この記事は、約6分で読めます

不動産は、生涯で最も金額が大きい買い物といわれています。マンションを購入してもライフスタイルや家族の人数の変化などで売りに出す場合もあるかもしれません。そんなときに気になるのがマンションの資産価値です。マンションの“ブランド”は資産価値に大きく関わることを知っていますか。この記事では、「ブランドマンション」の特徴やメリットなどについて解説します。

マンションの“ブランド”とは何か

不動産会社では、企業名以外にマンションを分譲する際のブランド名を持っていることが多くなっています。例えば、一例を挙げると以下のようなマンションのブランドがあります。

野村不動産「プラウド」
三菱地所レジデンス「パークハウス」
三井不動産レジデンシャル「パークホームズ」「パークコート」
住友不動産「シティハウス」「シティタワー」
東急不動産「ブランズ」
東京建物「ブリリア」
大京「ライオンズ」

不動産会社によっては、こうしたブランド名の方が認知されている場合もありますし、不動産会社名の認知度の方が高い場合もあります。ブランド名と企業名のどちらを前面に出すかは、各不動産会社の販売戦略の違いといえるでしょう。

認知度が高いマンションのブランドは、全国展開をしており、供給戸数が多く、マスメディアでの広告にも積極的なのが特徴的です。

ブランドマンションを購入するメリット

「ブランドマンション」とは、知名度が高く大手の不動産デベロッパーが販売しているマンションの中でも特に高品質なシリーズのことです。ブランドマンションは各社のコンセプトが明確に打ち出されることによって個性もはっきりしており、他との差別化が図られている物件となっています。

ブランドマンションの最も大きなメリットとしては、“高級感”や“統一感”です。不動産デベロッパーの中には、用地の取得から製造・販売・管理までを一貫して行うというところも少なくありません。また、購入した後も、資産価値が下がらないようにしっかりと管理をしてくれます。そのため、地域に合わせたコンセプトの対応が可能で、住民へのアフターフォローもきめ細やかに行われていることが一般的です。

その結果、住民が安心して生活できるだけでなく、住民の要望や意見を次のマンション開発に役立てることができ、より一層ブランドの価値が高められます。

ブランドマンションは、各デベロッパーが総力を挙げて取り組むため、高品質で信頼性が高いといえるでしょう。内装や設備だけにとどまらず、外装やデザインにもコストが掛けられています。そのため、高級なマンションを所有しているという所有者のプライドを満たしてくれるでしょう。誰の目から見ても高級なマンションであることが分かるため、そこに住むことがステイタスの高さの表れになるといえます。

ブランドマンションは、中古物件で売り出したときも、新築物件並みの価格が付くことも

一生そこに住み続けるにしても、後々売りに出すにしても、購入物件は自分の財産となるため、資産価値の高さは重要です。特に売りに出す場合に気になるのも、資産価値でしょう。

マンションの資産価値は、ブランドの人気やステイタスが高ければ高いほど、下がりにくい傾向があります。人気が高ければ、中古物件で売り出したときも、新築物件並みの価格が付くこともあります。買い手も見つかりやすいため、売れ残りの心配が少ないといえるでしょう。

売却する場合には、マンションを建設したデベロッパーと同じ系列の不動産会社に依頼するのが、売却をスムーズに進める近道かもしれません。その不動産会社のブランドマンションを所有したいと考えているファンの顧客層を抱えているため、スムーズな売却につながりやすいのです。

ブランドマンションのデメリット

ブランドマンションを購入するデメリットは、一般的な分譲マンションを購入するときと比べて費用がかかる点です。外装や内装、設備に高品質なものを使用して費用がかかっているため、どうしても販売価格は高くなってしまいます。

しかし、それだけ設備や内装が整っているという点から、快適に暮らすことが可能といえるでしょう。また、購入してからの資産価値が下がりにくく、物件によってはむしろ購入時よりも資産価値が上がる場合もあります。これらのことを考えあわせれば、それほど大きなデメリットとはいえないかもしれません。

ブランドの価値を知るためには?

新築マンションの価値は、土地の価格や売り主側の事情によって左右されるため、単純に新築マンションを横並びで価格を比較することにあまり意味はありません。

ブランドの価値を知るには、中古の売却価格から判断することがポイントです。新築マンションとして売り出された物件も、1年たてば中古マンションとして売り出されるものが出てきます。中古の売却価格と新築の購入価格を比較して、大きな開きがなければ適正な新築価格であったといえるでしょう。

また、平均の中古売り出し価格と平均の新築価格を比較して中古売り出し価格の方が高ければ、ブランドの価値が高いといえます。ブランドの価値が高ければ、購入時よりも売却時の価格が高くなることもありえるのです。実際、大手デベロッパーが販売するマンションの場合、購入時よりも売却時に価格が上昇することも稀(まれ)ではありません。

一方、同じブランドでもコンセプトが立地に合っていない場合やターゲットの絞り込みがうまくいっていない場合、価格はあまり高くなっていません。購入する際には、その物件が流行や時代の流れに左右されず、価値を維持できるかという見極めも必要です。

ブランドマンションを選ぶポイント

ブランドマンションはそれぞれ個性があり、コンセプトや特徴が異なります。立地条件や共用部の設備、アフターフォローなども様々です。ブランドによって価格帯もそれぞれ異なります。選ぶ際には、それぞれのブランドコンセプトを理解しておくことが必要です。

資産価値の落ちにくさを考慮するのであれば、立地・管理状況・規模の大きさなどがポイントとなります。立地が良い物件は、売却でも賃貸でも対応しやすいことがメリットです。

また、マンションの価値は日頃の手入れがものを言います。築年数が同じでも、共用部の掃除やエレベーターの定期的なメンテナンスが行われている場合と行われていない場合では、価値が変わるでしょう。

また、規模の大きいマンションほど、共用部の設備が充実している傾向があります。規模が大きいマンションなら、1軒当たりの修繕積立金の負担額も少なくて済む場合があります。

ブランドマンションを購入する際には、無理のない住宅ローンを組むことも大切です。借り入れの限度額いっぱいまでローンを利用するのではなく、途中で金利が上昇しても返済できる住宅ローンを組みましょう。ブランドマンションを購入しても、途中でローンの支払いが苦しくなってしまっては快適に過ごすことができません。

資産価値の高い物件を探している人におすすめ

ブランドマンションは普通のマンションと比較して、内装や外装、共用部の設備などに費用がかけられており、高級感のある外観や計画的に植栽が行われているのが特徴です。将来的に売却する際にも価格の下落幅が小さく、場合によっては購入したときよりも高く売却できる物件もあります。資産価値の高いマンションを購入したいと思うなら、ブランドマンションを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

この記事もおすすめ

いくつわかる?検定にチャレンジ

住宅ローンについて知る

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事