この記事は、約6分で読めます

暖房を使うのなら適切な設定温度について知っておきたいところです。温度設定に関しての知識を得ることは、地球環境のことを考えるうえでも、また自らが支出する電気代などの暖房費を節約する意味でも非常に合理的です。この記事では、どのくらいの設定温度が適切なのかを紹介します。

暖房の設定温度は何度にすべき?

冬季にエアコンを使用する場合の設定温度については、環境省では20度が推奨されています。

(参考:ウォームビズ(WARM BIZ)について:環境省

実際は、27度や28度に設定しているところが一般的なようで、環境省の推奨値は低すぎるように感じられるかもしれませんが、20度というのは快適な気温とされています。

たとえば、各地の気象台が発表する夏の気温と暑さの指標では、「夏日」が最高気温25度以上、「真夏日」は30度以上の日とされています。こう考えると、28度は真夏日に近い気温といえるのです。実は、20度の設定温度で快適に過ごせないのには理由があります。暖房器具により暖められた空気は軽くなるため、居室の天井付近に滞留するからです。

エアコンは天井の近くに設置されるのが通常で、その温度センサーの周辺は温かい空気に囲まれるのです。このとき、冷たい空気は下に押し下げられるため、人の活動領域である床面に近くなればなるほど、冷たい空気層ができてしまいます。つまり、温度センサー的には十分に適温になっているにもかかわらず、人には暖かく感じられずに設定温度を上げてしまうわけです。

就寝時の暖房の設定温度は?

家庭用エアコンの平均的な暖房時設定温度は23度といわれています。これに対して、人間の快眠にとっての適温は15~21度なのです。就寝時にエアコンで暖房を利用するのであれば、この温度に設定しましょう。

さらに、扇風機やサーキュレーターを併用すれば適温設定で十分快適に過ごせます。就寝時の室温管理で重要なポイントは、ヒートショックを起こさないようにすることです。

身体の弱い人やお年寄りは、ヒートショックによる急激な温度変化が身体に負担をかけて、体調が悪化することがあります。特に、起床時に室温が低下しすぎているとヒートショックを起こしやすくなります。朝が冷え込む時期にはエアコンのタイマー機能などを上手に使って、寝室を暖めておくようにしましょう。

湿度の調節も重要!

人の体感温度を左右する要素として、気温とともに湿度も重要なファクターです。湿度が上がることで体感温度が上がるため、温度だけではなく湿度もしっかりコントロールする必要があります。

快適に過ごしたいのであれば、40~60%程度の湿度になるように調整を心がけるべきでしょう。このような温度と湿度の関係は、冬季のエアコン暖房時の電気代を節約するテクニックとして利用できます。

設定温度を低めにしていても、湿度を上げると暖かく感じるからです。エアコンに調湿機能があれば、それで湿度を高めに設定しましょう。もし、なければ空気清浄機についている加湿機能や、加湿器を併用してください。

湿度を高めに設定、もしくは加湿器を併用すると電気代の節約に

設定温度次第で電気代は変わる!

暖房の場合、目安として設定温度を1度下げると10%の節電ができるといわれています。逆にいえば、暖房の設定温度が高ければ高いほど電気代も高額になるということです。

設定温度を1度下げると10%の節電ができる

電気料金は、主に「基本料金」と「電力量料金」及び「再生可能エネルギー発電促進賦課金」から構成されています。このうち、電力量料金は、「電力量料金単価」に使用量をかけたものと、「燃料費調整単価」に使用量をかけたものの合算です。また、再生可能エネルギー発電促進賦課金は、「再生可能エネルギー発電促進賦課金単価」に使用量をかけたものになります。つまり、基本料金以外の3つの要素別の単価は、すべて使用量に関して従量課金されているのです。

実際に設定温度を下げた場合の電力使用量の変化は、室温と外気温との差などにも左右されるため一概にはいえません。それでも、設定温度を低くしておくほうが節電になることは確実なのです。

自動運転にすると電気代の節約に!

エアコンを使うときには、自動運転にすれば効率的に室内温度を適温にすることが可能になります。

風量の設定では、自動運転と強・中・弱運転が選べるため、弱運転のほうが電気代はかかりにくいと思われがちです。実際には、最初から弱に設定してしまうと部屋が暖まるまでに時間がかかり、逆に電気代がかかってしまいます。

エアコンが電力をもっとも多く消費するタイミングは、室温を設定温度まで上げているときです。自動運転にしておけば、最初は強風運転になるのが普通で、設定温度に達したときにはじめて弱運転に移行します。自動運転がこのようにプログラムされている理由は、この強さの順序にしたほうが室温を上げるまでの時間も短く、消費電力も最小に抑えることができるためです。

風力設定は自動運転に。最初から弱運転だと電気代がかかる

20度の設定温度で暖かく過ごすためには?

環境省の推奨値である20度の設定温度で快適に過ごすためには、いくつかの工夫が有効になります。

1つ目は、扇風機やサーキュレーターを用いて上の方にある暖かい空気層を撹拌(かくはん)する方法です。風を送って、上にある暖かい空気を下にある冷たい空気と混ぜることで、居室の空気温度を平均的なものにするわけです。こうすると、設定温度を適温に保ちながら、同時に快適性も向上します。さらに、電気代の節約というおまけもつきます。

2つ目は、窓をしっかり断熱する方法です。冬季に室温が下がる最大の理由は、開口部から冷気が入ってくることです。具体的には、部屋の窓が大きければ大きいほど、暖房効率は低下します。ホームセンターなどで入手可能な「断熱シート」を窓のガラス面に密着させるだけでも断熱性が高まります。

3つ目は、エアコンの風が下向きになるように吹出口を調整することです。これは、サーキュレーターと同じ効果を生みます。だだし、人感センサーを搭載した上位機種のエアコンの場合、風向きは自動制御で最適化されているため、この限りではありません。

電気代が気になるときの対策!

月々の電気料金が高すぎると感じたときは、つぎのような対策が考えられます。

1つ目は、電力会社・料金プランの見直しをすることです。電力自由化以降、電力会社だけではなくガス会社などの本来異業種であった業界からの参入が進んでいます。新規参入の会社は、お得な料金プランを提供していることがあるので、比較検討してみるとよいでしょう。

2つ目は、設定温度を上げ過ぎないことです。これは、もっとも簡単でもっとも効果的な方法なので、すぐに実行してみましょう。

3つ目は、フィルターの掃除をすることです。エアコンには空気を取り入れる部分にエアフィルターがついています。ここにホコリが蓄積されると、空気の取り入れに余計な負荷がかかり、本来不必要な電力消費につながるのです。

4つ目は、加湿器を使う方法です。エアコン使用時には加湿が推奨されますが、湿度が上がると体感温度が向上する効果もあります。つまり、低い設定温度で快適性が得られるのです。

温度設定をする際の注意点!

環境省では設定温度を20度に推奨しており、電気代の節約という観点からみても、設定温度は低いほうがよいわけです。そうはいっても、人によって適温だと感じる温度は異なります。その場にいる人が実際に快適に感じているかどうかも十分考慮する必要があるのです。どうしても寒いと感じる場合には設定温度を上げる必要が出てくるため、幅を持たせて対応するべきでしょう。

臨機応変に暖房の設定をしよう!

暖房の設定をする際には、適温がどれくらいなのか、さまざまな要素を総合して検討しましょう。推奨設定温度を参考にするのもよいのですが、その場にいる人がいかに快適なのかを重視すべきです。また、資源や電気代の節約という観点も重要です。これらの要素を踏まえた温度が、最適な設定温度といえるでしょう。

関連記事

住宅ローンをご検討中の方

おすすめ記事