この記事は、約7分で読めます

ビジネスリーダー層の読者へオンとオフの情報を発信しているフォーブズジャパンはこの度、2019年版「日本長者番付」を発表しました。今年はどのような顔ぶれが並んでいるのでしょうか。

フォーブス「日本長者番付 2019」発表。柳井 正氏が首位に返り咲き

1位:柳井 正氏

2019年4月11日─フォーブスの2019年版「日本長者番付」の1位は、カジュアル衣料品店「ユニクロ」を傘下に持つファーストリテイリングの創業者、柳井 正氏となりました。2016年以来の首位となります。

上位50人の全リストは、 WEB特設ページ と「Forbes JAPAN」7月号(5月25日発売)に掲載されています。

日経平均株価がここ一年間で5%上昇した一方、長者番付に名を連ねた50人のうち31人が、前年より資産を減らしています。リストに名前が挙がった50人が保有する資産の総額は、3月22日時点で総額1780億ドル(約19兆7800億円)。前年の合計額1860億ドルより減少しています。

国際的に事業を展開する衣料品大手ファーストリテイリングの株式のうち、44%を保有する柳井 正氏とその家族の資産は、およそ249億ドル。この一年でドル建て資産を最も増やしたのは柳井氏で、昨年の193億ドルから、29%に当たる56億ドル増やしています。柳井氏の積極的な事業拡大により、同社は現在、衣料小売りで世界第3位となっています。

2位:孫 正義氏

ソフトバンクの孫 正義氏は、昨年の首位から2位となりました。ただ、ソフトバンクの株価は上昇しており、孫氏の保有資産も前年から21億ドル増加、240億ドルとなっています。孫氏が設立した1,000億ドル規模のソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)は、多額の投資で広く注目を集めています。SVFはサウジアラビアのパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)から450億ドルの出資を受けており、その他、アブダビ首長国のムバダラ開発公社、アップル、クアルコム、オラクルの共同創業者で富豪のラリー・エリソンなどもSVFに出資していまする。

3位:滝崎 武光氏

前年より資産を増やしたもう一人は、キーエンスの創業者である滝崎 武光氏です。保有資産は10億ドル増えて186億ドルとなり、前回の4位から1ランク順位を上げています。東証一部上場のキーエンスは、工場の機械やロボットの性能を監視するために使われるセンサーにより、中国で安定的な成長を続けています。

4位:佐治 信忠氏

4位に入ったのは酒類大手サントリーの佐治 信忠氏と家族でした。保有資産は昨年の180億ドルから減少、およそ108億ドルとなりました。推定資産が減少した理由の一つには、新たに得た情報により、これまで佐治家の保有とされていたサントリー株の一部が、慈善団体の所有であると確認されたことがあります。世界的なビール販売の低迷も、資産の減少につながっています。

5位:三木谷 浩史氏

楽天の創業者、三木谷 浩史氏(5位、60億ドル)は資産を昨年の54億ドルから6億ドル増やしています。三木谷氏は55億ドルをかけて日本国内に新たな通信ネットワークを構築することで、業界を「破壊」しようしています。楽天モバイルの新サービスは、より安価で高速、信頼性の高いネットワークを提供するとしており、それにより約1,000万人のユーザーを獲得することを目指しています。三木谷氏は「フォーブス・アジア」4月号の表紙を飾っています。

資産の増加率が最も高かったのは栗和田 榮一氏

今回の番付に入った富豪のうち、資産の増加率が最も高かったのは、SGホールディングスの会長、栗和田 榮一氏(25位、17億5000万ドル)です。前回の12億ドルから45.8%増やしています。栗和田氏は2017年にSGホールディングスを東証一部に上場させたことで昨年、初めて番付に名前を並べています。上場以来、同社の株価は40%以上値上がりしており、栗和田氏の順位は昨年の40位から急上昇しています。

初めてランクインしたのは4名

今年の日本長者番付には、4人が初めてランクインした。7位には、保有資産52億ドルの高原 豪久氏が入っています。2001年からユニ・チャーム代表取締役社長を務める高原氏は、同社の創業者である父の高原 慶一朗氏が昨年10月に死去したことを受け、その保有していた同社株を2人のきょうだいと共に引き継いでいます。

その他、昨年6月に上場したフリマアプリサービス「メルカリ」創業者の山田 進太郎氏(33位、13億ドル)、ビジネスホテル・チェーンを展開するアパグループ創業者の元谷 外志雄氏(36位、12億ドル)、東証一部上場の不動産仲介・マンション開発会社オープンハウス創業者の荒井 正昭氏(49位、9億300万ドル)が初めてランク入りしています。

番付に返り咲いたのは増田 宗昭氏

一度リストから外れたものの、今回番付に返り咲いたのは、国内最大規模で書籍販売や映画・音楽のレンタル事業などを手掛けるTSUTAYAの最高経営責任者(CEO)増田 宗昭氏(37位)一人でした。

ランキングから外れたのは篠原 欣子氏と山海 嘉之氏

また、今回ランキングから外れた富豪の中で目を引くのは、人材派遣会社を創業、女性として日本で初めて自力でビリオネアになった篠原 欣子氏です。総合人材サービスを展開するパーソルホールディングスの株価はここ1年で、30%以上下落しています。また、株価が50%値下がりしたロボット開発を手掛けるサイバーダインの創業者、山海 嘉之氏もリストから外れています。

50位に入った富豪の保有資産は、昨年の9億6,000万ドルよりより少ない9億ドルでした。

日本長者番付トップ10
1) 柳井 正氏:249億ドル
2) 孫 正義氏氏:240億ドル
3) 滝崎 武光氏:186億ドル
4) 佐治 信忠氏:108億ドル
5) 三木谷 浩史氏:60億ドル
6) 重田 康光氏:54億ドル
7) 高原 豪久氏:52億ドル
8) 森 章氏:47億ドル
9) 永守 重信氏:45億ドル
10)毒島 秀行氏:44億5,000万ドル

ランキングは個人から入手した情報に加え、証券取引所やアナリストら、政府機関の公開情報その他を基に作成しています。番付に入った各氏の保有資産は、2019年3月22日の株価の終値と為替レートに基づき算出。非公開会社の創業者などの場合は、類似した公開会社の財務比率その他との比較から推計しています。また、各氏の保有財産には家族の資産を含む場合もあります。

詳細については、下記リンクから閲覧が可能です。
https://www.forbes.com/japanhttps://forbesjapan.com/feat/japanrich/

まとめ

今回は少し趣向を変え、日常生活とは種類の違うお金の話題を取り上げてみました。長者番付というと縁遠い世界の話のようにも思えますが、これを読んでいる方の中からも、将来番付にランクインする方が現れるかもしれませんね。

ニュース参照元:PRTIMES
ニュース情報元:日本長者番付 2019

おすすめ記事