この記事は、約6分で読めます

家を建てる前に行う儀式「地鎮祭」。その名前は聞いたことがあるものの、何のために行う、どんな儀式なのか知らない人が多いのではないでしょうか。ほとんどの人にとって、地鎮祭を行うのは初めてのこと。不安に感じることも多いでしょう。そもそも「やる必要があるの?」と思っている人や「お金がもったいない」と思っている人も少なくないのでは? ここでは、地鎮祭とは何か、やらなければならないのか、日取りや準備、式次第についてもまとめました。

地鎮祭とは?

地鎮祭とは、家を建てる前に氏神様(居住する地域の神様)を鎮め、土地を使用する許可を得る意味があります。許可を得ることで祟りを防ぎ、工事中の安全や、完成した家の繁栄を祈ります。

神式で神主さんが行うケースが一般的ですが、熱心な檀家さんでしたら仏式で、キリスト教徒であればキリスト教式で、地鎮祭に代わる「起工式」を行うケースもあります。

地鎮祭はやらなくてもいいの?

地鎮祭を行うことは義務ではありません。地域によって風習が異なりますが、時代の変化に伴い、特に都心部を中心としたハウスメーカーでは、施主の意向を重視して地鎮祭を行わないケースが増えています。居住する土地に根付いた工務店などでは、地鎮祭を勧められるケースが多いようです。

また、計画段階で地鎮祭の費用を諸経費に含んでいるハウスメーカーも少なくありません。全てハウスメーカーが取り仕切ってくれて、当日は手ぶらで参加するだけというケースも多いようです。

地鎮祭の日取りは?

縁起を担ぎたければ、地鎮祭は六曜で吉日とされる大安や友引、先勝の午前中に行いましょう

地鎮祭は一般的に、「大安」「友引」「先勝」といった六曜の吉日の、午前中に執り行うことが多いようです。「仏滅」がお祝い事に不向きな日であることは広く知られていますが、「赤口」も避けた方がいい日とされています。午の刻、つまり11時から13時頃までは良い時間とされているものの、赤という文字から火事や血などを連想させるため、地鎮祭に関しては仏滅以上に不吉な日と考える人もいます。できれば避けた方がいいでしょう。

とは言え、毎日忙しい中で関係者全員のスケジュールを合わせるのは大変なこと。最終的には自分たちの気持ち次第です。そもそも、地鎮祭は神道の行事ですから、神道と無関係の六曜を持ち出すこと自体がナンセンス、という考え方もあります。建築関係の行事は「十二直」に基づく建築吉日を重視する人もいます。いずれも、参考程度に考えればよいでしょう。

地鎮祭に向けて、何を準備したらいいの?

地鎮祭に必要なお供え物は本来、施主が用意するもの。最近は工務店やハウスメーカーが準備するケースが増えています

地鎮祭は基本的に、神主さんと工務店やハウスメーカーが準備をしてくれるため、施主は当日、神主さんへのお礼である「初穂料(玉串料・神饌料)」を持参するだけというケースが一般的です。初穂料の相場は、3~5万円。多いところでは10万円が相場という地域もあるようですが、いずれにしても奇数の切りの良い数字が好まれる傾向にあります。工務店やハウスメーカーの担当者が、相場を教えてくれるでしょう。

当日は、米や奉献酒、塩、鯛やするめ、昆布といった海の幸、野の幸(野菜)、山の幸(果物)などの準備が必要です。これらの一部またはすべてを施主が準備するケースもあります。笹竹や注連縄、砂、白木のくわ・すき・鎌、榊などは工務店やハウスメーカーが準備します。

また、地鎮祭が終わると基礎工事に着手することになります。工事車両の駐車や騒音など、ご近所には何かと迷惑をかけてしまいますから、このタイミングで向こう三軒両隣に挨拶まわりをするケースが多いようです。施工会社がタオルなどの粗品を持参しているでしょうが、施主サイドでもちょっとした挨拶の品を用意しても良いでしょう。

地鎮祭当日の流れは?

当日は、極端に派手な服装や露出の多い服装、だらしのない恰好でなければ、普段着で問題ありません。家を建てる土地にテントを建て、祭壇を組み、お供え物を並べたところで、神主さんが地鎮祭を執り行います。

式次第は主に「修跋の儀(しゅばつのぎ)」「降神の儀(こうしんのぎ)」「献饌 (けんせん)」「祝詞奏上(のりとそうじょう)」「四方祓(しほうはらい)」「地鎮の儀(じちんのぎ)」「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」「撤饌(てっせん)」「昇神の儀(しょうじんのぎ)」「閉式の辞(へいしきのじ)」「直会(なおらい)」と進めます。最後の直会とは簡単な食事のことで、最近は省略するケースも多いようです。

地鎮の儀では、「エイ、エイ、エイ」という掛け声とともに、設計者が鎌を、施主が鍬を、施工者が鋤を入れます

施主がやることは主に、「地鎮の儀」で神主さんから手渡された鍬を使い、盛り砂を掘り起こす仕草を行う「鍬入れ」と、玉串を祭壇に置いて二礼二拍手一礼を行う「玉串奉奠」。あとは地鎮祭が終わってから、神主さんへ感謝の気持ちとともに、初穂料を渡しましょう。

実際に家を建てた人は、どんな地鎮祭を行っているの?

東京都・Kさんの体験談

「地鎮祭を行わないと着工できない」という想いがあり、当時仮住まいだった私たちは、1日も早く地鎮祭を行いたいと考えていました。施工をお願いしていた工務店から告げられた大安の日は夫の都合がつかず、家族で参加できる友引の日を選ぶことに。費用は工務店から「宮司さんにお渡しする初穂料は5万円で、その他にお供えを準備するために5,000円程度かかる」とお聞きしましたので、相場通りの額をお支払いしました。エリアごとに「初穂料」が異なり、私たちが暮らすエリアはやや高めと聞いた記憶があります。これらの費用は宮司さんではなく、工務店さんに支払い、工務店さんが宮司さんにお渡しする流れでした。当日の準備は、工務店さんにおまかせ。宮司さんの送迎も、工務店の方がして下さったようです。新居を建てるエリアの氏神様を祀る神社の宮司さんが来てくださり、儀式は30分程度で終了しました。当日は儀式よりも、その流れで行った近隣への挨拶回りに時間がかかった印象ですね。

(参考記事:東京都・Kさんの住宅購入者インタビュー「【東京都・注文住宅】都心に狭小住宅を新築! 仕事も日常生活も充実させた共働き夫婦の家探し」)

茨城県・Mさんの体験談

業者から提案された日に、地鎮祭を行いました。当時都内在住・都内勤務だったため、必然的に土日しか都合がつかなかったこと、両親が新居の近くで暮らしていて地鎮祭に参加してくれる予定だったことから、日にちの選択肢はあまりなかったと思います。準備は特にありませんでしたが、新居を建てる土地の氏神様ではなく、業者が懇意にしている神社の神様で良いかという確認はあり、紹介された神社にお願いしました。60戸ほどの分譲地でしたが、地鎮祭を行わなかったご近所さんも多かったようです。当日は普段着で現地へ。あいにくの雨となってしまい、傘をさしながら参列しました。神棚が濡れないように雨避けのテントを建てるなど、準備をして下さった方々は大変だったと思いますが、神主さんから「雨降って地固まるですね」と言われたことが、とても印象深いです。

(参考記事:茨城県・Mさんの住宅購入者インタビュー「【茨城県つくば市・新築戸建て】国分寺市から引っ越し。子育ての住環境にこだわった家探し」)

まとめ

地鎮祭を行わなくても家は建ちますが、着工前に地鎮祭を行うことで、その土地に住む神様に受け入れてもらい、工事の安全と家の繁栄を祈願することができます。施工する関係者の士気も高まることでしょう。分からないことだらけで不安かもしれませんが、基本的には神主さんや施工者が取り仕切ってくれます。家を建てる際は、貴重な人生経験として、地鎮祭を行ってみてはいかがでしょうか。

いくつわかる?検定にチャレンジ

住宅ローンについて知る

住宅ローンをご検討中の方

この記事の執筆者
斎藤 若菜 住宅ライター

ラジオパーソナリティを経てフリーライターに。住宅・インテリア・不動産分野を中心として、介護・グルメ・トラベルなどのジャンルでも執筆。リフォームや注文住宅関連の住宅情報誌をはじめ、雑誌、書籍、新聞、インターネットなどのさまざまな媒体で取材・執筆を手掛けている。ARUHIマガジンでは、「住宅購入者ストーリー」などを担当中。

おすすめ記事