この記事は、約3分で読めます

“本当に住みやすい街”を楽しむためのフリーマガジン「本当に住みやすい街Walker」Vol.001が発行されます(発行・編集=株式会社 KADOKAWA/企画協力=アルヒ株式会社)。

理想ではなく、実際に生活するというリアルな視点で専門家が選出する「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞」。これまでに首都圏、関西、福岡で開催され、ランキング発表のたびに多くのメディアに取り上げられるなど、注目が高まっています。

今回が創刊号となる「本当に住みやすい街Walker」Vol.001では、昨年12月に発表された「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2019」にランクインした街の中から、赤羽南阿佐ヶ谷日暮里勝どき小岩の5つの街にフォーカスし、足を運んででも行ってみたいとっておきのお店や注目グルメなどを紹介しています。

参考:「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2019」結果発表ページはこちら>>

このほか、表紙を飾ってくれた中村アンさんのスペシャルインタビューや、誌面で紹介された街で見つけたステキな女性たちを紹介するストリートスナップ特集、家探しに役立つ情報など、盛りだくさんの内容です。

ARUHIマガジンでは、明日4/29(月)から「本当に住みやすい街Walker」Vol.001とのコラボレーションがスタート。同誌から抜粋して記事を配信するほか、ARUHIマガジンでしか読めないコンテンツも登場します。こちらもお楽しみに!

記念すべき創刊号の表紙は中村アンさん

都内のJR、東京メトロ、都営地下鉄の駅などでラック設置

「本当に住みやすい街Walker」は4/29(火)から、都内のJR、東京メトロ、都営地下鉄などのラックで設置がスタート。このほか、赤羽一番街商店街、南阿佐ヶ谷すずらん通り商店街、日暮里繊維街などの商店街でも設置配布されます。限定数配布のため、なくなり次第のレア度高めなフリーマガジン。見かけた人は早めにゲットして、ゴールデンウィークのお出かけや引っ越し先の街の参考にしてみてくださいね。

主な配布場所
・JR ※4/29(月)から
赤羽駅、田端駅、市川駅、秋葉原駅、北千住駅、錦糸町駅、王子駅、新宿駅、池袋駅、上野駅、東京駅、高円寺駅、吉祥寺駅

・東京メトロ ※5/1(水)から
六本木一丁目駅、四ツ谷駅、飯田橋駅、中野坂上駅、豊洲駅

・都営地下鉄 ※4/29(月)から
五反田駅、新橋駅、東銀座駅、日本橋駅、人形町駅、浅草駅、浅草橋駅、巣鴨駅、神保町駅、大手町駅、新宿三丁目駅、市ヶ谷駅、九段下駅、神保町駅、岩本町駅、勝どき駅、月島駅、春日駅、新宿駅、青山一丁目駅、新宿西口駅、門前仲町駅、大門駅、練馬駅、上野御徒町駅、日比谷駅、東日本橋駅、三田駅、水道橋駅、小川町駅、光が丘駅、六本木駅、麻布十番駅、飯田橋駅

・商店街 ※4/29から。一部、配布開始が5/1(水)になる商店街もあります
赤羽一番街商店街、南阿佐ヶ谷すずらん通り商店街、日暮里繊維街

掲載は誌面だけ! 豪華読者プレゼントもあります

「本当に住みやすい街Walker」の3ページには、読者プレゼント情報も。空気清浄機「BALMUDA The Pure」やトースター「BALMUDA The Toaster」が各1名に当たるほか、Amazonギフト券5000円が30人に当たります!

おすすめ記事