この記事は、約5分で読めます

私たちの暮らしになくてはならないインターネット。快適にインターネットを利用するために、知っておきたいインターネットの基礎知識と固定タイプ、無線タイプの違い、接続トラブルへの対処法などを紹介します。新居のインターネット回線を選ぶ際にも参考にしてみてください。

インターネット回線の種類

インターネットを利用するために必要なものは、住居の形態(持ち家/賃貸)や同居家族の有無など複数の要因で変わってきますが、大きく分けると次の3つです。自分の環境では何を選んだらよいかを確認しましょう。

1.インターネット回線とルーター
2.接続プロバイター
3.インターネットを利用するための機器(パソコンやスマートフォンなど)

みなさんは、インターネットにはどんな回線があるかご存じでしょうか。実は回線の種類自体は限られています。大枠として、「固定(有線)タイプ」と「無線(モバイル)タイプ」の2種類があります。

・固定(有線)タイプ
現在契約可能な回線としては、「光回線」、「ADSL」、「CATV」が挙げられます。

・無線(モバイル)タイプ
モバイルWi-Fiルーター(モバイルルーター)と呼ばれる小型データ端末、いわゆるポケットWi-Fiからインターネットに接続します。持ち運びが可能なため、自宅内・外出先のどちらでもインターネットを利用することができるのが固定タイプとの大きな違いです。
docomoやSoftbankといったキャリア回線を使用してインターネットに接続するものと、UQコミュニケーションズの専用回線を利用するWiMAX(ワイマックス)に二分できます。
そのほかにも、工事不要ですぐに使える自宅用Wi-Fi SoftBank Air(ソフトバンクエアー)も注目されています。

それぞれの特徴や長所・短所を理解したうえで、自分に合った回線を選ぶことが大切です。

加入前に必ずチェックしよう! インターネット回線の種類とそれぞれの特徴

どんなインターネット回線を選べばいい?

上記に挙げたインターネット回線について、もう少し詳しく説明していきます。

固定(有線)タイプ
・光回線
近くの電柱から光回線のケーブルを自宅内へ引き込む必要がありますが、一般的に最も通信速度が速いとされています。また、光の特性を利用する伝送方式のため電磁波の影響をほとんど受けず、安定性の高さがウリ。現在のところ、契約件数が最も多い回線です。

・ADSL
既存の電話回線を使用するため、新たにケーブルを引く必要はありません。月額料金が光回線より安めに設定されていますが、外部ノイズの影響を受けやすいため、速度、安定性に少々難があると報告されており、契約件数が減少しています。

・CATV
ケーブルテレビの回線を利用してインターネットに接続します。光回線にはかないませんが、ADSL以上の安定したスピードが出るといわれています。すでにケーブルテレビを契約している場合、セットプランなどで比較的安く利用できます。

無線(モバイル)タイプ
・キャリア系ポケットWi-Fi
docomoやソフトバンク、ワイモバイルといった携帯電話でおなじみの事業者が提供。提供エリアが広く、通信が安定しているのがメリットといわれています。

・WiMAX
独自規格の回線を利用し、サービスエリア内であれば高速通信が可能です。新しい規格WiMAX2+の登場でサービスエリアはかなり拡大されました。UQコミュニケーションズ以外にも、ほかのプロバイダ業者からも販売されています。

いずれも「1カ月7GBまで」「3日間で10GB」など通信容量に制限があり、上限を超えると通信速度が低下する場合も。また、利用できるのは各サービスエリア内に限ります。また、サービスエリア内であっても電波の届きにくいところでは、インターネットにつながりにくくなる恐れがあります。

・SoftBank Air ※自宅内のみ使用可
専用の機器を購入またはレンタルし、コンセントに挿して接続します。ただし、インターネットに接続可能なのは自宅内のみで、外出先では使えません。

こうした特徴を踏まえて、ライフスタイルや用途に合ったインターネット回線を選びましょう。

ネットにつながらない! 困ったときの対処法

便利なインターネットですが、急に接続できなくなることがあります。その際に考えられる原因と対処法を紹介します。

1.パソコンの再起動、LAN接続を確認
一時的な接続不良などの場合、再び接続されますが、LANケーブルの断線やLANポートの故障など、機器類が故障している場合はインターネットに接続できません。

2.モデムやルーターなど機器の電源を入れ直す
接続トラブルの原因では一番多いようです。切断されたと思ったら、試してみましょう。

3.セキュリティ対策ソフトを一時無効にする
ソフトにはインターネット通信を監視する機能がついていますが、万能ではなく誤って通信を遮断することもあるからです。

4.インターネット接続業者に電話をしてサポートをしてもらう
1~3でも解決しなかった場合は、契約している接続業者(プロバイダ)に問い合わせてください。接続業者のほうでトラブルがあったり、メンテナンス中だったりした場合はこちらで解決できないからです。ほかにも困ったときは、接続業者に問い合わせるのがよいでしょう。

また、落雷で接続が遮断された場合も、機器の電源をすべてOFFにして少し時間を置いてONにすることで改善される場合があります。

急に接続できなくなってもあわてず、機器の再起動などを試してみましょう

集合住宅ではすぐにネットが使える物件も

マンションなどの集合住宅では、マンションの共有部分までインターネット回線を引き込んでいる場合があります。そこから各住戸に配線しているタイプなら、比較的低価格で利用できます。

新築マンションは各住戸に配線されている物件が多く、利用料金が管理費等に含まれている場合もあります。引っ越したその日からすぐに使えて便利ですが、中古物件などでは個別の契約が必要になるケースも少なくありません。

ネットサーフィンだけでなく、ショッピングやネットバンキングなど、インターネットはもはや私たちの生活に欠かせないツールです。快適に使用するためにも、物件選びの際にはチェックすることを忘れないようにしましょう。

 

この記事もおすすめ

住宅ローンをご検討中の方

この記事の執筆者
OFFICE-SANGA 編集プロダクション

出版やWEB制作、広告などの編集、DTP、デザインをスピーディーかつハイクオリティーに仕上げる編集プロダクション。その実績は建築や不動産をはじめ、歴史、文化、旅行、グルメ、ペット、ライフスタイルなど多岐にわたる。ITを駆使したネットワークで日本全国のライター、カメラマン、イラストレーターと連携。書籍やムック制作、WEBサイト構築から企画請負やページ作成まで柔軟にこなす。
http://www.office-sanga.com/

おすすめ記事