 バスタオル(左)や、正面エントランスのおおきなアンパンマンをモチーフにしたグッズ(右)は横浜限定 (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

1Fフロアでおみやげにしたいのは、ジャムおじさんのパン工場の焼きたてパン。リニューアル前のミュージアムでも絶大な人気を誇っていたベーカリーで、アンパンマン、ばいきんまん、しょくぱんまんなど人気キャラクターパンが勢ぞろいしています。

店内はより広くなり、陳列も見やすく。ディスプレイやデコレーションにも心惹かれます。パン工場らしく、店内にはかまども! (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
一番人気はやっぱりアンパンマン。最新映画に登場するバニラ姫など期間限定のキャラクターパンも時折登場します (C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

人に優しく生きること、自己犠牲の精神、そして悪を完全に排除しない寛容な心…。アンパンマンは、忙しい日々で大人がついなおざりにしがちな大切なことを教えてくれる稀有な存在です。リニューアルした横浜アンパンマンこどもミュージアムは、そんな気持ちをいま一度思い起こすためにもぜひ訪れたい場所になりそうです。

<取材協力>
横浜アンパンマンこどもミュージアム
神奈川県横浜市西区みなとみらい6丁目2番9
アクセス:みなとみらい線「新高島駅」3番出口より徒歩3分、JR「横浜駅」東口より徒歩10分 駐車場(第一駐車場128台、第二駐車場188台収容)完備

おすすめ記事