この記事は、約6分で読めます

毎日必ず利用するトイレは、清潔感を重視するため、白で統一された造りになっている家庭が多いのではないでしょうか。リビングや寝室と違って、トイレのスペースは狭い空間になるので、キレイに保つことを重視しがち。室内のコーディネートにまで力を注ぐ人は少数派かもしれません。しかし、限られたスペースだからこそ、実は大胆なインテリアを楽しむことができる場所でもあるのです。狭い空間をより居心地よく過ごすためのヒントやアイデア、インテリアの事例を参考にしながら、家族やお客様があっと驚く素敵なトイレ空間を作りましょう。

風水のテクニックを取り入れたコーディネートで、気分も運気もアップ!

せっかくトイレのコーディネートを考えるなら、風水の力も利用して運気アップを狙ってみるのはいかがでしょうか。

トイレといえば、風水の観点では気を浄化する場とされており、家の中でも特に悪い気が溜まりやすい場所になります。逆に、ここを常に清潔に保っておけば、家全体の気が良くなるのだとか。トイレを毎日清潔に保っておくことは、単純に気持ち良く過ごすためだけでなく、家運や金運を上げるためでもあるのです。

また、トイレに絵を飾るのも風水的なテクニックの一つ。真っ白な壁に一つ絵があると、それだけで空間が華やぎますよね。トイレの気を安定させる役割もあるので、ぜひお気に入りの一枚を飾ってみてください。ただし、陰気で暗い絵や、ごちゃついた印象の絵はNG。ただでさえ悪い気が停滞する場所なので、できるだけ明るく、見ていてホッとする印象のものを選びましょう。

他にも、消臭や湿気除去の効果がある竹炭も風水対策として◎。悪い気も一緒に吸い取ってくれます。無造作に置いておくと、真っ黒な炭が悪目立ちしてしまいますので、カゴに入れたり花と一緒に飾ってみたり、ひと工夫を凝らすといいですよ。

そしてもう一つ、仮に小さめのトイレであっても、専用のスリッパを置くことを忘れないでください。トイレの悪い気は、外を歩いたあと服に付着した花粉や埃とともに、下の方から溜まっていくそうです。そのため、スリッパを置かず裸足で個室に入ると、トイレの悪い気をそのまま踏んでしまうことになり、他の部屋にも不浄を持ち込んでしまうのだとか。

ぜひ、トイレカバーやマットに合わせたかわいいスリッパをそろえてあげてくださいね。

それでは実際に、おしゃれなトイレを作り上げるためのアイデア実例を紹介していきます。

一気に雰囲気を変えるなら、壁紙チェンジがおすすめ

トイレの空間の中でも、パッと目に入るのが壁紙。白壁のトイレが当たり前になっている人にこそ試してほしいのですが、壁紙が変わると、一気にトイレの印象が変わります。淡い色の壁紙であれば、白以外であってもクリーンな印象を保てるので、清潔感を重視したい人におすすめです。ペールブルーやグレーなどの寒色系の色を使用すれば、よりさわやかな印象を与えてくれますよ。

全面の壁紙を一色にすることに抵抗があれば、一面を変えるだけでも室内の印象は全然違います。濃いめの色や柄物の壁紙にしたい場合は特に、一面だけに使うと程よいアクセントになりますよ。

こちらのトイレでは、シンプル柄が描かれた壁紙が、おしゃれなカフェのような雰囲気を演出しています。室内に置く小物も、カフェ風のものを選ぶと楽しいかも。お客様が来たときも、褒めてもらえそうですね。

こちらのトイレは、クールでスタイリッシュな印象です。大胆な柄ですが、効果的に使っているので、うるさく感じません。遊び心のある柄を取り入れる場合は、一面のみに使用することを意識すれば、気軽に模様替えを楽しむことができます。

また、100円ショップで売られている「リメイクシート」を活用するのもおすすめです。木目の柄だけでなく、タイルやレンガ調のものもあるので、プチリフォームが叶えられます。元に戻したいときはシートを剥がすだけなので、簡単に原状回復が可能。賃貸に住んでいても試しやすい方法なので、一度挑戦してみてください。

癒し効果を得られるグリーンで、空間に清潔感と爽やかさをプラス

植物のグリーンには、 心を落ち着けてリラックスを促す癒しの効果があります。腰を下ろして一息つくトイレの空間にも、ぜひ植物を飾りたいところです。「個室内に窓が付いていなければ光が入らないので、植物も枯れてしまうのでは」と懸念するかもしれませんが、心配は無用。暗い場所でも枯れにくい多肉植物や、フェイクグリーンであれば、気軽に取り入れられますよ。

トイレの背面に備え付けられた棚に、グリーンを飾る例です。全体的なまとまりを考えると、小ぶりなサイズのものを選ぶのがベター。フェイクグリーンは、最近では100円ショップでも、多種多様なものが売っています。単体ではなく、いくつかの種類を組み合わせてみるといいですよ。

棚がない場合は、トイレタンクの上を飾り棚に見立ててフェイクグリーンを置くのもおしゃれです。蔦タイプのものを巻いたり、ポイントになりそうなものを置いたりするだけで、場所を取らず、とてもナチュラルな雰囲気に仕上がります。

壁面を飾る取り付けタイプの棚は、狭いスペースであるトイレでも役に立ちます。木製棚でまとめてもいいですし、アイアンフレームの物を組み合わせてもステキですよ。少しずらして設置すると、こなれ感が出てなお良し。グリーンや花を入れる花瓶にもこだわって、季節の花を楽しむのはいかがでしょうか。

生活感のあるグッズを、うまく収納しよう

限られた空間の中でゆったりと過ごすには、いかにその場を広く見せるかがポイントです。トイレットペーパーや掃除道具など、何かと生活感のある物があふれがちなトイレでは、収納の勝手を良くすることが必須の条件となるでしょう。

こちらのトイレでは、長めの棚を横壁の片側だけ設置し、細めの収納ボックスを置いています。こうすることで縦のラインが生まれ、奥行きが強調されています。トイレをすっきりした印象に見せるには、圧迫感なく収納場所を確保することがポイントです。

トイレットペーパーは、無造作に積んでいるだけだと、かなり生活感が出てしまいます。こちらのように、好みの柄のシートをトイレットペーパーに巻いてあげるのはいかがでしょうか。シンプルなワイヤーカゴに入れておけば、置いているだけでセンス良く見えます。

横に並べるのではなく、あえて縦に並べてみるのも良いですね。縦置き型のストッカーは、省スペースなのが魅力。補充も取り出すこともサッとできて、機能性も申し分ありません。

もし、収納グッズを置くスペースがほぼないようなトイレであれば、突っ張り棒の活用をおすすめします。物を置く専用の突っ張り棒もありますが、普通の棒状のものでも2本使えば、個室の幅に合わせて平行になるように設置すると、軽めの板を乗せられるスペースが生まれます。トイレットペーパーのストックやトイレ用洗剤入れなど、細かなものをまとめて入れた箱を置いておけば、床のスペースを取らずにスッキリと収納できます。

手軽に取り入れられるアートで、トイレにいる時間をもっと楽しく

冒頭でも少し触れましたが、手軽にトイレの雰囲気を変える方法として、アートを飾るという手法があります。お気に入りの絵画を飾るのも良いですが、もう少し手軽な方法を見てみましょう。

ポストカードには、かわいいイラストやデザインが多いですよね。ポストカードは誰かに送るためだけでなく、空間を飾るためのディスプレイとしても最適です。雑貨ショップなどで、思わず手に取ってしまうようなステキなポストカードを集めて、トイレの壁を飾りましょう。

旅行が趣味の人や、家族の写真をたくさん撮る人などは、写真をディスプレイしてもいいかもしれません。トイレで過ごすたびに写真を見返して、旅の風景や楽しかった記憶に浸ることができます。思い出を一つ一つ増やしていくのが楽しみになるディスプレイです。

インテリアショップや雑貨店、ネットでも手に入りやすいウォールステッカー。木や花など、ナチュラルな雰囲気のものから動物、建物までいろんな種類があり、個室内のワンポイントになります。小物と組み合わせて、独自の世界観を表現してみましょう。

トイレで過ごす時間は1日で見れば少しではありますが、せっかくならその時間も楽しめればステキですよね。どれも取り入れやすいアイデアばかりなので、できそうなものから試して見てください。

おすすめ記事