この記事は、約3分で読めます

7月21日(日)は第25回参議院議員通常選挙です。

3年ごとに開催されているこの選挙は、参議院全議員のうちの半数である124議席をめぐって、370人の立候補者が争います。連日連夜、テレビなどでも報道されているように選挙自体の存在を知らない人はいないでしょう。

とはいえ、若者の政治への関心低迷や高齢化社会による投票離れも相まって近年の投票率は50%台が続いています。

この投票率を上げるかもしれない、お得な施策が全国各地で行われているのをご存知でしょうか。今回は参院選に合わせ行われている様々なサービスをご紹介します。

替え玉が無料! 「選挙割」全国に拡大中

近年広がりを見せているのが「選挙割」です。選挙の際に投票所で受け取ることができる「投票済証明書」を提示すると、割引や特典などのサービスを受けられるというもの。投票率の向上をめざした取り組みとして飲食店等を中心に広がりを見せています。

たとえば博多ラーメンチェーンの「一風堂」では7月21日(日)~7月31日(水)閉店まで日本国内の「一風堂」「SHIROMARU BASE」全店(国内93店舗)で「替玉一玉」もしくは「半熟塩玉子一個」のいずれかを無料でサービスします。

画像は一風堂HPより引用

同社が発表したプレスリリースによれば、今回3度目の実施となり、実施前より取り組みに対する問い合わせを多くなっているとのこと。

画像はママイクコHPより引用

また、生活雑貨のママイクコでも「選挙割」を実施。直営店にて22日(月)~8月4日(日)の期間、「全品(特売・値下げ商品含む)10%OFF」の割引をするそうです。

そして、老若男女に再び大ブームを巻き起こしているあのタピオカも…

「Tapista」ではなんと「全品半額」になるそうです!

公式ホームページでは、

タピオカの一粒の重みと、あなたが持つ一票の重みは、どちらも未来を変える大切なものです。

と、なかなかズシっとくるメッセージ。

またチェーン店だけではなく街中の様々な商店でも「選挙割」を実施しているようです。たとえばカフェで1杯サービスや居酒屋で一品無料、さらにはレコード屋でも割引になったりと全国各地でサービスを行っているそうです。温泉の割引もあるとか!

「選挙割」巡りをすると、ちょっとお得な日を過ごせそうです。

投票所まで遠い…交通手段も無料に

地域によっては投票所までの足として、交通手段も無料化する取り組みが行われています。

広島市安佐南区の一部のタクシー会社では、投開票日の21日に自宅と投票所の間で無料タクシーを運行する予定です。

また佐賀県の武雄市でも、投票所までのバスやタクシーの料金が無料になる予定です。

徒歩では出向くのが難しいお年寄りを中心に、高校生など若い世代の利用も期待されています。

ショッピングモールが投票所化!

普段は出向かない場所に設置されがちな投票所も行きやすくなっています。

イオンでは「イオンモール」や「イオンタウン」、総合スーパー「イオン」等、全国103のイオンの商業施設に「期日前投票所」や「当日投票所」が設置されています。

商業施設への「投票所」の設置は、お買物等でのご来店に合わせて投票できるという利便性に加え、来店される幅広い世代のお客さまに選挙をより身近に感じていただくきっかけにもなることから、投票率の向上に寄与するものとイオンは考えています。(イオンプレスリリースより)

日本の、そして私たちの未来を、自分たちの投票で決める選挙。普段の生活圏で様々な取り組みが実施されることで、多くの人々が選挙に対する意識を変えられるでしょうか。

おすすめ記事