この記事は、約7分で読めます

部屋の温度を適切に保つと日々を心地よく過ごせるようになるため、生活の質向上にもつながります。より快適に過ごすためにも、室温の調整において何度が適温なのか知っておいたほうがいいでしょう。そうはいっても、温度の感じ方は人によって異なります。ペットを飼っている場合は、その動物にとっての適温も知っておきたいところです。この記事では、室内における適温について解説します。

一般的な室内の適温は?

人が室内で快適に過ごせる温度や湿度は、季節によってある程度の基準があります。一般的に、夏場は温度が25~28度で湿度は45~60%、冬場は温度が18~22度で湿度は55~65%です。

【一般的な室内の適温例】

  温度 湿度
夏場 25~28度 45~60%
冬場 18~22度 55~65%

温度を見てみると、夏場と冬場では7度ほどの違いがあります。このことからも、季節に関係なく常に一定の温度に保たれていればいいというわけではないことがわかるでしょう。

快適な湿度は冬場のほうが高めですが、これは外の空気が乾燥していることと、気温が低いために高い湿度による不快感が少ないことが理由です。夏場は気温が高く、湿度が高ければ高いほどじめじめとしてしまい、不快指数も高くなっていきます。そのため、冬場と比較して湿度は低めのほうが快適に過ごせるでしょう。

もちろん、この温度や湿度は絶対的なものではありません。人によってはこの範囲内であっても快適だと感じられないこともあります。冷え性の人は寒く感じるかもしれませんし、声を使う仕事柄の人は喉の保護のために高い湿度のなかで過ごしていることも少なくありません。自分の体調などによりうまく調節することが大切です。

赤ちゃんの適温って何度?

多くの人は、一般的に適温といわれる温度の範囲内であれば快適に過ごすことができますが、赤ちゃんの場合は少し事情が異なります。産まれて間もない新生児が自分で体温調整をできるようになるまでには1年ほどの期間が必要です。1歳未満の赤ちゃんがいる場合、室内の温度管理には特に注意が必要だと心得ておきましょう。

赤ちゃんが快適に過ごせる温度は、夏場で25度~28度、冬場で18度~22度であり、大人の場合と変わりはありません。しかし、この範囲を著しく外れてしまうと、赤ちゃんの健康状態に大きく影響してしまいます。大人の肌感覚に頼らず温度計や温湿度計で温度を確認して調節することが大切です。

室温の調整にエアコンを使用する場合は、湿度にも配慮しましょう。赤ちゃんが快適に過ごせる湿度は40~60%です。窓を開けて換気することで室温を調整するときは、湿度が極端に高かったり低かったりしないか確認しましょう。

また、室内の温度がエアコンの設定温度のとおりとは限りません。同じ部屋の中でも温度や湿度が異なるため、赤ちゃんがいる場所の温度や湿度に気を配りましょう。

室内犬にとっての適温は?

ペットとして犬を飼っている場合は、その犬に配慮した温度調整が必要になります。犬の種類は数多く、暑さに弱い犬種もいれば寒さに弱い犬種もいるため、飼っている犬種に応じて調整しましょう。犬は、被毛が二層になっているダブルコートと一層のみのシングルコートに大別されます。

ダブルコートの適温は、夏場は23~26度で冬場は19~23度、シングルコートの適温は、夏場は22~25度で冬場は20~25度です。ダブルコートはシングルコートと比較して被毛が厚く、寒さには比較的強いとされています。一方、シングルコートは被毛が薄く、冬場は特に温度調整に配慮する必要があると思ったほうがいいでしょう。

犬は室温が適切でない場合は、より快適に過ごすために特徴的な行動を見せることがあります。フローリングなどのひんやりとする場所に寝そべっている、舌を出してハアハアと粗い息づかいをしているときは、部屋が暑いのかもしれません。逆に、体を丸めるなど行動的でなくなったときは、部屋が寒いと感じている可能性があります。エアコンの温度設定に頼らず、犬の様子をしっかりと見ておくことが大切です。

ちなみに、猫は人間のように汗をかいて体温調節をするのが苦手な生き物。ここ数年の暑さもあり夏バテしやすいため、夏場は室温を、適温の27~28度に近づける必要があります。冬場はそこまで神経質になることはありませんが、子猫や高齢の猫がいる場合は毛布を用意してあげるなど配慮が必要でしょう。

眠るときに最適な部屋の温度は?

「どうせ寝てしまえば温度など関係ない」という考えから、眠るときには部屋の温度調整を行わない人も多いでしょう。しかし、快適な眠りは健康増進に欠かせない要素です。部屋の温度が適切でないとぐっすりと眠ることができず、結果として寝不足などの不都合が生じる可能性もあります。

快適に眠れる温度は25~28度であり、湿度は50~60%程度です。布団のなかが33度前後になるのが理想といわれており、これは眠りにつきやすい温度でもあります。冬場はもう少し低い室温でも快適に眠れるでしょう。

眠るときの室温調整は、春と秋はそれほど難しくありません。問題は、夏場の熱帯夜や冬場の冷え込みです。極端な暑さや寒さは、暑くて寝苦しい、寒くて起きられないなど、さまざまな問題を引き起こします。眠るときこそ快適な室温を心がけましょう。

エアコンを適温にするためのポイント

室温調整にエアコンを使用するケースは非常に多く、エアコンの使い方が快適な室内環境に大きく影響します。冷房の温度設定をするときは、外気温との差が5~6度であることが目安です。夏場の適温が25~28度ですから、冷房をつけるのは外気温が30度を超えてからということになります。それ以下の温度で冷房をつけても目立った効果は得られません。設定温度を30度以下にしても暑く感じる場合は、扇風機を回して除湿モードに設定すると、より涼しく感じられます。暑いからといって設定温度を下げすぎないよう気をつけましょう。

一方、外気温が40度を超えるなど「酷暑」といわれる極端な天候の場合は、この目安にとらわれる必要はありません。積極的にエアコンを活用し、健康的に過ごせる温度に設定することが安全・安心につながります。

エアコンの使い方に要注意!

エアコンの使用を躊躇する人は、「電気代が高い」ことを理由にあげるかもしれません。しかし、エアコンは通常の使い方をしている限り、電気代が大幅に高くなることはあまりありません。もしもエアコンの電気代に悩んでいるのなら、使い方を見直してみましょう。

エアコンは、設定温度が極端に低かったり高かったりすると電気代が跳ね上がることがあります。エアコンがもっとも電力を使用するのは室温をエアコンの設定温度まで調節するときです。一度、設定温度に達してからはそれほど多くの電力を使用することはありません。そのため、外気温とあまりに差がある温度設定にすると大量の電力を使用してしまいます。

また、節電のためと思って電源をこまめに切っていると、次に作動させたときに再度設定温度までの調節を行うため、余計な電気代がかかってしまうのです。これは、ファンを回すだけの扇風機とは異なる性質なので注意しましょう。

健康面では冷え性も懸念されます。設定温度が低すぎると身体が冷え、冷え性を誘発してしまうおそれも否定できません。エアコンの使用にあたっては、適切な温度設定が何よりも大切です。

人によって適温は違うことも!

ここであげた適温や湿度は、あくまでも一般的なものであり、すべての人に該当するというわけではありません。適温だと感じる温度には個人差があることも事実です。男性は暑がり、女性は寒がりという傾向もあり、臨機応変な温度調節が求められます。自分ひとりの感覚で、適温であるか否かを判断するのは得策ではありません。

特に、公共の場で温度調節をする場合は「暑く(寒く)ないですか?」と声をかけるなど、気づかいを忘れないよう心がけましょう。赤ちゃんや高齢者など、自力で体温調節ができない人がいるのなら、その人の感覚を優先することも大切です。その場にいる人ができるだけ心地よく過ごすためには、思いやりの心も必要不可欠といえるでしょう。

状況に合わせて室温を調節!

男性と女性、赤ちゃん、室内犬それぞれが適温だと感じる温度は異なります。また、酷暑や寒波など、極端な気候変動も増えており、室内温度にはより一層意識を高めていく必要もあります。臨機応変に対応しながら室温を調整し、健康的に過ごせる環境づくりに努めましょう。

関連記事

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事