不動産価格上昇中!一括無料査定で最高価格をチェック!【PR】

寒いときにはエアコンの暖房で部屋を快適な温度にしたいものですが、気になるのは電気代です。そこで、1時間あたりいくらぐらいの電気代がかかっているのか調べる方法を紹介します。また、どうしたら暖房の電気代が節約できるのか、電気会社や料金プラン、住宅環境で電気代は変わるのかなど、他の暖房機器との比較もあわせて解説します。

エアコンの暖房にかかる電気代を計算する方法

エアコンの暖房にかかる電気代を計算したことがありますか。エアコンに限りませんが、電気代を計算するには「1時間あたりの電気代=消費電力(kW)×単価(円/kWh)」という計算式を使います。つまり、消費電力と、現在契約している電力会社の単価がわかれば、1時間あたりのおおよその電気代を求めることが可能です。

電気代の計算式:「1時間あたりの電気代=消費電力(kW)×単価(円/kWh)」

消費電力を知るには、エアコンの本体に貼ってあるシールを見るのがもっとも簡単です。そこに消費電力と書かれた項目があります。計算式では「kW」なので、「W」表記の場合は1,000で割りましょう。

単価については少し面倒です。第1~第3段階料金のように電力量料金の単価が分かれていますし、領収書にも単価はいくらとは記載されていません。単価は電力会社のホームページなどで確認できますが、大まかに計算したい場合は、つぎの具体例を参考にしてみましょう。

エアコンの暖房は1時間でいくらかかるのか

あるメーカーのエアコンを例として挙げると、1時間あたりの暖房費は、2016年式エアコンの場合が約12.3円、1999年式エアコンの場合は約22.06円です。2016年式エアコンの消費電力は0.63kW、1999年式エアコンの消費電力は1.13kWとなっています。

単価は東京電力の料金単価表より第1段階料金19.52円/kWhを使って計算することにします。

すると、2016年式エアコンは「0.63×19.52=12.2976円=約12.30円」となり、1999年式のエアコンは「1.13×19.52=22.0576円=約22.06円」と計算できます。

【エアコン暖房費比較例】

  1時間あたりの暖房費 消費電力
1999年式エアコンの場合 約22.06円 1.13kW
2016年式エアコンの場合 約12.3円 0.63kW

この記事が気に入ったらシェア

オススメコンテンツ

おすすめ記事