この記事は、約5分で読めます

夏場になると、水遊びをしたがる子どもたちは多いことでしょう。マンション住まいかどうかに限らず、子どもにプール遊びをさせてあげたいという家庭はあると思います。とはいえ、公共のプールへ連れて行こうにも時間はかかりますし、付きっきりで面倒を見なければなりません。そんなときに、家庭用のビニールプールがあれば、出かける時間がとれなくても水遊びをさせることができて一見便利に思えます。マンションのベランダでプール遊びをさせても問題ないのでしょうか。今回はその是非について解説します。

マンションのベランダでプール遊びさせると起こる問題

マンションで子どもにプール遊びをさせると、どのようなことが起きうるのでしょうか。まず考えられるのが、騒音問題です。子どもたちのはしゃぐ姿は、親目線であると微笑ましいものです。しかし残念ながら、ほかの住民にとってはそうとは限りません。集合住宅である以上、そこにはさまざまな生活リズムの人が生活しています。夜勤明けの人がいる場合もあるでしょう。こういった人々にとっては、たとえ子どもの声であっても大きな音は快く思えないことがあるのです。そのため、ベランダでのプール遊びは、騒音問題として近隣トラブルを引き起こすおそれがあります。

また、プールの水の排水で迷惑をかけてしまう場合もあります。ベランダの排水溝は、雨水を流す目的で作られているものです。ゴミ詰まりを防ぐ観点から配管部が途切れていることも手伝って、一度に大量の水を流してしまうと下の階のベランダがベチャベチャになってしまうことが起きうるのです。場合によっては排水溝が流した水の量に耐え切れず、故障してしまうおそれもあります。

ベランダでプール遊びはしてはいけないの?

マンションのベランダやバルコニーは、各住居の住民の専有部分ではありません。廊下やエントランスと同様に、共用部分として扱われます。そのため、各住居の住民がなんでも好きなように扱ってよいというわけではないのです。それでは、ビニールプールを使ってベランダで遊ぶことはどうかというと、これはマンションの管理組合によって意見が分かれているのが一般的です。絶対にしないようにと禁止をしているマンションもあれば、明確には禁止をしていないところもあります。

しかしながら、ほかの住民に迷惑をかけてしまうことを考えると、ベランダでのプール遊びはすべきではないといえます。素直に公共のプールを利用したほうがよいかもしれません。また、もしもめごとに発展してしまい、尾を引くようなことになれば、お住まいの地域での生活に息苦しさを感じる原因にもなりかねません。

プール遊びをさせたい場合はどうすべき?

とはいえ、なかなか公共のプールに連れていく時間がとれないという人もいることでしょう。ベランダでプール遊びをさせようとする際は、ベランダでのプール遊びがマンションの規約で禁止されていないかどうかを確認しましょう。もし明確に禁止されていないようならば、文面上は遊んでも問題なさそうですが、それでも自己判断で遊ばせることは避けるのが無難です。

この場合、管理組合に対してベランダでプール遊びをさせてよいか、確認をとるのが適切です。ただし、確認をとっても苦情が入ってしまうことは考えられます。そうした場合には、あくまでも共用スペースを使わせてもらっていた立場になる以上、すみやかに遊ばせるのをやめましょう。また、もしプール遊びをさせてはいけないといわれてしまった場合には、残念ですがあきらめて公共のプールへ行きましょう。

プール遊びをしても良い場合の対策

ベランダプールがOKな場合も水鉄砲は控えましょう

では、ベランダでのプール遊びがOKな場合、どのようなことに注意をすればよいのでしょうか。まずは、子どもに大声ではしゃがないように言い聞かせることが大切です。難しいかもしれませんが、先にもお伝えしたように、生活リズムの異なる人には騒音と認識される場合もあり、トラブルを招くこともあります。特に、子どもが複数人で遊ぶような状況はどうしても騒いでしまいがちなので、ベランダでのプール遊びはあきらめたほうがよいかもしれません。また、ベランダの外に水を飛ばさないようにすることも大切です。水鉄砲などのおもちゃは使わないようにさせましょう。

遊び終わったあとは、水の処理方法にも気を付けなければなりません。一気に水を流してしまうと、下の階のベランダを水浸しにしてしまうおそれがあります。そのため、その場で流すしか方法がないのであれば、少しずつ流すようにして対応しましょう。流しやお風呂までどうにかして運ぶことができるのであれば、そちらで流すほうが無難です。

ベランダのプール遊びは危険でもある!

ベランダでのプール遊びで生じる苦情やトラブルについて触れてきましたが、実は大きな事故につながるリスクもあります。大人が付いていれば防ぐことはできるかもしれませんが、ほんの少し目を離した隙に危険な行為をしてしまうのが子どもというものです。子どもをベランダで遊ばせる場合には、プール遊びに限らず絶対に目を離さないようにし、必要な安全対策を講じるようにしましょう。

また、意外に思われるかもしれませんが、ビニールプールには子どもが溺れてしまう危険性もあります。事実、東京消防庁によると「ビニールプールで溺れる事故」は過去確かに発生しているのです。たとえ大人にとっては足首より少し上程度の深さであっても、小さな子どもが溺れてしまう可能性はぬぐえません。いずれにせよ、大人は常にそばについておくべきでしょう。

ベランダでのプール遊びはなるべく避けるのが無難!

マンションの規約で禁止されているか否かに関わらず、近隣住民とトラブルになるリスクを考えるのであれば、なるべくベランダでのプール遊びは控えたほうがベターです。もちろん、プール遊びが禁止されているのであれば、ベランダで遊ばせることはできませんので、公共のプールへ行きましょう。

プール遊びに限った話ではありませんが、近隣住民への迷惑にならないかどうかの配慮は常に怠らないようにしましょう。不要なトラブルを避けるということは、親だけでなく子どもたちにとっても地域で暮らしていくうえで大切なことなのです。

 

おすすめ記事