この記事は、約2分で読めます

日銀が、7月31日の金融政策決定会合で、従来の金融緩和政策に対する新たな方針を発表。【フラット35】の金利の直結する長期金利の変動幅を広げることを決めました。2016年9月の「量的・質的金融緩和」導入以来、約1年10ヶ月ぶりの政策修正となり、注目が集まっています。 これにより、9月の住宅ローン金利はどのように推移したのでしょうか。【フラット35】の金利動向を見ていきましょう。

長期金利の急上昇にともない、住宅ローン金利も引き上げに

政策決定会合で日銀は、長期金利を0%程度に誘導する方針は維持するとしながらも、許容する変動幅を従来の0.1%から0.2%まで金利上昇を容認する考えを示しました。

この影響により、長期金利の指標となる「国債金利(新発10年国債利回り)」は一時急上昇。【フラット35】の金利に直結する住宅金融支援機構債の表面利率も連動し、先月から0.05%引き上げの0.44%となりました。

2018年9月の【フラット35】は概ね、0.05%の引き上げ

今月の、全期間固定金利型住宅ローン【フラット35】の融資率9割以下、返済期間21~35年の金利は先月から0.05%引き上げとなり、機構団信を含めて1.39%に。

融資比率9割以下・返済期間15~20年の金利は0.02%引き上げの1.31%と、いずれも金利は上昇しました。

<2018年9月実行金利【フラット35】>

商品名

借入期間

実行金利(機構団信加入)

前月(2018年8月)比較

【フラット35】(全期間固定)融資比率9割以下

15年~20年

1.31%

0.02%引き上げ

21年~35年

1.39%

0.05%引き上げ

また、物件価額の2割以上の頭金があれば、従来の【フラット35】よりも低い金利が適用される「ARUHIスーパーフラット8(従来のARUHIスーパーフラット)」は1.29%。

物件価格の1割以上の頭金があり、年収に対する年間返済額「返済負担率」が20%以内であれば利用できる「ARUHIスーパーフラット9」は1.34%と、こちらも先月の金利からそれぞれ0.05%の引き上げとなりました。

<2018年9月実行金利 ARUHIスーパーフラット8・9>

商品名

借入期間

実行金利(団信加入)

前月(2018年8月)比較

スーパーフラット8

15年~35年

1.29%

0.05%引き上げ

スーパーフラット9

15年~35年

1.34%

0.05%引き上げ

参考:最新の住宅ローン金利はこちら

長期金利の上昇にともない、今月の【フラット35】の金利は、全タイプとも引き上げとなりました。金利が上がった印象を受けますが、今年2月と同水準で、2016年から続く低水準の金利をまだ維持していると言えるでしょう。

住宅購入を検討している方は、今後の金利動向を見極めつつ、まずは借入可能額が分かる「家探し前クイック事前審査」から始めてみてはいかがでしょうか?

【資金計画】最新金利での住宅ローンシミュレーション>>

▼【ARUHI】全国の店舗で無料相談受付中

関連記事

住宅ローン情報

住宅ローンをご検討中の方

この記事の筆者
斎藤若菜 住宅ライター

ラジオパーソナリティを経てフリーライターに。住宅・インテリア・不動産分野を中心として、介護・グルメ・トラベルなどのジャンルでも執筆。リフォームや注文住宅関連の住宅情報誌をはじめ、雑誌、書籍、新聞、インターネットなどのさまざまな媒体で取材・執筆を手掛けている。ARUHIマガジンでは、「住宅購入者ストーリー」などを担当中。

おすすめ記事