この記事は、約5分で読めます

インドのホテル運営会社OYO(オヨ)(創業者CEO:リテシュ・アガルワル、本社:インド)は、2019年3月上旬より、スマートフォンひとつで物件探しから入居、退去までができ、数日間の試し住みができる日本初のアパートメント(賃貸)サービス「OYO LIFE(オヨ ライフ)」を開始します。それにより、ヤフー株式会社(以下、ヤフー)と合弁会社を設立し、日本の賃貸住宅事業に本格参入するとのことです。

『旅するように暮らす』をコンセプトに新たな暮らし方を提案する「OYO LIFE」とは

OYO LIFEブランドロゴ

OYOは、ITを活用した不動産経営で世界8ヶ国でのブランド展開を行うグローバル企業で、ヤフーとの資本提携により、合弁会社であるOYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN株式会社を設立します。3月上旬よりサービス開始する「OYO LIFE」は、すべての部屋が家具家電付きに加えて、敷金・礼金・仲介手数料0円で提供していく予定だそうです。

「OYO LIFE」は、テクノロジーを活用し、スマートフォンひとつで物件探し、契約や支払いのインフラ整備から退去まで一気通貫のサービス提供を実現することで、インターネットで宿泊予約をするように部屋を借りることができるサービス。「世界中で成長しているOYOの運営ノウハウを元に、日本の賃貸物件に手軽さと利便性をもたらし、暮らし方に新たな価値を提案する」としています。

現在日本では、音楽や動画、アパレル、家具等におけるサブスクリプション型サービスへの移行に象徴されるように、商品・サービスの「所有」から「利用」へと個人の意識が変化しています。コンテンツだけではなく形あるモノについても「シェアリング」という考え方が受け入れられるようになってきており、カーシェアリングや、シェアオフィスなどシェアリングエコノミーと呼ばれる新たな経済活動が拡大しています。

「OYO LIFE」の提供価値

仕事もコミュニティも移り変わってシェアすることが当たり前の時代だからこそ、自分のライフスタイルに合った暮らし方を自由に選択できる新たな価値を提案する「OYO LIFE」。

「すべての部屋が、家具家電付きで、公共料金・Wi-Fiなどの通信費や定期的なハウスキーピングなど基本的なアメニティが含まれているだけでなく、検索しづらい物件情報、複雑な手続き、2年契約の縛りや敷金礼金など、今までの賃貸物件を借りる際に発生する課題を排除し、まるで旅するように自分のライフスタイルに合ったエリアでの暮らしを手軽に楽しめるようになる」とのことです。

不動産オーナーにブランドとサービスインフラを提供!

「OYO LIFE」は、家賃保証しながら、定期的なメンテナンスと資産の専門的な維持管理を行い、不動産オーナーの資産を完全に管理する日本初のサービス。「OYO LIFE」では、不動産オーナーにOYOがもつブランドとサービスインフラを提供して物件価値を向上させ、ヤフーのマーケティング力、集客力を合わせてビジネスのブランド化をすすめるとのことです。

OYO LIFEのビジネスモデル

現在13,000以上の物件を運営し、8カ国で500以上の都市に展開するOYOは「賃貸不動産市場は、IT化することにより、今後大きく生産性を上げることができる有望市場」と考えており、世界中で急速に成長している。取扱部屋数は約450,000部屋で、毎月世界中で64,000を超える部屋を獲得済みで、拡大する物件運営で培ったOYOのノウハウを生かし、日本での事業成功を目指す、としています。

昨年11月に50件の物件を獲得し、2019年3月末までには、東京都内のプレミアムエリア(渋谷区、目黒区、新宿区、中央区、文京区、千代田区)を中心に1,000件を超える物件を獲得する予定で、物件オーナーからのお問い合わせも順次受け付け中です。詳細は公式ホームページを参照。

コメント:OYOの創業者、CEOのリテシュ・アガルワル(Ritesh Agarwal)氏

「インドで創業し、現在中国など世界8ヶ国での事業を展開するOYOが、この度ヤフーと合弁会社を設立し、日本で『OYO LIFE』をスタートできたことを大変嬉しく思っています。OYOは世界最速で成長しているホテルブランドです。その成長は優れた物件獲得、物件管理システム、客室運営、価格管理、オンライン、オフラインでの顧客獲得のシステムのオペレーションを参画ホテルに提供することによって実現しました。今回の合弁事業ではホテル事業で培ったノウハウを駆使し日本の顧客に対して価値の高いサービスの賃貸住宅体験を提供できると考えています。今回のヤフーとの提携により、新しく住宅分野に進出することを大変嬉しく思っています」

コメント:ヤフーの代表取締役社長 CEO 川邊健太郎氏

「ヤフーは、インターネット技術(IT)を通じてオンライン上の生活をさらに便利にすることに加えて、今後は、オフラインにも進出して、ユーザーの生活を『!』するほど便利にしていきます。『賃貸』は、ITやAIの力で、もっと便利にすることができると信じています。この領域で世界最速で取り扱い物件数を増やしているOYOのビジネスモデルやマネジメントチームの素晴らしさに共感し、この度合弁会社を設立し、日本で『OYO LIFE』の提供を開始します。この『OYO LIFE』が不動産オーナーや、ユーザーの賃貸領域での課題を解決することを期待しています」

まとめ

以前ご紹介した#全国住み放題 のADDressのように、住まい方や暮らし方に多様なニーズがうまれていることを感じるニュースでした。スマホ一つで試し住みができるとなると、憧れの街や旅先で、新たな過ごし方を楽しめそうですね。

【OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN 株式会社 概要】
CEO:勝瀬博則
本社所在地:東京都千代田区大手町一丁目1番2号大手門タワー

ニュース参照元:PRTIMES
ニュース情報元:OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN 株式会社

おすすめ記事