この記事は、約6分で読めます

タバコに対する風当たりは年々強くなり、タバコを吸う人々の肩身はどんどんと狭くなっています。せめて自宅マンションでくらい心おきなくタバコを楽しみたいと思う気持ちも理解はできますが、そのマンションでも喫煙による匂いや副流煙などが問題になることもあります。こういった問題や住民同士のトラブルを避けるためにも、この記事では「そもそも、マンションでタバコは吸ってもいいの?」「トラブルにならないための対策は?」などといったマンションでのタバコのマナーについてご紹介します。

マンションでタバコを吸っても良いの?

マンションでタバコを吸う際、部屋の中で吸ってしまうと壁紙が黄色くなったり、タバコの匂いが染み付いたりするため、ベランダに出てタバコを吸うことが習慣になっているというパターンは少なくありません。しかし、ベランダで吸ったタバコの匂いや煙が近隣住民の部屋にまで流れてしまい、それが原因になって住民同士のトラブルへと発展してしまうケースもあります。そうなってしまった場合、マンションの管理規約などに「喫煙についての記載」があるかどうかが非常に重要になりますので、自宅でタバコを吸うことがあらかじめわかっているのであればしっかりと入居前に確認しておきましょう。

また、喫煙についての記載がない場合でも、マンションのベランダでタバコを吸うことは法律で定められている「区分所有者の共同の利益に反する行為」に該当してしまいます。これは、近隣住民の健康状況を著しく悪化させてしまったり、いくら注意をしても改善しなかったりなどの要素が判断材料となりますが、いずれにせよタバコを吸う側が不利な状況に陥りやすいのは間違いありません。ですから、同じマンションに住んでいる人々の健康や快適な生活をおびやかさないためにも、ベランダでの喫煙は避けたほうがいいと言えます。

マンションでの喫煙行為に関する裁判の事例

実際にマンションのベランダでタバコを吸ったことでトラブルへと発展し、裁判で争った例があります。この裁判は、ぜんそくの持病を持つ上階の住人が、再三にわたって注意しても改善されなかった下階の住人の喫煙に対して損害賠償を求めたもので、判決では下階の住人への損害賠償責任が認められました。

このマンションの場合、マンションの管理規約などで喫煙については定められていなかった(=不法行為とされていなかった)ものの、上階の住民がタバコのストレスで体調を崩してしまったことや、注意を繰り返しても改善されなかったことなどが考慮され、不法行為とみなされました。

このように、マンションの管理規則などで定められていなくても、ほかの住人の快適な生活を妨害してしまうことで不法行為と認められることもありますので、住んでいるマンションの管理規約をよく確認したうえで、タバコを吸う際には周囲に迷惑をかけないように注意を払いましょう。

タバコで隣人はどんな迷惑を受けることになるのか

タバコは「隣人に迷惑がかかる」とはいえ、具体的にはどのようなものが挙げられるのでしょうか? まず、近隣住民がマンションのベランダでタバコを吸っていると「洗濯物に臭いがついてしまう」ことが悩みの種となります。タバコを吸わない側からすると、タバコの臭いというのはとても気付きやすいだけでなく、あまり好ましいものではありません。さらに煙を避けて洗濯物を干すといったことがどうしても難しいため、対策しようがないという点も迷惑だと感じる理由のひとつと言えます。

そしてタバコが毛嫌いされるもうひとつの理由としては「副流煙による健康被害」が挙げられます。健康被害はタバコを吸っている側よりも、受動喫煙のほうが大きいというのは有名な話ですので、住民のなかでお子さんがいる家庭や喘息の持病がある人々にとって、タバコの煙で生活環境が害されることはとても大きな迷惑となってしまいます。

マンションは単身者やファミリーなど、いろいろな環境の住人が暮らしています。それぞれが気持ちよく生活できるように配慮していくことは、とても大切なことです。

隣人とトラブルにならないための喫煙者側の対策

では、マンションに住むためにはタバコを辞めないといけないのかというと、必ずしもそうではありません。タバコを吸うことで周囲に迷惑をかけることを避けるため、喫煙者ができる対策というのもあります。

喫煙者ができるトラブル回避策【1】

それは『吸っているタバコを電子タバコに変えてみる』ことです。喫煙者のなかでも“喫煙所などでは紙タバコを吸い、マンションや屋内では電子タバコを吸う”というように、うまく切り替えながらタバコを吸う人たちがどんどん増えてきています。喫煙するアイテムを使い分けることで匂いや壁紙の心配をする必要もありませんし、副流煙で自分以外の人に迷惑をかけることもありません。

また、トラブルを避けることができるだけでなくベランダや室内でも心おきなく楽しめますので、紙タバコだけを吸っている場合にはぜひ自宅マンションだけでも電子タバコに変えてみることをおすすめいたします。

喫煙者ができるトラブル回避策【2】

また『管理会社を通して住人との話し合いの場を設ける』ことも対策として挙げられます。特に、マンションの管理規約で喫煙について定められていない場合には、この方法を通してタバコについての決まりを作ることが有効です。タバコを吸っている側と迷惑だと思っている側の当人同士だけで話し合うとこじれやすく、余計なトラブルを招くもとになってしまいますのであまりおすすめはできません。管理会社へ連絡をして、第三者を挟んだうえで穏便に和解することを目指して話し合いましょう。

隣人がタバコを吸う場合の対策

そして喫煙者のほうだけではなく、近隣の住民でタバコを吸う人が居る場合に出来る対策というのも存在します。

近隣住民によるタバコ喫煙対策【1】

まずは『管理会社に相談する』というのが最も確実かつ有効な方法です。管理会社を通してタバコを吸う住民に連絡をしてもらうことも可能ですし、喫煙所を設けてもらいたい旨を相談することもできます。自身でなんとかしようとして直接クレームを言いに行ったりするとトラブルになりかねませんので、まず対策としては管理会社へ相談してみることをおすすめいたします。

近隣住民によるタバコ喫煙対策【2】

また、相談してすぐに状況が改善されるとも限りませんので、それまでにできることとしては、『ベランダに出る機会を減らす』『窓を開けないようにする』などが挙げられます。いずれにせよ、大きなトラブルへと発展させないためには、当人同士で話そうとはせずに管理会社へと相談してみること、そして話し合いには必ず第三者を混じえることが重要です。

喫煙するなら近隣住民への配慮を!

タバコを吸う人々に対しての風当たりは年々強まり、肩身が狭いと感じる場面もこれからどんどん増えていくでしょう。だからこそ自室でくらい我慢をせずにタバコを吸いたいと思う気持ちも理解はできますが、マンションという集団で生活をする環境に居る以上、近隣住民への配慮の気持ちを忘れてはいけません。

マンションでの喫煙マナーを守っていれば住民たちが嫌な思いをせずに暮らせるだけでなく、自分自身の肩身を狭めることもなくなります。タバコは“吸ってはいけないもの”ではありません。あくまでタバコを吸うことで周囲に迷惑をかけてしまうことのないよう、そして住民同士のトラブルへと発展することのないように対策をすることが重要なのです。しっかりと対策をしたうえで、ストレスのないように喫煙と上手に向き合っていけば近隣住民たちの生活環境や健康面を脅かすこともなく、お互いが快適に生活をすることができます。ですから、さっそく部屋の中でもタバコを楽しめるように環境を整えるなど、すぐに取り組むことができるところから対策を始めてみましょう。

また、同様に近隣住民のタバコのマナーに悩まされているという場合でも、問題が余計にこじれてしまわぬように第三者を混じえて平和的に解決を目指すことが大切です。お互いが納得できる答えを導き出せるように心がけましょう。

おすすめ記事