この記事は、約5分で読めます

新しい家を購入するとき、憧れのアイランドキッチンにしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。しかし、実際にアイランドキッチンにしたときの使用感や使い勝手も気になりますよね。そこで、アイランドキッチンのメリットやデメリット、注意点についてまとめました。また、従来のキッチンを使っているけれど、アイランドキッチンに変更したいという方向けに、その変更方法も解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

アイランドキッチンのメリット

スタイリッシュなアイランドキッチンは憧れ
ペニンシュラ(半島)タイプもあります

アイランドキッチンとは、壁と接することなく“島”のように位置しているキッチンのこと。開放感があるので、アイランドキッチンに憧れる女性も多いでしょう。また、キッチンの左右どちらかが壁に接しているペニンシュラ(半島)キッチンも人気があります。

アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチンにはどのような魅力があるのでしょうか。そのメリットを見ていきましょう。

リビングを見ながら料理や食器洗いができる
アイランドキッチンはリビングやダイニングに接していることが多く、幼いお子さんの様子を見ながら食事の支度をしたり、パートナーと会話しながら食器洗いをしたりすることが可能です。家族とのコミュニケーションを取りながら、キッチンに立てるのがメリットでしょう。

広々とした空間を利用できる
アイランドキッチンは、従来のキッチンに比べて広々とした空間を確保できます。子どもやパートナーと一緒に料理しやすくなりますよ。親族や友人が遊びに来たときに、大人数でワイワイ話しながら食事の準備ができるのも、アイランドキッチンならではの良さですね。

スタイリッシュなキッチンになる
アイランドキッチンは開放感があってスタイリッシュな空間を演出します。それに合わせてインテリアも高級感のあるトーンにすることで、まるでホテルのようなセンス溢れる空間にすることも可能でしょう。

アイランドキッチンのデメリット

一方で、アイランドキッチンにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。デメリットも理解した上で設置を検討してみてください。

調理中の匂いがリビングやダイニングに逃げやすい
アイランドキッチンはリビングとの距離が近いため、調理中の匂いやシンクの臭さがリビングに逃げやすいです。特にIHクッキングヒーターを使っている場合は、湯気や匂いが換気扇まで届きにくいといわれているので注意が必要です。リビングに臭いが漂うのを避けるためには、ガスコンロ上部の換気扇をこまめに掃除したり、高性能な換気扇をつけたりするなどの工夫をすると良いでしょう。

広い空間が必要
アイランドキッチンをつけるには、キッチン部分に広い空間が必要です。間取りによってはリビングやダイニングのスペースが狭くなってしまい、使い勝手が悪くなってしまうことがあるので注意しましょう。どうしてもアイランドキッチンにこだわりたい場合は、住宅メーカーの担当者などに相談して、やや小ぶりのアイランドキッチンをつけられるか交渉するのも手です。

食品や食器の収納に工夫がいる
アイランドキッチンは開放感のある空間のため、食品や食器を収納する部分が少なく、ものが溢れやすくなるデメリットがあります。そのため、なるべく不要なものは置かない、収納用品を別途購入する、「見せる収納」にするなどの工夫が必要でしょう。アイランドキッチンの収納例をインターネットやSNS上で公開している人も多いので、参考にしてみてくださいね。

アイランドキッチンをつける際の注意点

背面収納やパントリーを充実させて、使い勝手アップ

メリット・デメリットを踏まえた上でアイランドキッチンを購入する人は、以下の点にも注意して施工を依頼すると良いでしょう。キッチンは高価な買い物。しっかりと吟味してから購入したいですね。

広さに合ったキッチンを購入する
鉄則は、キッチン・リビングの大きさに合わせたアイランドキッチンを購入することです。アイランドキッチンは四方向に人が立つことができますので、人の立つ面積まで計算して、キッチンの大きさを決めると良いでしょう。

背面収納やパントリーを充実させる
アイランドキッチン自体の収納力には限りがあるため、キッチン背面に大きな食器棚やパントリーをつけるなど、背面収納を充実させましょう。また、背面収納はリビングからも見えやすいもの。食品や調理器具などの置き場所を決め、日頃から整理整頓しやすい空間を作るといいですね。また、アイランドキッチンと背面収納の距離も重要。遠すぎず近すぎず、適度な距離を確保しましょう。

換気機能を充実させる、窓をつける
アイランドキッチンの換気機能はとても重要です。通常よりも高い性能の換気扇を設置したり、背面に窓をつけたりと、換気しやすい工夫をしましょう。特にIHクッキングヒーターをつける予定の方は、低い位置の煙も吸える換気扇をつけるといいですね。

後からアイランドキッチンにしたいときはどうする?

現在使っている壁付けキッチン(背面キッチン)から、アイランドキッチンに変えたい! そんなときに取れる手段やアイデアを紹介します。

アイランドキッチンにリフォームする
リフォーム会社に依頼して、キッチンをアイランドキッチンに改装してもらう方法です。好きなメーカーやスタイルのキッチンを選んで、施工してもらうと良いでしょう。デメリットは費用がそれなりにかかること。安くて100万円程度から、高いと300〜500万円まで、大きな出費となります。欲しいキッチンと予算の折り合いをつけながら、希望のキッチンをリフォームしてもらいましょう。

キッチンワゴンやバーカウンターを設置する
少ない予算でアイランドキッチンのような機能が欲しいという人は、キッチンとリビングやダイニングの間にキャスター付きのキッチンワゴンやバタフライテーブルを設置する手も。シンクやコンロはついていませんが、ワゴン上で食材を切ったり盛り付けたりすることが可能になります。自分はキッチンで調理しつつ、ワゴンではお子さんやパートナーに下ごしらえや盛り付けをしてもらうこともできますね。

また、バーカウンターを置いて、そこでドリンクや食事を提供する方法も。アイランドキッチンとは少し違いますが、家族と同じ空間を楽しめる点は似ているでしょう。バーやカフェが好きな人はぜひ検討してみてくださいね。

まとめ

憧れのアイランドキッチンは、リビングを見ながら調理ができたり、広々としたスタイリッシュな空間を楽しんだりできるメリットがあります。一方で、臭い対策や収納の工夫や広い空間を必要としますので、設置するときにきちんと対策をしておきましょう。よく比較検討した上で、家族や友人たちと楽しめる、理想のアイランドキッチンを手に入れてくださいね。

おすすめ記事