この記事は、約4分で読めます

2018年5月某日、横浜市内のスタジオで、アルヒ株式会社のCM撮影が行われました。新CMキャラクターには、女優でモデルの中村アンさんを起用。和気あいあいと進められたCM撮影の様子を、少しだけご紹介します。

中村アンさんが登場。CM撮影をスタート!

拍手とともに迎えられた中村アンさんは、上下白のスーツに身を包んで登場。端正な顔立ちがより映え、歩いているだけで絵になります。

スタッフや関係者に迎えられた中村アンさん

早速、冒頭シーンの撮影からスタート。モニター越しに中村さんの表情を観たスタッフの方々は画面に釘付け。口々に「かっこいい!」「目力が違う!」と、オーラに圧倒されっぱなしでした。

撮影した様子はその都度モニターでチェック。中村さんの表情も真剣そのもの

重い旗を持ち、常時風に吹かれながらの撮影は大変だったと思いますが、中村さんはそんな素振りを見せることもなく撮影に参加。細かな表情やセリフのタイミングなど、スタッフのオーダーに笑顔で応えながら、順調に撮影が進行しました。

大きな旗を左手で持ちながらの撮影は大変だった様子。アルヒのロゴは後日、CGで加えられた

強風の中で行われたメインカット撮影は、「かきあげヘア」が全開!

「ARUHI」の旗を広げるメインカットは、強力な送風機を稼働させながら撮影。あまりの風の強さに最初は思わず笑ってしまった中村さんでしたが、ビシッと決めていただきました。

中村さんと言えば「かきあげヘア」と言われるナチュラルかつ、色気も感じるヘアスタイルが代名詞ですが、撮影中もその魅力が全開! 風になびく髪と堂々たる表情は、是非O.A.されたCMでご確認下さい!

ベストショットを求めて、1カットごとにポーズや表情を変えながら撮影

続いて、スチール用の撮影がスタート。アルヒの顔としてふさわしい1枚を撮影すべく、スタッフと意見を交わし合いながらシャッターを切っていきます。

カメラマンのシャッターに合わせて、中村さんは次々とポーズや表情、目線の動きを変えていく
衣装チェンジをしながらたくさんの写真を撮影。「どの写真も採用したい!」という声が、あちこちから挙がった

カッコいいイメージが強い中村さんですが、時折見せる満面の笑顔を目にしたスタッフからは思わず「かわいい!」の声が。素敵な仕上がりになりました。

ランチタイムには、野菜たっぷりのケータリングが登場!

当日は、キャストと何十人ものスタッフのために、ケータリングが用意されました。中でも目を引いたのが、監督のはからいで設置された、「モジャイアンカフェ」さんのケータリングカー。注文を受けてから、1杯ずつ淹れてくれます。

スタジオ内に停められた1台の車に近づいてみると!?
何と、監督がカフェを店ごと差し入れ!
撮影現場専門のモジャイアンカフェでは、淹れたての飲み物を提供してくれる

昼食は、ケータリング会社「KOVU(コヴ)」さんのメニューが並びました。メインはポークソテー・ケイパークリーム添え。胡麻玉葱ドレッシングがかかったサラダや野菜ソテー、鮭のソテー、肉団子と彩り野菜和え、とうもろこしの丸コロッケ、選べる卵料理にスープまで付く充実ぶり! 野菜がたっぷり、温かいものは温かいままいただけるスタイルが好評でした。さぁ、お腹を満たして撮影後半戦に挑みます。

ロケ弁ではなく、各自食べたいものを取り分けるスタイルが好評!
肉・魚・野菜とバランスの取れたメニューは食べ応えもバッチリで、お替りをする人の姿も

衣装をチェンジして、シチュエーションの異なる3つのシーンを撮影

休憩を挟んで衣装チェンジ~撮影が再開! アルヒの店内、リビング、外の様子を再現したセットが組まれ、それぞれで撮影が行われました。

アルヒの店内が再現されたセット。店員役のエキストラとともに撮影が行われた
スマホを操作するシーンは、外にいる想定で撮影
背後にオープンカフェのようなセットが組まれた
ソファが設置されたリビングセットでくつろぐシーンも撮影した

順調に撮影が進み、無事にクランクアップ! 

撮影は分刻みのスケジュールで行われましたが、夕方には無事にクランクアップ! 最後はアルヒ社員より花束が手渡されました。

無事に撮影が終了し、ホッとした様子の中村アンさん

中村アンさんに出演していただいた、アルヒ株式会社の新CM。まだ、「アルヒのことを知らない」という方にも、親しみを持っていただける仕上がりになったのではないでしょうか? 新CMは、2018年8月9日(木)より全国で順次放送致します。

関連記事

住宅ローンをご検討中の方

この記事の筆者
斎藤若菜 住宅ライター

ラジオパーソナリティを経てフリーライターに。住宅・インテリア・不動産分野を中心として、介護・グルメ・トラベルなどのジャンルでも執筆。リフォームや注文住宅関連の住宅情報誌をはじめ、雑誌、書籍、新聞、インターネットなどのさまざまな媒体で取材・執筆を手掛けている。ARUHIマガジンでは、「住宅購入者ストーリー」などを担当中。

おすすめ記事