この記事は、約5分で読めます

冬のオリンピックに始まり、米国メジャーリーグ、そしてサッカーワールドカップと、今年は日本人アスリートの活躍がめざましい。そしてアスリートとともに注目されるのが「眠り」です。今回は“高品質”な眠りを得るためのサポートグッズ、高機能マットレス注目しました。

日本人は世界でもまれなショートスリーパー

人間の基礎体力は「運動・栄養・休養」の3種の要素により構成されると言われています。日本オリンピック委員会(JOC)ではトレーニングの効率を高めるために、睡眠による休養と栄養をしっかり取るよう、指導しているそうです。

良質な睡眠を充分に取れないと、成長ホルモンの分泌が減り、疲労回復が遅れ、競技力の向上が期待できません。

そこで注目されているのがマットレス。寝具メーカーでは高性能マットレスのPRのために、トップアスリートの争奪戦が話題になることもしばしば。そうしたことからもアスリートにとって睡眠の重要性をうかがい知ることができます。

もちろん、多忙なビジネスマンも、睡眠時間をしっかり確保し、眠りの質を向上させることが非常に重要です。OECD(経済協力開発機構)が2014年に行った国際比較調査では各国の15歳~64歳の睡眠時間を比べると、最も長い南アフリカの9時間22分に対し、日本は男女ともに8時間未満と1時間30分以上も短いことが判明しています。日本は世界的に見て「睡眠不足の国」なのです。

だからこそ、

「良質な睡眠を得るために、心身ともリラックスできる寝具環境が大切になります」(レイコップ広報 高吉史彬さん)

4層の異素材を用いた特殊立体構造で、寝姿勢を繊細かつタフにサポート

多くのアスリートに愛用されている東京西川のコンディショニング・ギア「エアー」シリーズ。その中で、マットレスの最上級モデルが「エアーSX」マットレスです。

「機能性だけでなくデザイン性にもこだわり、未来へ向けた躍動感とインパクトのあるデザインに仕上げました」(東京西川広報 速水美智子さん)

[エアーSX]マットレス(レギュラータイプ)価格129,600円~

4層の異なるウレタン素材を用いた特殊立体クロススリット構造で、身体をサポートしている点が大きなポイント。トップ層には、しなやかな新素材「フレスフォーム」を採用し、表面の1,680個の点が身体を受け止めて体圧を分散させます。調整スリット(サスペンションスリット)との相乗効果で、やさしい感触の、より身体にフィットする寝心地を実現。高度なクッション性と沈み込みを調整したことで、寝返りをスムーズに促し、自然な寝姿勢をキープします。従来のシリーズに比べ、横向きでの寝心地がより快適です。

ボディラインにフィットする柔軟性と、しっかり体を支える硬度、寝返りしやすい高弾力性のすべてを兼ね備える特殊立体クロススリット構造

空気を編むようにして作られたマットレス

アスリートとマットレスの関係をより深くしたのがエアウィーヴです。オリンピックのメダリストも愛好者が多いと言われています。

同社は元々、漁網や釣り糸を作る射出成形機の製造メーカーで、網の製造技術を駆使して開発したことが始まりでした。コイルやバネなどの代わりに、ポリエチレン製の極細繊維を、まるで空気を編むように絡み合わせて仕上げる「エアファイバー」という独自技術を応用。横になる人の体重をあらゆる方向から支え、身体全体が沈み込まず体圧がバランスよく分散することが大きな特徴です。その上、軽くて通気性に優れているから、内部に湿気がこもらず、カビの心配もありません。

「最新モデルの『エアウィーヴ ベッドマットレス スマート』をはじめエアウィーヴ全ての商品において寝起きの爽快感を持続させることが重要テーマ」(エアウィーヴ広報 西 優実さん)

エアウィーヴ『ベッドマットレス スマート シングル』価格129,600円

「エアウィーヴ ベッドマットレス スマート」はカバーの取り外しが可能。カバーも、中のエアファイバーも洗うことができるため、マットレスをいつも清潔に保つことができます。

「製品は3分割になっているので、女性が一人でも持ち運べ、簡単に組み立てられます」(エアウィーヴ広報 西 優実さん)

組み立て前。パーツを入れ替えることができるから長期的に使うことができます

寝床内を快眠温度33℃±1にキープして温度で眠りをコントロール

ふとんクリーナーで知られるレイコップが手がけるのは「ふとんコンディショナー RAYCOP FUTOCON」。本体とエアマットがセット。本体はエアマット内に搭載されたセンサーで寝床内の温度を快適にコントロールする「睡眠ケア」と、50℃以上の温風による「寝具ケア」を行ないます。エアマットは東洋紡と共同開発した三層構造体「エアスペーサー」を採用。スムーズな寝返りをサポートし、体への負担を軽減します。

ふとんコンディショナー RAYCOP FUTOCON 価格138,240円

この商品の一番の特徴は「睡眠ケアモード」を搭載していること。入眠時に寝床内の温度を体温と同時に徐々に下げることでスムーズな入眠へと導きます。就寝中は、快適な状態で深い睡眠が取れるように寝床内の温度を33℃±1に維持して、起床時では、少しずつ寝床内の温度を上げることで体温を上昇させ、すっきりした目覚めを誘導します。

「寝具ケア」モードでは120分の間、50℃以上の温風とレイコップが独自開発した「ホメスタイオン」で除菌、除湿、脱臭、ダニ対策が行なえます

湿気の多い日本は、気持ちよく寝るためには睡眠環境づくりも大切です。

「心身的にかつ外的にもストレスフリーな状況で、質の良い睡眠を得ることができれば、健康で若々しい生活を送ることができます」(レイコップ広報 高吉史彬さん)

アスリートがハイパフォーマンスを披露するために、必要不可欠な「快眠」。「高機能マットレス」などの快眠グッズで睡眠環境を整備し、上質な睡眠を得ることが自分の身体にとって何よりケアになります。

私たちも質の高い睡眠によって体調維持に万全を期しておけば、仕事も趣味も、よりハイクオリティなものを実現できるはずです。

お問い合わせ先/エアウィーヴレイコップ東京西川[エアー]公式サイト

関連記事

住宅ローンをご検討中の方

この記事の筆者
高橋慎哉 ライター

日本古来の伝統文化から最先端技術まで、幅広く執筆するライター。音楽媒体への寄稿からコミック誌の編集まで、仕事をマルチにこなす。二児の父でもあり、最近は教育関係に興味津々。

おすすめ記事