不動産価格上昇中!一括無料査定で最高価格をチェック!【PR】

夏の猛暑への対策法として、遮熱塗料に興味のある方も多いのではないでしょうか。ただし、遮熱塗料は限定的なシーンで役立つ方法です。今回は、遮熱塗料がどのような条件であれば効果的なのかご紹介します。断熱塗料との違いや使い方、遮熱塗料を用いる際の平均コストなどを比較し、ご自身の住まいに適切かどうか検討してみてください。

遮熱塗料とは? 断熱塗料との違いはどこにある?

遮熱塗料を使うことで、太陽から発せられる近赤外線を反射。室内温度の上昇が抑制されます

夏の気温上昇が厳しくなるなか、遮熱対策が話題になっています。特に屋根や壁面全体をカバーできる遮熱塗料に関心を持つ方も多いのではないでしょうか。高い遮熱効果を期待できる遮熱塗料はどのようなものなのかをご紹介します。

遮熱塗料とは? 塗ると何が変わる?

遮熱塗料とは、太陽光のなかの近赤外線領域の光線を反射することで、屋根や塗膜の温度上昇を防ぐことのできる塗料です。戸建ての屋根や外壁に用いられ、太陽光を吸収しやすい色の外壁でも同様の効果を発揮します。

遮熱塗料は太陽から発せられる近赤外線を反射します。したがって、近赤外線によってもたらされていた室内の温度上昇を防ぐことが可能になります。例えば、屋根に近い2階や吹き抜けのリビングなどが暑くなってしまうことに悩んでいる方には、遮熱塗料は役立ちます。

遮熱塗料の効果はどれくらい?

遮熱塗料を利用した屋根は一般塗料と比べて約5度の温度減少が期待でき、室内の体感温度は2度程度下がるといわれています。この効果は屋根の素材や家の構造によっても異なります。

例えば、屋根が金属製の場合、もとの熱吸収率が高いため、いっそう遮熱塗料の効果を感じることができるでしょう。日射時間の長い水平の屋根は、特に遮熱の意味が増します。また、吹き抜け構造の家や3階建ての家の最上階は、屋根からの熱の影響が部屋に出やすいため、屋根の遮熱による温度変化が如実に感じられるはずです。

そのほか、遮熱塗料は熱によって劣化が進む屋根や壁面を守る効果もあります。家の寿命そのものを延ばすことにもつながるため、住人の快適な暮らし以外にもメリットがあると考えられるでしょう。

遮熱塗料と断熱塗料の違い

遮熱塗料は太陽光の反射と放射を行うもので、塗った箇所の温度上昇を抑える効果と、表面温度を下げる効果を担います。一方、断熱塗料は熱伝導率を下げ、室内外の間で行われる熱の移動を防ぐ効果があります。

したがって、断熱塗料の場合は低温、高温双方に対して効果が発揮され、塗料が塗られた部分の表裏にある環境の温度差を保つことができます。単純に夏の暑さをしのぐことが目的であれば、遮熱塗料でも十分でしょう。

遮熱効果ではなく断熱効果を求めている場合は、塗料による解決より、断熱材を用いたリフォームのほうが効果的かもしれません。

遮熱塗料の耐用年数は?

遮熱塗料の耐用年数は15~20年と、比較的長めなのが特長です

では、遮熱塗料を使いたいとき、どの程度のコストを想定すればよいのでしょうか? 耐用年数や施工にかかる費用など、遮熱塗料の相場をご紹介します。

塗り替え頻度は?

遮熱塗料の耐用年数は長く、15〜20年といわれています。普及している従来の塗料と比べて長く効果を維持することができるため、定住を決めている家ならば、遮熱塗料を用いることでメンテナンスの工数を減らすことが可能です。

遮熱塗料の平均コストはどれくらい?

遮熱塗料の平均価格は1平方メートルあたり4,000〜5,000円程度。従来の塗料が1平方メートルあたり2,000円程度であることと比較すると、やや割高です。一方で、耐用年数が長いというメリットとかけ合わせれば、価格については先行投資と考えることもできるでしょう。

遮熱塗料を初めて使うときの注意点

遮熱塗料を塗布するほか、ひさしやブラインドなどの遮熱対策も忘れずに

遮熱塗料を自宅の屋根や壁面に取り入れようという際は、いくつかの注意点があります。より高い遮熱効果を出すために、事前に確認しておきましょう。

遮熱塗料は汚れに弱い

遮熱塗料は効果の持続年数が長いものの、汚れが増えると効果そのものが失われてしまいます。汚れにはいくつかの種類がありますが、カーボンが含まれる汚れは非常に日射の吸収性が高く、遮熱塗料の効果を相殺してしまいます。

定期的にメンテナンスしたり、汚れがつきづらくなるコーティングをしたりすることでこれらの問題は解決できますので、留意しておきましょう。

遮熱塗料は従来の塗料より塗りづらい

基本的に遮熱塗料は工務店や専門業者に依頼して塗る場合がほとんどですが、遮熱塗料は他の塗料と比較し、専門業者にとっても扱いづらいといわれています。

塗り方にムラが残っていると、満足な遮熱効果は得られません。自分で塗ることのできる塗料も販売されていますが、信頼できる専門業者に任せることが、高い遮熱効果を出すためには賢明な判断です。

絶大な効果を発揮することを期待しない

遮熱塗料はあくまで太陽光による室内の温度上昇を和らげるためのひとつの手段であり、すべての熱を反射するわけではありません。遮熱塗料を塗ったからといって、冷房の使用をやめるなどの大々的な変化は期待しないほうがよいでしょう。

遮熱塗料を利用したあとの体感温度は、遮熱塗料の効果だけでなく、断熱材による断熱効果や、家の構造とのかけ合わせによって大きく異なります。あくまでオプショナルな猛暑対策として取り入れる気持ちでチャレンジしてみてください。

遮熱塗料を適切な方法で用いて、猛暑を乗り切る

遮熱塗料が効果を発揮する条件は、家の構造や置かれている環境、塗布後のメンテナンス状況などによって限られます。どんな住宅でも薦められる方法ではないので、ご自身の住まいに照らし合わせ、適切かどうか判断しましょう。

また、遮熱を目的とした施工には塗料を用いたもののほか、ひさしやブラインドをつける方法などもあります。屋根からの熱を防ぐ以外にも相性の良い遮熱対策があれば、ぜひそちらも併せて検討してみてはいかがでしょうか。

取材協力/マグ・イゾベール株式会社

(最終更新日:2019.10.05)

この記事が気に入ったらシェア

オススメコンテンツ

おすすめ記事