この記事は、約5分で読めます

朝から夜まで働いている、共働きで忙しいという場合には、どうしても洗濯が夜遅くになってしまうという人が少なくありません。しかし、マンションで暮らしていると、あまり遅くに洗濯機を回すのはどうなのかとためらってしまうこともあります。この記事では、マンションで洗濯機を使う際のマナーについて詳しく解説していきます。

マンションで洗濯機を使って良いのは夜何時まで?

マンションで洗濯機を使って良いのは何時までかというと、常識的には「7~21時」のあいだだといわれています。基本的に人が起きていて活動している時間なら、大丈夫だと言えるのです。よりトラブルを回避したいと思うのなら「8~20時」のあいだで洗濯機を回したほうが安心です。しかし、都心部であれば22時ぐらいまでは許容されるケースも多くあります。都心部では帰宅時間が遅くなる傾向にあるので、22時ぐらいから洗濯機を回す人も少なくありません。

大事なことは、周囲の生活リズムと合わせることです。周囲の人が寝ていない時間帯なら、洗濯機を回しても問題や迷惑になる可能性は低いでしょう。お年寄りが多いマンションなら、寝る時間が早くなるケースも多いので、洗濯機を使う時間には気をつけたほうが無難です。子どもがいる家庭なら、多少の騒音はお互い様と思ってくれるケースもあります。また、平日か休日かによっても洗濯機を使う時間帯は違ってきます。休日は平日よりもゆっくり寝ている人も多いので、常識的な時間から1時間ずらして8時からにするなどの配慮があれば、トラブルを避けることができるでしょう。

洗濯機の騒音が響く原因

洗濯機の騒音が響く原因には、4つあります。まずは「洗濯機が安定していない」ことが挙げられます。洗濯機はしっかりと水平に設置されていないと、がたがた動いてしまい騒音になるのです。洗濯機には、水平になっているかどうか確認する水準器が付いていることも多いので、確認してみましょう。付いていない場合には、ホームセンターなどで購入する、スマホのアプリを利用するなどの方法で確認ができます。

2つ目は「寿命」です。洗濯機の寿命は、およそ8年程度だといわれています。寿命がきていると、どうしても音が大きくなったりガタついたりしてしまうのです。また、古い洗濯機は最新式のものほど静音性に優れていないので、故障していなくても音が大きいケースも多くあります。そのため、8年以上使っていて騒音に困っているのなら買い替えを検討したほうがいいでしょう。節電や節水にもつながるので、長く使っているのなら思い切って買い替えるのもひとつの方法です。

「洗濯物が多すぎる」ということも関係してきます。洗うものが多すぎると、洗濯機の音が大きくなります。これは、洗濯機の中で衣服が偏ってしまうことで重心がずれ、振動が激しくなってしまうからです。洗濯物を溜め込んでしまうこともあるでしょうが、大量に入れすぎない、洗濯機が定めている容量を守るなどの対策を取ることで、騒音が軽減する可能性もあります。

最後は「床の材質」の問題です。洗濯機を置く場所の床が柔らかい材質だったり、振動を伝えやすい材質だったりするケースがあります。その場合には振動を伝えやすいので、騒音トラブルになってしまう可能性が高いのです。床の材質は変えることのできない部分ですから、騒音がどうしても気になるのなら引越しも視野に入れる必要があります。鉄骨鉄筋コンクリート造のマンションなら、揺れにくく振動に強いとされているので、マンションを選ぶ際に注意して見てみるのもいいでしょう。

早朝や深夜に洗濯したい場合の対策

基本的には7~21時のあいだで洗濯を済ませておくことが望ましいのですが、どうしても早朝や深夜に洗濯をしなければいけないときもあるでしょう。その場合には、日ごろから近隣住民と良い関係性を築いておくと安心です。あまり関係が良くない、もしくは日ごろからお付き合いがないと、どうしても不満を感じやすくなります。そのため、普段から挨拶をしておく、話をして良い関係になるように心がけることが重要です。そうすることで、早朝や深夜に洗濯したいときでも理解を得やすくなります。また、すぐに謝っておけるのでトラブルに発展する可能性も低くできるのです。

騒音対策を施しておくのもいいでしょう。洗濯機の振動を抑えるような対策を施すことで、騒音を軽減することができます。深夜や早朝に洗濯機を使うことが多いのなら、洗濯機用の防音ゴムやシートを利用するのもひとつの方法です。完全に騒音を防げるわけではありませんが、ある程度の効果はあります。ホームセンターなどに売られていますので、購入して使ってみるといいでしょう。

マンションで使う洗濯機も重要!

マンションで生活をしているのなら、洗濯機選びも重要なポイントです。静音性の高い洗濯機を利用することで、騒音トラブルになることを防げます。静音性の高い洗濯機として挙げられるのが、ドラム式洗濯機です。ドラム式洗濯機は振動が少ないのが特徴です。洗濯機で気になるのが、振動による騒音ですから、振動の少ないドラム式洗濯機を選ぶことで軽減することができます。また、ドラム式洗濯機は脱水や乾燥時の音も静かです。がたがたと音が響かないので、マンション内でもあまり気にすることなく使用できるでしょう。値段は縦型洗濯機よりも高くなりますが、省エネ効果も期待できます。

最新式の洗濯機を使うことも、騒音トラブルを防ぐためには大切です。最新式の洗濯機は静寂性に優れています。特に、長い期間洗濯機を使っているということなら、最新式の洗濯機に買い替えることで大幅に騒音や振動を抑えることができるでしょう。値段は高くなりますが、より静寂性に優れたものを選べば、騒音トラブルに怯えることなく洗濯機を使うことができるのです。

近隣トラブルに発展してしまったときは?

気をつけていても、洗濯機の騒音で近隣トラブルに発展してしまうことはあります。騒音で苦情がきた場合には、直接相手と話すことは避けましょう。直接話してしまうと感情的になってしまって、さらにトラブルが大きくなる可能性もあるのです。そのため、苦情がきた場合には、管理会社に相談するようにしましょう。中立的な立場から意見をもらったり間に立ってもらったりすることで、冷静にトラブルを解決することができます。

どうしても早朝や深夜といった時間に洗濯をしなければいけないこともあります。その場合には、防音対策をしっかりとしましょう。しかし、防音対策をしてもあまり効果がない、防音対策ができないケースも少なくありません。そのようなときには、コインランドリーの利用を検討するのもひとつの方法です。コインランドリーなら近隣に迷惑をかける心配はありません。わざわざコインランドリーに行って洗濯をするのは面倒だと思う人も多いでしょうが、余計なトラブルに発展させないためには有効な手段です。事情があって夜中などにしか洗濯できない場合には利用してみましょう。

深夜に洗濯機を使うときはきちんと配慮しよう!

早朝や深夜など、近隣の人がまだ寝ているような時間帯に洗濯をするときには、十分な配慮が必要になります。音が響かないか、振動は大きくないかなどしっかりと確認して、迷惑にならないように気をつけましょう。普段から夜遅くや朝早くに選択することが多いのなら、洗濯機を買い替えることも視野に入れたほうが安心です。古いものはどうしても音や振動が大きくなってしまいます。最新式の洗濯機やドラム式洗濯機は音が静かで振動も小さいものが多いですから、購入を検討してみてはどうでしょうか。

おすすめ記事