この記事は、約2分で読めます

不動産投資サイト「楽待」(https://www.rakumachi.jp)を運営する株式会社ファーストロジック(東京都千代田区、東証一部上場)が、同サイトにおける投資用不動産市場調査1~3月期の結果を公表しました。
(調査期間:2019年1月1日~同年3月31日、対象:期間中に「楽待」に新規掲載された全国の物件)

「楽待」が発表した投資用不動産市場調査結果 ※クリックで拡大

レポート概要

今回の公表結果によると、一棟マンションの平均価格は下落傾向にあり、2019年3月に1億7,000万円台となっています。楽待において、一棟マンション価格が1億7,000万円台になるのは5年ぶりとのこと。一棟アパートの物件価格も下落傾向である一方、区分マンションは上昇傾向にあるようです。

利回りは一棟マンション・一棟アパート共にほぼ横ばいで推移しています。一方、区分マンションは低下傾向にあり、3月の7.27%は過去3年間でもっとも低い数値となりました。

まとめ

サラリーマンに人気の不動産投資。周りにもやっている人が多く、気になっている方も多いのではないでしょうか。

いざ行動するのはもう少し先だったとしても、関連ニュースにアンテナを立てておくことで、自信を持って判断できるようになるかもしれませんね。

▼プレスリリース資料▼
https://www.firstlogic.co.jp/wp-content/uploads/2019/04/firstlogic_press_201904.pdf

【ファーストロジック会社概要】
設立:2005年8月23日
所在地:東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー 33階
楽待URL:http://www.rakumachi.jp
会社URL:https://www.firstlogic.co.jp

ニュース参照元:PRTIMES
ニュース情報元:株式会社ファーストロジック

この記事もおすすめ

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事