この記事は、約3分で読めます

最近あちこちで耳にする機会が増えた、豪華客船でのクルーズ旅行。「行けるのはお金持ちだけでしょ」「何週間も海の上?」などと思われがちですが、実は日本人のクルーズ人口は年々増加。2017年には31.5万人となり、前年より約7万人も増加しています。最近では2泊からのショートクルーズも増え、料金も1あたり1万円台のプランが登場するなど、クルーズは予算や日程に合わせて自由に選べる時代に。今回はファミリーからも高い支持を得ているロイヤル・カリビアン・インターナショナル日本総代理店ミキツーリスト・橋本行彦さんに、クルーズの魅力や家族旅行におすすめの理由を教えてもらいました。

クルーズ料金は宿泊・食事・エンターテインメント込み

左:大型船だからこそ、さまざまな設備やエンターテインメントを楽しむことができる
右:ビュッフェやフルコースなど食事内容も充実。ずっと船内にいても飽きさせない工夫が

左:客室はスイート、バルコニー付き、海側の窓付き、内側などいくつかのタイプに分かれています。写真は海側の窓付き客室
右:ブロードウェイスタイルのショーはほぼ毎日行われています

「クルーズは高い」というイメージが根強いですが、実はとてもリーズナブル。橋本さんによると、大型船なら1泊あたり1万円台からのプランも用意されているそう。

橋本さん:
船に乗っている間の宿泊費、移動費、基本の食事代(アルコールを除く)、アクティビティやショーなどはクルーズ代金にすべて含まれているので、実はホテルに泊まるよりお得です。なぜかというと、大型船はロイヤル・カリビアンなど海外船籍が多く乗客定数がかなり多いため、ひとりあたりの料金を低く抑えることができるからです。それに比べて日本のクルーズ会社の船は比較的小さいものが多いので、日本船より海外の大型船のほうがリーズナブルにクルーズを楽しめます。また船が大きいほど揺れが少ないので、船酔いの心配もありません。

左:船内には子ども用プールも用意されています
右:イベントも盛りだくさんで、目の前で鑑賞できる華やかなパレードは必見
左:船上で本格的なアイススケートショーを楽しめるのはロイヤル・カリビアンだけとあって、特に評価の高いエンターテインメント
右:アイススケート体験は子どもたちにも大人気

さらに、大型船だからこそ大規模なエンターテインメント設備やアクティビティなども充実。船上プールはもちろん、パレードやブロードウェイスタイルのショーなどを毎日楽しむことができます。

橋本さん:
ロイヤル・カリビアンの大型船では、アイススケートリンクもありますよ。元オリンピック選手も在籍していた本格的なアイススケートショーが行われたり、フリータイムには自由に滑っていただくこともできます。これらのアクティビティもすべて代金に含まれているんです。

移動の手間なく周遊できるのが大きなメリット

左:レストランへ行くのがちょっと面倒なときは、ルームサービスを頼むこともできます
右:手ぶらで船を降りられると、街歩きも気軽に楽しめそう

ロイヤル・カリビアンの大型客船ではファミリー利用がとても多いそう。人気の一番の理由は、ラクに都市周遊できること! 子連れだとホテルへチェックイン、パッキング、チェックアウト、移動を繰り返すのは大変ですが、クルーズなら一度だけ。

橋本さん:
クルーズはホテルごとそのまま移動しているようなもので、短期間でも複数の都市を訪れることができます。寄港地ではスーツケースは客室に置いたまま、身軽に観光へ出かけられるので便利ですよ。

アジア発着ショートクルーズなら有休2日でOK

左:シンガポール発着クルーズは、前後でシンガポール観光することもできます
右:プーケットでは海遊びやマリンアクティビティに挑戦したい!

ロイヤル・カリビアンで、ファミリーに特に人気のプランは、シンガポール発着でマレーシアのクアラルンプールやペナン島に寄港する3泊4日のクルーズ。

橋本さん:
ロイヤル・カリビアンでは、シンガポールの観光とクルーズを楽しめるとあってこのプランがとても人気です。木曜の夜便でシンガポールへ飛び、金曜から月曜の朝まで船に乗り、その日のうちに日本へ帰ると最短2日休みを取れば大丈夫です。ショートクルーズでも充分に楽しめます。プーケット島にも寄港する4泊5日プランも人気です。

ハードルが高いかもと思い込んでいた方も、有休2日で1泊あたり1万円台でホテルとクルーズ旅を楽しめるなら「気軽に行けそう」と感じたのでは? 次回の後編では、船内でのキッズプログラムや子連れクルーズ旅行で知っておくと便利な豆知識をお届けします。

取材協力:ロイヤル・カリビアン

(後編はこちら:豪華客船クルーズの魅力に迫る! 子連れでの楽しみ方や事前に知っておくといいポイント

関連記事

住宅ローンをご検討中の方

この記事の筆者
佐藤望美 エディター・ライター・翻訳家

女性誌、ママファッション誌、育児誌などで活動するフリーエディター・ライター。得意分野は育児、トラベル、ファッション、ライフスタイル、食。トラベルは子連れ旅行専門トラベルライターとして情報サイト「FOOTABY!」を運営するかたわら、さまざまな媒体にルポを執筆中。自身にも5才&1才の子どもがおり、国内外の子連れ旅行はすでに30回以上。
https://www.footaby.com

おすすめ記事