この記事は、約9分で読めます

マンションを購入する際、標準の設備・仕様のほかに、オプションを選択する機会があります。入居前にオプションを追加することで、自分流の住居にカスタマイズさせることができるのは、うれしいところです。ところが、じっくり比較検討せずに選んでしまうと、後悔してしまうことも少なくありません。ここでは、主なオプションの種類やつけておくと便利なオプション、注文するときの流れなど、マンションのオプション選びで失敗しないためのポイントについて解説します。

そもそもマンションのオプションとは

「オプション」という言葉自体は、新車の購入や電化製品などいろいろな場面で耳にしますよね。新築のマンションを購入する場合でも、物件の本体以外にオプションが用意されています。マンションのオプションとは、契約後に追加購入できる家具や家電などの設備、工事のことをいいます。もともと決まった標準仕様から、自分の好みに合わせた空間づくりを楽しめることが、マンションオプションの魅力といえるでしょう。

新築マンションでは物件によって、入居前に無料で扉などの建具やフローリングの色をセレクトできる場合もあります。一方、有料のオプションでは、たとえばエアコンやカーテン、食洗機、フロアコーティングなどがあり、その追加費用は決して安くありません。

もちろん、自ら量販店で購入することも、別の業者に発注することもできるため、ここは思案のしどころです。販売会社の中には物件購入者向けに「オプション会」を行うところもあり、その場で気に入ったオプションを選ぶこともできます。ただ、多くの契約者が集まる中で腰を落ち着け、じっくりチョイスできるとは限りません。

オプション選びのポイントは「事前の下調べ」「冷静なリサーチ」に尽きます。あらかじめ目星をつけたオプションのスペックや相場感など、情報をしっかり把握しておくことをおすすめします。入居後に購入できるオプションもありますが、購入のタイミングを逃すと付けられないケースもあるため注意が必要です。あとになって、「やっぱりあのオプションを付けておけばよかった」と後悔することのないよう慎重に検討しましょう。

マンションオプションの種類

では、マンションのオプションにはどんな種類があるのでしょうか。大きくは、家具や家電などインテリアに関するオプションと、設計や仕様の変更など工事を要するオプションに分かれます。

インテリアに関するオプションには、カーテン、ビルドイン食洗機、作り付けの食器棚、キッチンの高さ変更、ドア素材変更、玄関鏡、フロアコーティング、エアコン、照明器具などがあります。設計・仕様変更のオプションには、間取りや部屋数の変更、収納の追加やサイズ変更、コンセント増設、床暖房などがあります。

ビルドイン食洗機は定番人気のオプションです

日々の暮らしに便利なもの、自分のセンスや嗜好に合わせたもの、快適さや豊かさを重視したものなど、ニーズや目的によってオプションもさまざまです。なぜ、これほどまでに多くのオプションが用意されているのでしょうか。 カーテンぐらいなら自分で量販店に行って安く買えるのでは、と思われるかもしれません。ですが、意外に難しいのがカーテンの採寸。新築マンションの窓は大きくなりつつあり、慣れていないとサイズ合わせは大変なのです。それに比べてオプション購入なら、販売会社のコーディネーターに安心して任せることができます。

もちろん標準仕様だけでも住むこと自体に不自由するわけではありません。オプションの大きなメリットは、自分好みに住居にカスタマイズすることができ、理想の住まいが実現していくことです。自分が本当に必要とするオプションがどれなのかをきちんと考えることが、最適なカスタマイズにつながることになるでしょう。

マンションオプションで失敗しないためには?

マンションを購入した方々から、実際に何年か暮らして聞こえてくるのは、「このオプションは必要なかったな」「あのオプションは入れておくべきだった」といった声です。のちのち後悔しないよう、マンションのオプションで失敗しないためのポイントをピックアップしてみましょう。

まず気をつけたいのが、マンションオプションは自分で支度する手間がない分、費用が割高になりがちということ。高すぎる出費にならないよう、本当に必要なものだけを見極めることが大切です。基本的には、入居後に設置することや購入することが困難なものをオプションで取り入れるとよいでしょう。ポイントは、「今の暮らしを見直す」、「標準仕様を知る」、「購入リストを作る」という点です。

まず、今の暮らしを見直すことで、これからのマンション生活で何が必要で、何が必要でないか、落ち着いて冷静に判断することができるでしょう。そして、意外に理解されていないのが標準仕様です。そもそもモデルルームはオプションの宝庫。あのキラキラ感に惑わされてはいけません。ステキな内装が標準仕様と思っていたら、実はオプションだったという誤解はよくあることです。オプションかどうかわからなければ、その場でスタッフに確認しましょう。

購入リストを作ることは、欲しいものに優先順位をつけるということにほかなりません。頭の中だけでなく気持ちにも整理がつくはずです。憧れのマンション購入で舞い上がってしまいがちですが、オプションは「平常心で選ぶ」ことが失敗を避ける秘訣です。

オプション選択には平常心が大事です

特におすすめのマンションオプション

マンションオプションは、暮らしの中で実際に役に立つもの、使用する頻度が高いものほどおすすめです。なかでも特に注目したいのは、コンセントの増設、引き戸ドア、ビルドイン食洗機、作り付けの食器戸棚、玄関の鏡です。

まずは「コンセントの増設」。コンセントはあればあるほど重宝します。テレビや冷蔵庫など常時さしっぱなしの家電もあれば、モバイル端末や掃除機など、部屋のあちこちを移動するものもあります。コンセントのタコ足配線状態は、見た目だけでなく安全面もよくありません。今後の暮らしで、もっと電源が必要になることもあるため、あらかじめ多めに設置すると便利でしょう。

「引き戸のドア」は、開いた状態で邪魔にならない点がメリットです。前後の開閉がないので車いすでも通りやすく、子どもの足の指詰めも心配いりません。

「ビルドイン食洗機」は、主婦層に不動の人気があるオプションです。場所をとらず、キッチンが広々と使え、ビルトインならではの「面材合わせ」で統一感を出せることも魅力です。

「作り付けの食器棚」は、造作ならではのすっきり感が強み。サイズがぴったり合うものを自分で見つけるのは難しいため、購入を検討する人が多いオプションです。ただし、料金が高額になるため、慎重に検討しましょう。

「玄関の鏡」は、外出前の姿見として便利な上、鏡は玄関が広く見える効果もあるため、満足度の高いオプションです。紹介したこれらのオプションは、実際にマンションを購入した人からの評価が高いものなので、参考にしてみてくださいね。

注意が必要なマンションオプション

オプション選びでは、「これって良さそうだけど、本当に自分に必要なの?」という疑いの視点を持つことは重要です。便利そうなイメージや理想が先行して購入した結果、使ったのは初めのうちだけというケースは少なくありません。代表的なのが、高機能トイレ、キッチン床暖房、ピクチャーレール、ミストサウナなどです。実際に使い続けるには、機能性や経済性でデメリットが目立つため、よく検討した上で導入に踏み切ったほうがよいでしょう。

高機能トイレは、開閉や掃除が自動できるスグレものですが、そもそも使用時間が少ないため、高機能であることにあまりメリットを感じないという声も…。普通の洗浄器付きトイレと比べて電気代も安くないようです。

キッチンの床暖房も、やはりキッチンにいる時間の割には電気代が高くつき、結果的にスリッパや足元の電気ストーブなどに取って代わることもしばしばです。

ピクチャーレールは、住み始めるといつの間にかレール周辺が家具や棚で埋もれてしまうことが多いようです。

そしてミストサウナ。これに至っては導入の初期費用やランニングコストがバカになりません。家庭でサウナが楽しめるのは新生活ならではの魅力でしょう。しかし、カビが発生しやすいというデメリットも知っておくべきです。

購入したはいいけれど、結局使う頻度が少なかったり、経済性が悪かったりするオプションはほかにもあります。そのオプションが本当に必要かどうか、イメージ先行ではなくリアルな視点でじっくり検討してみてください。

マンションオプション購入の流れ

オプション選びで気になるのは、いつ、どこで、どんなオプションを見ることができるのか、ですね。オプションを購入するまでの流れはどのようになっているのでしょうか。 多くのマンション販売会社では、新築マンションを契約した際、入居前に「オプション会」という販売会が開催されます。そこではインテリアや設備などのオプションを実際に見て、オーダーすることができるのです。

一般的には、まずオプション会の案内とカタログが送られてきて、オプション会に参加、実物をチェック、見積もりをとって注文という流れになります。カタログには家具やカーテン、インテリア壁材、フロアコーティング、照明器具、エアコン、表札などが選べるようになっています。カタログを見て必要なものをピックアップし、優先順位をつけてリスト化して、金額やスペックをしっかりチェックしておきましょう。あらかじめ予算を決めておき、家電量販店やインテリアショップなどで価格をリサーチし、カタログと比較することもお忘れなく。

入念に下調べをした上で、いよいよオプション会へ。楽しみながらも心を落ち着けてオプションと向き合いましょう。会場では実物の素材感や色合い、サイズなどをしっかりチェックしてください。短時間で数多くのオプションを確かめるのは疲れるため、あとで確認できるよう写真に残しておくのも賢い選び方の一つです。気になったオプションはすべて見積もりをとることをおすすめします。最終的に、予算が合い、本当に必要性が高く、購入後に使い続けられるという判断ができれば注文しましょう。

賢く利用して理想の住まいに近づけよう

オプションを賢く使えば、購入したマンションを理想の住まいに近づけることができるはずです。追加費用はかかるものの、長い目で満足のいくライフスタイルを手に入れる思えば、決して高くはないでしょう。必要なものと必要でないものとの判断は、実際にマンションを購入した知人や口コミもリアルな声として参考になるでしょう。

自分なりにリサーチし、納得して選んだオプションこそ、きっと長く使い続けられるに違いありません。あなたにとってふさわしいオプションをぜひ見つけてください。

この記事もおすすめ

いくつわかる?検定にチャレンジ

住宅ローンについて知る

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事