この記事は、約4分で読めます

今月末にスタートする10連休。共働きで育児をしている家庭では、お子様の預け先が喫緊の課題ではないでしょうか。そこで今回は連休中の預け先候補の一つとして、ベビーシッターサービスのニュースを取り上げてみました。

全国で1時間1,000円~スマホで呼べるベビーシッター・家事代行サービス「キッズライン」を運営する株式会社キッズライン(本社:港区六本木/代表取締役社長:経沢香保子)は、平成から令和の改元の節目となるこの10連休、お子様の預け先がなくお困りの親御様に向けて、3,000円分のベビーシッター初回体験をプレゼントしています。

10連休中も休みがとれない人は20%にも

新元号「令和」が発表され、いよいよ今月末に迫る日本史上初の10連休。親御様の中には、接客業やサービス業、医療従事者など、職種柄休むことができないにもかかわらず、「保育園が休園となり、預け先が無い!」といったお困りの声も多く聞かれます。

キッズラインがユーザーであるママパパ300名に実施した調査によると、約5人に1人にあたる21.5%の方が10連休中に仕事があると回答、また約半数の47.4%の方がパートナーが仕事だと回答しました。(※1)

そこで、キッズラインでは10連休中に大切なお子様の預け先がなくお困りの親御様を救済すべく、3000円分のベビーシッター初回体験をプレゼントする「10連休お助けキャンペーン」を開催。1時間1000円〜、24時間365日スマホで依頼でき、全国に3,000人以上のベビーシッターが在籍するキッズラインが、お仕事を頑張る親御様に代わってお子様を安全にお預かりします。

10連休お助けキャンペーン概要

対象:キッズラインを初めて利用される方
キャンペーン期間:2019年4月8日(火)〜2019年4月26日(金)17:00
ポイント有効期限:2019年5月6日(月)23:59決済分
内容:期間中キッズラインを初めて利用される方全員に3,000円分のポイントをプレゼント

さらに、今回の取り組みを1人でも多くのお子様の預け先にお困りの親御様にお届けするため、キャンペーンをシェアしてくださった全ての方に100円分のポイントをプレゼントいたします。

詳細はこちら

キッズラインとは?

「キッズライン」は1時間1,000 円~スマホからも即日手配可能なオンラインベビーシッター&家事代行マッチングサービス(iOS版Android版アプリも利用可能)です。全国47都道府県で展開、現在3,000名以上の保育士や幼稚園教諭、子育て経験のあるママや東大生などの、キッズラインで面接および研修に合格したサポーターが登録しています。利用者は、事前に全サポーターの詳細なプロフィールや利用者全員の口コミ評価を見ることができ、安心して24時間オンラインで手配する事が可能なためユーザー数が増加。

IVS2015のビジネスコンテストで優勝、2017年にはグッドデザイン賞も受賞し、数多くのマスコミなどにも取り上げられています。最近では5つの自治体(千代田区・渋谷区・品川区・調布市・福岡市)や380社以上の法人にも導入。2019年1月には東京都が50億円規模の予算をかけて推進する東京都ベビーシッター利用支援事業の事業者に認定されるなど、利用の裾野を広げています。

まとめ

日本ではまだ利用経験者の少ないイメージのあるベビーシッターや家事代行。共働き夫婦や子育て中家族の方の利用が増えていくことで、少しでも働きやすい・育児のしやすい社会につながっていくといいですね。

※1 調査概要
・調査期間:2019年3月21日~3月23日
・調査対象:子育て中の女性289名、男性13名
・就労状況 共働き世帯:230名(75.9%)、片親のみ就労世帯:56名(18.5%)、ひとり親世帯:16名(5.2%)
・調査方法:インターネット調査
・調査全文はこちら

【株式会社キッズライン 概要】
代表:経沢 香保子
事業内容:インターネットを使った女性支援事業、育児支援事業
所在地:東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル7F
URL:https://kidsline.me/

ニュース情報元:株式会社キッズライン

おすすめ記事