この記事は、約6分で読めます

家を手に入れる機会は、人生にそう何度もあることではありません。限られた条件、選択肢の中で希望のすべてを満たすことは難しく、こだわりたかった雰囲気、欲しかった趣味の空間を諦めることもあるでしょう。そんなとき、6畳ほどの本格ログハウスが自作でき、手軽にプラスできたなら、暮らしの楽しさ/充実度がグンと増します。そんな「後付け満足」を実現してくれるミニ・ログハウスが人気を呼んでいます。その展示場を訪ねました。

建てるときから「楽しさ」が始める手作り可能なログハウス

「IMAGO-A」は三角屋根の親しみやすい外観が特徴。敷地の一角で特別な物語が日々展開しているような雰囲気を演出します

今回、訪れたのはBESSの展示場です。1986年、国産ログハウスのブランドとして誕生し、30年以上の実績を持つBESSは、全国45拠点の自社展示場「BESS LOGWAY」を展開。ログハウスをはじめ、木の魅力を活かしたさまざまなタイプの住まいでクラス「楽しさ」を提案し、年間1000棟以上の住宅を販売しています。

そのBESSが2016年に発売を開始したのが、自作も可能なコンプリートキットのミニ・ログハウス「IMAGOです。約2年半で販売数は300棟を超える人気商品なのです。

ログハウスとは、在来工法のように柱を立てて軸とし、壁を設置するのではなく、横にした柱を積みあげて壁面を作ります。その木だけの壁が、構造材、外装材、内装材、断熱材を兼ねます。

「IMAGO-R」は、片面に傾いた大きな屋根が特徴。屋内と屋外とを一体的な空間として開放的な空間と時間の流れを生み出します。「IMAGO-A」「IMAGO-R」共に10平方メートル未満のサイズで、都市計画区域など制限がなければ建築申請が不要です(地域の規定をご確認ください。敷地内でも隣家との距離3メートル以上必要です)

「キット」と言っても建材加工を事前にしているだけで、「IMAGO」も厚さ7センチのログ材を積み上げた頑丈な作り。屋内に入ると、シンプルなデザインと相まって、外観のかわいさとは趣の異なる重厚さが生む落ち着いた空間が広がります。サイズは6畳程度ですが、大きな開口部からの採光、外との一体感により、実際以上の広さを感じます。「小屋」というよりは、大きなログハウスの一室にいるような印象です。

キットの価格は120万円(税別、配送費別)。事前に必要な基礎工事費は別に必要ですが、自分で組み立てればほぼキットの予算のみで完成度の高い住空間が手に入ります。たとえば建て売りや中古住宅の間取りに何かが足りない場合、敷地に余裕があれば「IMAGO」をプラスすることで「欲しかったこだわりに空間」が実現できるのです。敷地があれば、1室間取りを増やす以上の充実が実現。その可能性を前提にすれば、家探しの視野がグッと広がるのではないでしょうか。

「住む」よりも「楽しむ」を前面に出した住まいづくり

今回取材した「BESS」は、東京都昭島市にある「LOGWAY BESS多摩」です。ログハウスの他、木の特性を活かした5つのタイプの住宅と2タイプの「IMAGO」が展示されています。ログハウスの魅力を訪ねるとBESSの榎本さんは、「木の素材が持つメリットとデメリットの両方が魅力的なんです」と言います。

BESSの榎本憲さん。「どんな人がどういう暮らし方を楽しんでいるのか。それを考えながらコンセプトを作り、住まいの提案をしています。『IMAGO』は小さな小屋ですが、建てるのにも、メンテナンスにも、手間や苦労が伴います。でもそれが楽しい。そう思っていただけるように、組み立てに必要な工具のレンタル、メンテナンスに必要なノウハウの提供など、建てた後もずっとオーナーのサポートをしています」

夏は涼しく、冬も室内が1度温まればずっとそれを保つ。一方で雨に濡れ、陽射しに当たれば傷んでいく。「快適ですよ」だけでは収まらないのがログハウスの暮らしのようです。

「『住む』ことだけを考えたら、デメリットもあると聞くと、ログハウスを選ぶことを躊躇するかもしれません。しかし、木をメンテナンスする。自分の家や暮らしを自分で快適に保つ。その『楽しさ』は特別なもの。住んだ人にしか分からない魅力です。BESSの家に住むオーナーたちは『忙しいけど、楽しい』と言ってくれます」(榎本さん)

右:「LOGWAY BESS多摩」。左:展示されている住宅の屋内。玄関・土間・リビング・吹き抜けを介した2階、さらに屋外が一体化した空間。住宅のコンセプトに合ったインテリアは「どんな人がどんな楽しみ方をこの家でしているか」を突き詰めた、「楽しさ」提案にもなっています。「BESSのスタッフは、住宅提案だけでなく、お客様のこれからの暮らしに何を求めているのかもサポートするホームナビゲーションを大切にしています」(榎本さん)

「IMAGO」を自作するには、大人2人以上で約2週間かかると試算されています。実際の購入者は、友人知人を募ってイベント的に作業を楽しむ人、一人で1か月かけて完成させた人などさまざま。その楽しさは、「自分で建てた」では終わらずに、住んだ後も続くそうです。

本格ログ建材を使った「IMAGO」は、従来のログハウス同様に、経年で木材が変化します。日にあたり乾くと、表面にひび割れがおき、それをメンテナンスしながら長く大切に使っていく。「ずっと関わる」ことの手間と時間も「IMAGO」の持つログハウスならではの魅力なのです。

右はBESSの代表的なログハウス。国産杉の丸太を積み上げた重厚な壁は、経年で割れ、それをメンテナンスし、時間と風土をまとった住まいの表情を作っていきます。左の展示場の「IMAGO」の壁面にも、そうした表情が少しずつ生まれていました

本物のログハウスの良さを知る人たちも注目

「IMAGO」のキットは、組み立てればいいだけのカット済み。特別な知識や技術、専門的な道具も使わずに「ほぼ人力」で組み立てることができます

「IMAGO」はログハウスのみのキットなので、電気や水回りの設置には、別途設計や工事が必要です。オーナーの中には、工房、ガレージなど、住まいのプラスαの空間として特別な時間を過ごすために使う人や、自宅に併設したベーカリーとして店舗として使っている人など、活用・応用はアイデア次第。

「IMAGO」の購入者にはBESSによるログハウスのオーナーも多いそうです。オーナーには、「コーチャー」と呼ばれるボランティアスタッフとして各地の「LOGWAY」でイベントの協力活動する人たちがいます。ログハウス購入予定者の率直な疑問に答え、前述の「忙しいけど楽しい」の普及に取り組んでいるとのこと。ログハウスでの生活の「本当の良さ、楽しさ」を知るオーナーたちが、「楽しさ」をさらに追加するために「IMAGO」のようなミニ・ログハウスを選択しているようです。

 

「代官山BESSスクエア」で行われたコーチャーたちによる活動の模様。建ててから、住んでからの「楽しさ」を共有し合う、ログハウスの達人たちが「IMAGO」を選んでいます

手軽なミニサイズ、リーズナブルな価格、自作可能な手軽さなど、「IMAGO」の魅力は分かりやすいと感じましたが、その「楽しさ」は、どうやら奥深いようです。

取材・写真提供協力:BESS

この記事もおすすめ

いくつわかる?検定にチャレンジ

住宅ローンについて知る

住宅ローンをご検討中の方

この記事の執筆者
塩澤雄二 ライター

フリーランス編集者・ライター

紙媒体・webコンテンツの編集制作、取材執筆全般でフリーランスとして活動。読者の「結局、何の役に立つの?」への着地を念頭に、取材本意、現場主義のコンテンツ制作を多ジャンルで取り組む。SSI認定利き酒師・焼酎利き酒師。
神楽出版企画

おすすめ記事